震災・復興TOPへもどる         建設新聞社・通常版TOPへ



     
−「宮城県の震災・復興情報」−

      
「宮城県の震災・復興情報」は、毎日の「建設新聞」から注目記事をピックアップして掲載しています。
      
記事は原則として「宮城版」または「建設ニュース面」に掲載されたものです。
      記事内容に関するお問い合わせは編集部、記事データのお問い合わせは編集事業部情報室まで。
      情報の更新は午前中を目安に行っておりますが、遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。
      なお、表示を更新(ブラウザの更新ボタン、またはF5キー)しますと現時点で最新のページになります。
      メンテナンスの都合上、各記事の本文は過去1週間程度を目安に削除する予定です。

2013/01/08 【東北地方整備局契約課】
石巻港湾合同庁舎の建築を公告
18日まで申請受付


2012/12/28 【東北防衛局】
霞目庁舎建替の建築設計を委託
マン・テックに決定


2012/12/28 【宮城県】
仙台塩釜港管理・運営協議会の初会合を開催
2018年度に事務組合設立へ


2012/12/28 【東松島市役所】
宮戸地区12fの造成工事を公告
1月17日まで参加受付


2012/12/27 【宮城県】
東松島市宮戸の堤防復旧が本格化
現地で安全祈願祭

宮城県が進める東松島市宮戸地区の農地海岸保全施設復旧工事の安全祈願祭が25日、現地で行われた。
施工を担当する奥田建設、木村土建の主催による式典には、約40人が出席。初めの神事で阿部秀保東松島市長ら3人が鎌(かま)入れ、山田義輝宮城県農林水産部長ら2人が鍬(くわ)入れ、奥田智社長と木村浩一社長が鋤(すき)入れを行った。
その後のあいさつで、阿部秀保東松島市長は「大浜、室浜などについて、21日に市議会で用地買収の議案を出すことができた。年明けにも工事を発注でき、宮戸地区でもいよいよ集団移転の準備が整う。ここで勝負をつけるという気概でいるので、施工者の方々にはぜひ安全に完工してほしい」と述べた。
東松島市宮戸地区周辺では、東日本大震災で大塚水門と21堤防が被災。今回、そのうちの16堤防と、背後農地約53fを復旧させる。
復旧個所の1つである扇田工区の堤防(延長約305b)では、震災により55abほど沈下。現状より1.8bほど嵩上げし、L1(百数十年に一度の規模の津波に対応できる堤防)となるTP海抜4.3bの高さにまで復旧する。発注した16工区の堤防では、9ヵ所でL1での復旧、7ヵ所で原形復旧を行う。
松ヶ島工区については、堤防の一部(延長560b中420b)を木村土建が担当して今年3月からすでに着工している。このほかの扇田工区、波津々浦工区などの15堤防(延長合計約1、963b)と農地復旧事業については、奥田建設がこれから施工する。工期は2014年3月まで。
また、未発注の5堤防と大塚水門について県は、来年度以降「随時発注していく」としている。

         
    ※鎌入:阿部市長(手前)ら。   ※鍬入:山田部長(手前)ら。   ※鋤入:奥田社長(手前)と木村社長。
                          (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/27 【石巻市役所】
新渡波・新渡波西地区復興区画整理の事業計画
2地区に計約560戸が移住
新渡波は年度内工事発注へ


2012/12/27 【南三陸町役場】
志津川病院の再建へ1月下旬にも設計プロポ公示
免震RC3F7、200u、病院建設に約28億円


2012/12/27 【石巻市立町1丁目4・5番地区市街地再開発準備組合】
石巻立町再開発の事業協力者プロポ・28日まで参加受付



2012/12/27 【大崎市役所】
田尻災害公営住宅の設計は不調で再入札へ



2012/12/27 【水産庁】
漁港海岸堤防復旧3件(荒浜北・荒浜南・磯浜)の入札結果
不動テトラなどに決定


2012/12/27 【栗原市役所】
市役所本庁舎・支所庁舎の整備10件
開札は1月21日に実施


2012/12/26 【多賀城市役所】
宮内復興区画整理の設計プロポを公示
7.19ha対象に住居系区画整理
きょうまで参加受付


2012/12/26 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
塩釜市錦町の災害公営住宅建設を実施案・施工一括で公告


