震災・復興TOPへもどる         建設新聞社・通常版TOPへ



     
−「岩手県の震災・復興建設情報」

      
「岩手県の震災・復興情報」は、毎日の「建設新聞」から注目記事をピックアップして掲載しています。
      
記事は原則として「岩手版」または「建設ニュース面」に掲載されたものです。
      記事内容に関するお問い合わせは編集部、記事データのお問い合わせは編集事業部情報室まで。
      情報の更新は午前中を目安に行っておりますが、遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。
      なお、表示を更新(ブラウザの更新ボタン、またはF5キー)しますと現時点で最新のページになります。
      メンテナンスの都合上、各記事の本文は過去1週間程度を目安に削除する予定です。

2011/12/28 【岩手県庁】
岩手県の復興住宅初弾・災害復興住宅2件の設計を公告
釜石市2ヵ所に計160戸、申請書提出は11日まで



2011/12/28 【釜石市役所】
混合廃棄物の処理・75.3億で大成建設グループが落札


※本文は「きょうの建設情報」を参照。


2011/12/27 【山田町役場】
山田町復興計画を正式決定
7地区に分け土地利用パターンを提示


※詳細は後日、本紙岩手版に掲載。


2011/12/26 【岩手県建設産業団体連合会】
建設業振興対策を岩手県に要望
フレックス工期制度導入を


岩手県建設産業団体連合会(宇部貞宏会長)と岩手県建設業協会(同)は22日、岩手県に対し震災に係る工事分野、震災に係る設計・資材分野、一般工事の分野における建設産業振興対策の要望を行った。
当日は、宇部会長をはじめ、岩手県建産連の副会長、岩建協の副会長の計8人が岩手県庁を訪れ、宮舘壽喜副知事が対応した。
宇部会長は、震災に係る工事分野について、東日本大震災発災後の復旧・復興に最大限努力してきたが、「今後の期待に応えられない部分も出てきており、厳しい面もある」と認識。そのため、今後本格化してくる復興工事について資材および技能工の不足による工期不足が予想されるため、受注者で設定できるフレックス工期制度の適用や、配置技術者の3ヵ月以上継続雇用という雇用条件の撤廃を求めた。また、被災地では宿泊施設が不足している状況から、施工従事者が利用可能な宿泊施設等の建設を要望するとともに、工事費積算に宿泊費を加えることの検討を要望した。施工に当たっても「マンパワーの不足が予想され、隣県に対する支援要請について行政が橋渡しをして欲しい」としたほか、契約金額300万円未満の工事も含め、すべての復旧工事を中間前払金の対象にして欲しいと訴えた。
震災に係る設計・資材分野では、測量・設計業務の県内資格業者への発注や砕石等資材の県産材使用の原則を求めたほか、アスファルト合材の急激な需要に対応するために内陸部の合材企業からの応援・支援が必要で、内陸部からの長距離輸送となることから、運賃の加算計上と合材温度確保のための中温化剤等経費の計上を要望した。
一般工事の分野については、予定価格の事前公表は「積算能力のない企業による低入札競争を助長している」と指摘。「設計図書と現地を調査してまじめに積算する企業のためにも事前の予定価格公表はやめてほしい」とし、「試行的に何ヵ月か事前公表を中止し、比較検討した上で、全廃するなどの方法もある」と提起した。
これらの要望に対し、宮舘副知事は失格基準引き上げなどにより県の平均落札率が86.2%に上昇したことを説明したほか、入札制度の予定価格事前公表廃止などについて「必要があれば見直していく」と回答した。

                
                ※宮舘副知事(左)に要望を手渡す宇部会長。 (クリックで拡大
 


2011/12/22 【岩手県】
河川・海岸構造物の復旧等における環境・景観検討委員会が第2回会合
幅広く利用形態を模索


※建設ニュース面に掲載。


2011/12/19 【岩手県庁】

2012年度当初予算要求の概要を公表
一般会計の要求額は1.1兆億余 ・ 震災対応分は約4700億円

※詳細は後日本紙岩手版に掲載。



津波浸水シミュレーションを公表 12市町村16地区が対象


2011/12/19 【釜石市役所】
釜石市の災害廃棄物リサイクル処理・片岸と板木山の入札結果
小沢組グループ、山長建設グループが落札



2011/12/15 【岩手県】
沿岸3地区の災害廃棄物破砕・選別業務
大槌地区(竹中土木JV)で初の安全祈願祭


沿岸3地区に分けて委託した災害廃棄物破砕・選別業務のうち、大槌地区で13日、 災害廃棄物処理業務としては初となる安全祈願祭が行われた。同地区は、竹中土木・タケエイ・松村建設・八幡組JVが業務を実施する。
当日は県、町役場、地元関係者、事業者ら約40人が出席。式の始めに黙とうを捧げ、石田啓一岩手県沿岸広域振興局保健福祉環境部長、碇川豊大槌町長、竹中土木の竹中康一社長が玉ぐし奉てんをするなど、全行程の業務無災害と安全を祈願した。
石田啓一岩手県沿岸広域振興局保健福祉環境部長は「復興に向け8月に県復興計画を策定した。町民の理解や連携を図りながら、町内の廃棄物処理を迅速に進めることで復興の一歩に繋げていきたい」とあいさつ。碇川豊大槌町長は感謝を伝えるとともに「大災害により、人口の1割が犠牲となった。行政としても1日も早く復興計画をまとめて、町の復興を進めていきたい。この業務は雇用の観点からも、町の業者に携わってもらった。1日も早い処理になるよう願っている」と語った。
また、委託業者を代表して竹中土木の竹中康一社長が「事業を執行する立場として、身が引き締まる。安全を最優先に地元住民に迷惑かけないよう震災復興事業の一歩として、効果的・効率的に作業を進めていきたい。復興のための手伝いができればと思っている」と決意を述べた。
大槌町の廃棄物量は約66万d。委託内容は可燃性混合物4万1、200d、不燃性混合物11万8、500dの破砕・選別、処分場への運搬で、1日当たりの業務量として約430dの処理を目指している。
工期は2013年3月31日まで。地域雇用も積極的に行う方針で、約250人の雇用を見込んでいる。