2012/12/26 【石巻市役所】
復興計画などの実施計画・建設事業は3ヵ年で5000億超



2012/12/26 【気仙沼市役所】
大島ウエルカムターミナルの基本構想・公募プロポで募集開始
9日に説明会、産直所など複合施設を整備


2012/12/26 【橋本店】
「くじら」大海原へ・社有船舶が進水式

橋本店(仙台市 佐々木宏明社長)はこのほど社有船舶を購入し25日、ゴウコマリン中の島マリーナ(塩竈市)で進水式を行った。式には佐々木社長をはじめ社の役員ら8人が出席。玉ぐしを捧げるなどして航行の安全を祈願した。
同社シンボルマークの「空を飛ぶくじら」にちなんで「flyingwhale」と名付けられた船は、4.2t、定員10人、170馬力、最大速度27ノットで航行する。式典に続いて早速マリーナで進水し、港内で試運転を行った。
今回の社有船舶購入は、震災以降、岸壁の築造など海洋土木工事が本格化するのに伴い、担当者の迅速な移動や現場管理の効率化を目的としたもの。佐々木社長は「所有船の有効利用で、宮城の豊かな海の再建と復興に貢献したい」と意気込んでいる。

                                
            
              (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/26 【仙台市】
震災の特例措置・債務負担工事の前払金を一括支払い

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/25 【仙台市役所】
対象は1215f・原町東部地区の浸水対策・今年度から事業着手へ
総事業費は約150億、6.6qのシールド幹線など整備


2012/12/25 【水産庁】
石巻漁港岸壁・道路の復旧2件を公告
参加申請は1月9日まで


2012/12/25 【宮城県庁】
七ヶ浜町花渕浜地区災害公営住宅の設計を委託
関・空間設計と契約


2012/12/25 【山形県建設業協会青年部連絡協議会・宮城県建設業青年会】
東北全体の復興へ連携方針確認
両青年会が意見交換

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/21 【宮城県庁】
亘理町荒浜地区災害公営住宅を公告
延べ約8500u、総戸数100戸で計画
1月11日まで参加受付


2012/12/21 【仙台市役所】
公募買取方式の復興住宅公募・27日に審査基準を公表
1月18日から応募受付・募集戸数1380戸
来年3月に事業者特定へ

                                
            
              (クリックで拡大


2012/12/21 【南三陸町役場】
名足小学校災害復旧工事の設計業務を委託
日新設計で進む


2012/12/20 【東北地方整備局契約課】
東北管区警察局施設整備外1件工事を公告
1月15日まで申請受付


2012/12/20 【東北農政局】
仙台東地区農地復旧・除塩工事の入札結果
飛島建設などが落札

※落札金額、評価値などは本紙一面を参照。


2012/12/20 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
仙台長町市街地住宅基盤整備工事を公告
申請受付は2月1日まで


2012/12/20 【東松島市役所】
農業6次化の計画策定・ファミリアに委託

東松島市は、「農を活かした健康と雇用の創出によるまちづくり事業」の実施に向けて、計画策定をファミリア(仙台市青葉区)に委託している。
この事業は、国土交通省の「震災復興官民連携支援事業」に採択されたもので、農業の復興に当たって、生産・加工・流通までを一体的に展開する6次産業化を目指し、調査や具体的な事業計画を取りまとめる。事業主体やスキームのほか、各過程における新たな施設整備の可能性などを検討している。
今年度内をメドに計画を策定し、来年度から事業実施に着手する。


2012/12/20 【宮城県・宮城県空調衛生工事業協会】
宮城県と宮城空衛協が災害協定を締結
被害状況調査や応急対応など実施

宮城県空調衛生工事業協会(小野寺宏允理事長)は19日、宮城県と「大規模災害時の応急対策業務の応援に関する協定」を締結した。
大規模災害が発生した場合、県からの要請を受けて、県または市町村が管理する施設の給排水設備・空調設備などの被害状況調査を無償の社会貢献活動として行うほか、設備損壊に伴う応急作業を行うもの。
宮城空衛協では2009年から宮城県との災害協定締結へ準備を進めていたが、昨年4月22日の協定締結を目前に東日本大震災が発生し、これまで中断されていた。
宮城県庁で行われた協定調印式には、宮城空衛協から小野寺理事長をはじめとする協会幹部や顧問が、また、宮城県側から三浦秀一副知事、高橋芳行土木部次長などが出席。小野寺理事長と三浦副知事が協定書に調印した後、固く握手を交わした。
三浦副知事は、「協定締結により、被害状況調査が一段と早まり、応急修理が速やかに実施できる。皆さんからの協力をいただきながら災害に迅速に対応し、県民の安全安心をしっかりと確保していきたい」とあいさつした。
これを受けて小野寺理事長は、「東日本大震災も経験し、あらためて協定が必要だということを痛感した。会員一同、いざという時には速やかに的確な行動を取ることを誓う」と決意を述べた。