    
    ※石田啓一保健福祉環境部長    ※碇川豊大槌町長      ※竹中康一竹中土木社長
                            (クリックで拡大
 


2011/12/15 【大槌町役場】
第3回再生創造会議を開催・復興計画の最終案を提示



2011/12/14 【岩手県地域型復興住宅連絡会議】
モデル住宅5案を提示・来年度から供給開始へ
ロフトの窓を非常時の脱出口に


 (各図ともクリックで拡大

         
      ※時代と時代を継ぐ家          ※四季を感じる家              ※公営住宅

       
        ※海と共生する家1           ※海と共生する家2

※建設ニュース面に掲載。


2011/12/12 【久慈市役所】
震災復旧工事の増加に伴う現場管理人の兼務・7日から適用へ



2011/12/06 【JIA岩手地域会】
三陸調査報告会を開催・被災状況を共有へ


※建設ニュース面に掲載。


2011/12/05 【釜石市役所】
災害廃棄物処理3件を公告・事業者登録は8日まで
混合廃棄物とリサイクルに分け処理委託へ



2011/12/02 【陸前高田市】
復興計画案まとまる・主要事業は153事業
震災復興計画検討委員会第5回会合を開催


※詳細は、後日本紙岩手版に掲載予定。


2011/11/29 【東北地方整備局・岩手県】
岩手・復興道路会議を開催 事業費は約1兆円と試算


※建設ニュース面に掲載。



2011/11/29 【釜石市役所】
災害廃棄物処理3業務
11月29日まで参加申込 ・ 12月2日に説明会



2011/11/28 【大槌町役場】
第2回再生創造会議開く
 復興計画骨子案を提示


2011/11/24 【岩手県庁】
岩手県・第9号補正予算案を公表
新規に防災情報通信復旧など1326億余を追加


※以下、詳細は本紙岩手版を参照。


2011/11/24 【東北整備局岩手河川国道事務所】
第3次補正予算の概要 道路3区間で新規事業化



2011/11/24 【東北整備局三陸国道事務所】
第3次補正予算の概要 補正額は約514億円



2011/11/21 【岩手県】
河川・海岸構造物復旧の環境・景観検討委が初会合
砂浜・港湾・河口・観光地の4モデル地区を設定


※建設ニュース面に掲載。



2011/11/21 【盛岡市役所】
市立小中学校の耐震化状況をまとめ
耐震化率は70.6%



2011/11/16 【岩手県庁】
宮古・山田・大槌地区災害廃棄物(がれき)海上運搬業務を公告
申請書の提出は28日




2011/11/16 【東北整備局三陸国道事務所】
三陸2地区高規格道路の復興計画検討を委託
被災した南部34.3km、北部19kmの状況把握と路線計画検討


※委託金額は本紙を参照。



2011/11/16 【岩手県と日本建設業連合会東北支部】
岩手県と日建連東北が意見交換 復旧・復興へ協力要請


※建設ニュース面に掲載。



2011/11/11 【岩手県庁】
施設・設備復旧補助の2次公募 3グループに49億円



2011/11/10 【陸前高田市役所】
第4回復興計画委を開催 3項目加え計画案を提示



2011/11/09 【野田村役場】
野田村東日本震災津波復興計画を決定 3堤防で防災へ

※復興計画の詳細は後日本紙に掲載。


2011/11/07 【三陸鉄道】
三陸鉄道の復旧工事 仙建工業で着工


2011/11/02 【宮古市役所】
復興基本計画を決定 推進計画は年度内に策定へ


2011/10/31 【大槌町役場】
第1回再生創造会議開く 年内の復興基本計画策定へ


2011/10/26 【釜石市】
復興計画中間案まとまる
12の主要施策プラン提示


2011/10/25 【野田村役場】
復興計画案をおおむね了承
主要事業の目標年次盛り込む


2011/10/24 【岩手県】
第7回県復興委員会を開催
復興計画の進行管理を審議


2011/10/21 【岩手県庁】
14地域の防潮堤の高さを公表 ・ 田老海岸では14.7m


2011/10/19 【高齢・障害・求職者雇用支援機構】
釜石市・片岸雇用促進住宅の全棟取壊しを公告
参加申請は28日まで


2011/10/19 【岩手県沿岸広域振興局】
申請書の提出は26日まで
気仙川の治水計画検討業務


2011/10/18 【岩手県】
第7回津波防災技術専門委員会を開催
8区(両石、釜石、唐丹、大槌、吉浜、綾里、久慈、山田)の整備方針協議


2011/10/17 【岩手県庁】
岩手県内3地区の廃棄物の破砕・選別業務の事業者選定結果
宮古地区は鹿島JV、山田地区は奥村組JV、大槌地区は竹中土木JV

※詳細は「きょうの建設情報」を参照。


2011/10/11 【新日鉄エンジニアリング】
釜石市・新日鉄エンジ「災害廃棄物溶融処理」を受注

2011/10/11 【陸前高田市役所】
陸前高田市・沼田地区の災害廃棄物選別業務を委託
佐武JVと契約


2011/10/11 【田野畑村役場】
復興基本計画まとまる ・ 今年度から5ヵ年が対象


2011/10/11 【岩手県庁】
東日本大震災津波復興委員会総合企画専門委員会の第6回会合
復興計画の進行管理・復興インデックスなど


2011/10/07 【岩手県漁業協同組合連合会】
矢巾町流通C・岩手県漁業協同組合連合会
「盛岡冷凍工場冷蔵庫新築」の施工者は宮城建設


2011/10/07 【岩手県庁】
岩手県・住宅復興の基本方針を公表
約5000戸を整備へ


2011/10/06 【岩手建設資材連ほか】
被災地復興と定期借地権の有効活用テーマに盛岡で講演会
阪神・淡路大震災での事例など紹介 復興迅速化に効果


2011/10/05 【岩手県庁】
2012年度の公共事業予算・6月補正後の8割以内



2011/09/30 【宮古市役所】
復興基本計画案を公表・第4回会合を開催


2011/09/30 【山田町役場】
復興計画の行政素案を公表・地域別復興パターンを提示


2011/09/28 【岩手県庁】
新たな防潮堤の高さを公表
被災前より最大8・1m高く


2011/09/28 【大船渡市役所】
災害廃棄物処理業務の委託先
明和土木JVに決定


2011/09/28 【陸前高田市】
復興計画素案を協議
第3回委員会を開催



2011/09/27 【岩手県庁】
約853億円余、国の3次補正に先行計上
港湾施設復旧に149億余
第7号補正予算案を公表


2011/09/27 【陸前高田市役所】
瓦礫の早期処理へ・災害廃棄物の処理業務の委託先を特定
佐武建設JVと契約へ


2011/09/27 【普代村役場】
概算事業費は25億円
復興基本計画案まとまる


2011/09/27 【盛岡市役所】
2011年度10月補正予算案まとまる・補正額は33億余


2011/09/22 【大船渡市役所】
復興計画案まとまる
災害公営住宅整備事業など228事業を盛り込む


2011/09/21 【岩手県庁】
災害廃棄物の仮設焼却施設設置事業者決まる
タクマを選定し契約


2011/09/20 【岩手県地域型復興住宅連絡会議】
岩事協ほか・復興住宅連絡会議が初会合
年内にモデルプラン作成


2011/09/17 【岩手県】
災害廃棄物の破砕・選別の事業者選者選定
宮古、山田、大槌の3地区でプロポ公告

2011/09/16 【東北整備局釜石港湾事務所】
宮古港 出崎地区防波堤の細部設計を委託
津波で流出した約220mのケーソン設計など

2011/09/12 【大船渡市越喜来小建設委】
市内の高台3ヵ所を提案 越喜来小の移転

2011/09/09 【釜石市役所】 
清掃工場の改修・再稼働 今月中にも発注へ

2011/09/08 【岩手県庁】

宮古盛岡横断道の優先整備区間を公表 ・ 茂市など10区間

◎東日本大震災の災害査定 港湾、下水道、公園分を公表


2011/09/08 【三井住友建設】
岩手県大槌町に照明灯設置



2011/09/07 【岩手県沿岸広域振興局】
気仙川治水計画検討業務を公告
震災で地形等が大きく変化、新たな治水計画を検討
参加申請書の提出は14日まで


2011/09/07 【岩手県】
第6回津波防災技術専門委員会を開催
田老、田野畑の2地区の一部を非居住地域に


2011/09/07 【釜石市役所】
日本データらで進む
9漁港の測量調査設計

2011/09/06 【野田村役場】
3堤防で防災強化
復興計画素案を公表


2011/09/05 【陸前高田市役所】
推計96万t、市単独で中間処理を実施
市建設業協会に委託へ
災害廃棄物の破砕・選別作業


2011/09/03 【陸前高田市役所】
市管理の只出など9漁港が対象
三洋コンサルに決定
漁港の災害査定設計書作成


2011/09/02 【岩手県庁】
がれきの破砕・選別業務を4件に分け近く公告へ
6市町村の184万t対象、218社が説明会に参加

2011/09/01 【岩手県庁】
破砕・選別業務の説明会・参加者多数で3回に

2011/08/31 【岩手県庁】
岩手県災害廃棄物処理詳細計画案を公表
太平洋セメント大船渡工場を処理拠点に

2011/08/31 【陸前高田市役所】
防潮堤は高さ15b程度を確保
第2回目震災復興計画検討委を開催

2011/08/31 【大船渡市役所】
224の登載事業案示す
第5回復興計画策定委員会を開催

2011/08/29 【岩手県庁】
仮設焼却炉設置等の見積公募・5者に企画提案を要請

2011/08/26 【岩手県庁】
がれき破砕・選別業務の説明会へ内容を公表
説明会への参加申込は31日まで


2011/08/25 【宮古市役所】
本庁舎のあり方検討など
基本計画素案を公表

2011/08/24 【大船渡市役所】
222の事業案を提示
第4回復興計画策定委を開催

2011/08/24 【岩手県庁】
沿岸部の査定に着手
第8次〜第10次の災害査定状況

2011/08/23 【釜石市役所】
がれきの撤去・運搬を青紀土木に委託

2011/08/19 【陸前高田市役所】
高田地区の地盤嵩上げなど
震災復興計画の素案まとまる

2011/08/18 【岩手県】
災害廃棄物の破砕選別業務説明会・9月1日に開催予定

2011/08/17 【岩泉町役場】
防災C、町営住宅の建設など118事業を盛り込む
復興実施計画案を公表

2011/08/17 【岩泉町役場】
茂師など4地区
被災住居等の移転候補地

2011/08/11 【岩手県】
第5回津波防災技術専門委員会
野田海岸に新防潮堤整備を 3海岸・整備目標の考え方示す


2011/08/10 【東北整備局、県】
釜石港の復旧・復興方針まとまる 3次補正に要望
釜石湾口防波堤の復旧費 400〜500億円を想定

2011/08/09 【岩手県】
沿岸市町村・復興基本計画案を了承 防波堤の高さ明確に

2011/08/09 【岩手県】
がれきの緊急処理支援や被災施設の復旧・支援費など計上
2011年度 補正予算案を発表・補正額は305億円余

※主な内容の項目別金額は本紙を参照。また詳細は後日本紙に掲載。

2011/08/09 【岩手県】
県代行でのがれき処理へ
仮設焼却炉設置等の公募見積を公示 8月12日まで募集


2011/08/08 【岩手県】
東日本大震災津波復興委員会
総合企画専門委員会が第5回会合開く 県の復興実施計画案を大筋で了承

2011/08/08 【東北整備局岩手】
8社を表彰・震災関係功労

2011/08/05 【大船渡港復興会議】
大船渡港の復旧・復興方針案を承認
事業費200億円を想定・期間は5年−東北地方整備局
(※詳細は本紙参照。)

2011/08/04 【釜石市役所】
補正額は197億円余 7月補正予算を公表
(※詳細は本紙参照。)