                                
            
    ※協定書を取り交わす三浦副知事(左)と小野寺理事長(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/20 【東北整備局仙台河川国道事務所】
山元町の歩道新設に震災がれきを活用
きょうから搬入開始

東北地方整備局仙台河川国道事務所は震災で発生したコンクリート殻を宮城県山元町内で施工している歩道新設の盛土に活用する。宮城県の災害廃棄物処理業務山元処理区と協力し、20日から搬入を開始する。
現場は国道6号山寺.鷲足地区の山元地区歩道工事約1q。東側歩道新設の盛土に、山元町内で発生したコンクリート殻約500立米を活用する。
コンクリート殻は、約4q離れた災害廃棄物処理業務の亘理名取ブロック・山元処理区プラントからダンプトラックで運搬する。
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/19 【宮城県】
11月末現在・公共土木施設の復旧状況
河川、海岸保全施設は5%程度
金額ベース着手率は24%

                                
  
                             (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/19 【宮城労働局】
仙台湾南部海岸復旧現場で安全パトロールゼロ災を呼び掛け

宮城労働局は14日、東北地方整備局仙台河川国道事務所と共同で、復旧・復興工事現場の安全衛生パトロールを実施した。対象は、仙台市の仙台湾南部海岸復旧工事深沼北工区北部の現場。宮城労働局の落合淳一局長や仙台河川国道事務所の桜田昌之所長などが参加した。
「みやぎ復旧・復興工事ゼロ災運動」の一環で、ゼロ災運動の推進を呼び掛けるとともに、労働災害防止の徹底を図ろうというもの。当日は、パトロールに先立ち、落合局長が「皆さんのおかげで復興が日々進んでいる。ぜひ、現場で働く皆さんの力で、命と健康、安全をしっかりと守ってほしい」と呼び掛けた。
引き続き、ゼロ災運動の趣旨や事業概要が説明された後、第1から第5復旧工事の現場を2班に分かれて回り、墜落・転落、転倒防止や重機の安全対策など、現場の安全管理体制を確認した。
仙台湾南部海岸は、東日本大震災で海岸保全施設が未曾有の被害を受けた。2015年度まで(重要施設保全のための海岸堤防は今年度)にTP7.2mの海岸堤防を整備する計画で、現場は盛土工事や被覆ブロックを設置する工事が進んでいた。
パトロール終了後の講評では、宮城労働局職員が「工事用通路、作業用通路が適切に整備されている」と評価し、「今後も現場の状況や工程に応じて整備してほしい」と話した。また、ゼロ災運動の取り組み事項にも位置付けている「安全宣言」や危険予知活動についても触れ、「現場に合ったものをしっかりと考えている」と評価した。パトロールを終えて参加者は、無事故無災害へ決意を新たにしていた。
パトロールした仙台湾南部海岸深沼北工区北部の施工者は次の通り。▽第1=深松組▽第2=後藤工業▽第3=日建工業▽第4=大豊建設▽第5=橋本店

                                 
                               (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/19 【石巻市役所】
蛇田排水ポンプ場の修正設計および雨水幹線の実施設計を委託
ポンプ場7.8立米/秒の修正設計と30fの管渠実施設計
日水コンに決まる

※落札金額、予定価格、最低制限価格、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/12/19 【石巻市役所】
北上地区共同カントリーエレベーターの入札結果
ヤンマーグリーンシステムが落札