2011/08/04 【一関市役所】
総合土木コンで調査実施設計 千厩野球場の災害復旧

2011/08/03 【岩手県庁】
第1期復興実施計画案を公表 3年で441事業を実施
安全確保、暮らし再建、なりわい再生
(※詳細は本紙参照。)

2011/08/01 【野田村役場】
3つの堤防を整備へ 復興の方向性まとまる
(※詳細は本紙参照。)

2011/08/01 【普代村役場】
2011年度当初予算 6号補正までの累計は35億余に
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/30 【洋野町役場】
八木地区の防潮堤最優先に各種復旧など整備
84事業に117・3億余 震災復興計画まとまる
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/30 【花巻市役所】
累計は468億余 4号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/30 【花巻市役所】
累計は468億余 4号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/28 【野田村役場】
累計は64・8億余 4号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/28 【一関市役所】
累計で670億余 2011年度の一般会計予算
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/28 【洋野町役場】
累計は122・7億余 3号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/28 【北上市役所】
累計で338億円余 2011年度の一般会計予算
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/28 【岩手県】
第5回新建設業対策中期プラン検討委員会を開催
復興事業などによる投資増額は一過性と警鐘

2011/07/27 【釜石市役所】
災害廃棄物処理(試行)事業の落札者を決定
産業振興・鹿島・タケエイJVに決まる


2011/07/27 【大船渡市役所】
累計は409・3億余 3号補正までの一般会計

(※詳細は本紙参照。)


2011/07/27 【宮古市役所】
総件数は108件 2011年度の発注見通しを公表

(※詳細は本紙参照。)

2011/07/26 【久慈市役所】
岩手県内の被災市町村で初の策定 久慈市が復興計画を策定・公表
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/26 【洋野町役場】
84事業を盛り込む 復興計画案まとまる
(※詳細は本紙参照。)


2011/07/25 【岩手県市長会】
復旧・復興へ連携強化 第3回会議を開催

2011/07/22 【岩手県釜石市役所】 
累計は295億円余に 2011年度の一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/21 【岩手県宮古市役所】
6月補正で22億円余確保、今秋にも工事発注
3ヵ年で機能回復目指す 被災した15漁港の災害復旧


2011/07/21 【岩手県釜石市役所】
公共施設の再整備など 復興まちづくり基本計画骨子を公表
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/21 【岩手県大槌町役場】
累計で173億円余に 2011年度・2号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/21 【岩手県山田町役場】
累計は133・5億余 2号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/20 【岩泉町役場】
累計は約89・1億 2号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/20 【田野畑村役場】
累計は約55・8億 4号補正までの一般会計
(※詳細は本紙参照。)

2011/07/19 【中小企業基盤整備機構】
近く建築確認を申請 釜石市鵜住居町 仮設店舗・事務所の建設


2011/07/19 【岩手県庁】
がれき・7市町村分の368万tを対象に処理計画設計をプロポーザルで委託


2011/07/15 【岩手県大槌町】
職住分離は慎重に 第2回復興計画準備委

2011/07/14 【岩手県釜石市役所】
災害廃棄物処理のノウハウ蓄積へモデル事業
「災害廃棄物処理事業(試行)」を公告 事業者登録は15日まで


2011/07/14 【ローム(京都市)】
岩手県建築士事務所協会ににLED照明を寄付 被災地の復興支援

2011/07/13 【砂防ボランティア岩手】
沿岸地域で緊急点検を実施 2011年度の定期総会

2011/07/07 【岩手県庁】
25日から沿岸部の査定作業に着手
内陸部の623ヵ所、約35億の査定完了
岩手県内の災害査定状況

2011/06/20 【岩手県】
岩手県と内陸部市町村
復興基本計画案で意見交換 さらなる連携・情報共有を

2011/06/09 【岩手県】
岩手県・第5回震災津波復興委が基本計画案を承認
多重防災型まちづくり目指す
「都市再生」「都市再建」「集落移動」の3パターン

2011/06/03 【岩手県】
復興計画期間は8年・第1期は緊急推進期間

2011/05/30 【岩手県】
岩手県・第4回震災復興委を開催・計画期間の結論は出ず

2011/05/26 【岩手県建設業協会】
岩建協・2011年度定時総会・災害対策支援へ体制整備

2011/05/25 【岩手県】
岩手県・第3回津波防災技術専門委を開催・まちづくりの基本形提示
高台移転 防災施設 道路・鉄道嵩上げ

2011/05/24 【岩手県】
岩手県・震災津波復興委の総合企画専門委員会を開催
復興計画期間として6、8、10年の3案提示




/ AOSIN-WEB TOP /