※落札金額、入札参加者、予定価格、最低制限価格は本紙宮城面を参照。


2012/12/18 【宮城県】
気仙沼処理区で火入れ式
宮城県内すべてのがれき焼却が開始
2015年度までの全地区完了へ

宮城県が進める災害廃棄物処理業務の気仙沼ブロック気仙沼処理区で焼却炉が完成し15日、気仙沼市の現地で火入れ式が行われた。これにより、県が受託している12市町・4ブロックすべてのがれき焼却処理が本格始動することになった。
会場には約180人が出席。神事で木本隆県環境生活部長、菅原茂気仙沼市長、木村洋行大成建設副社長らが玉ぐしを奉てんし、業務の無事を祈った。
続いて式典に移り、関係者がボタンを押すと焼却炉に火が入る様子がスクリーンに映し出された。
その後、発注者を代表し木本部長は「来年8月から11月までの焼却完了を目指し、全力で取り組んでいく。事業者には地域の安全を最優先に、期限内処理を目標にして一緒に頑張っていきたい」とあいさつした。
また、受注者の大成建設・ハザマ・五洋建設・東急建設・西武建設・安藤建設・深松組・丸か建設・小野良組・阿部伊組JVを代表して、木村大成建設副社長は「気仙沼市の早期復興のために、一日でも早くこの業務を完遂させることがわれわれの使命だ。持てる技術と英知を結集し、全力を挙げて取り組んでいく」と述べた。
気仙沼市では、震災で推計約168万tのがれきが発生。このうち市が約57万tを処理し、県は残る約111万tを受託処理する。
この気仙沼処理区では、2地区でストーカ炉とロータリーキルン炉をそれぞれ1基ずつ、計4基の焼却炉を設置。今回焼却が開始されたのは階上地区で、小泉地区の焼却開始は来年1月からとなる。
処理場となる2次仮置場は民有地を借り上げた。2013年11月までに処理を終えることを目標とし、その後施設の撤去と原状復旧を行って14年3月までに全業務を終える。
◎県処理率は約15%
宮城県では、15市町で被災3県最多の推計約1200万tに上る震災がれきが発生。このうち、仙台市、松島町、利府町の3市町は独自でがれき処理を進め、12市町が県に処理業務を委託している。
県が実施する処理量は約683万t。これを気仙沼、石巻、東部、亘理名取の4ブロックに分け、計26基(施工中含む)の焼却炉を設置し業務を実施している。
処理開始までに最も早かったのが亘理名取ブロックで、亘理処理区と名取処理区では11年のうちに焼却炉用地の造成や基礎工事に入り、今年3月に一部焼却に着手した。続いて4月に山元、岩沼両処理区でも焼却を開始し、7月までにすべての焼却炉が本格稼働した。
約580万tと県内で最も処理量が多い石巻ブロックでは、5月に焼却を開始。焼却炉5基を設置し、1日当たり1500tの処理を図る。処理には亘理名取ブロックと仙台市が一部の搬入を受け入れた。
約82万tと最も少ない東部ブロックでは7月から焼却を開始。11月にはすべての焼却炉が本格稼働した。
気仙沼ブロックでは2次仮置場の確保が難航。南三陸処理区では5月末に焼却炉の建設を開始し、9月に稼働した。気仙沼処理区では7月末に焼却炉建設に着手し、今回の稼働に至った。
県処理分で10月末現在の処理率は約15.4%。いずれも14年3月までを目標としている。しかし、がれき処理完了後に施設を解体・土地を復旧させるため、実質的な焼却期限はそれより早まることになる。

                    
          ※関係者がボタンを押して稼働を開始。     ※ロータリーキルン炉(左)とストーカ炉(右)。
                        (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/18 【石巻地方広域水道企業団】
須江山浄水場増設工事の入札結果
奥村組JVに決まる

※落札金額、予定価格、最低制限価格は本紙一面を参照。


2012/12/18 【日本下水道事業団東日本本部】
南蒲生浄化C復旧電気設備その3を公告
参加申請は1月15日まで


2012/12/18 【利府町役場】
加瀬地区・災害公営住宅の建設計画
W造長屋25戸・年度内に造成、来年度で設計・着工へ


2012/12/18 【石巻市役所】
石巻市本庁舎復旧3件(建築・電気・機械)を公告
27日まで受付、建築は復興JV適用


2012/12/18 【宮城県庁】
松島自然の家の再建へ2013年度から測量等に着手



2012/12/18 【仙台市】
被災宅地の公共事業復旧
79地区・681宅地が対象外に

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/17 【南三陸町役場】
志津川地区災害公営住宅の基本計画を委託
681戸が対象・アークポイントに決まる


2012/12/17 【宮城県建設産業団体連合会・宮城県生コンクリート工業組合】
発注機関と意見交換・砂の県外調達本格化
気仙沼に1万立米ストック、石巻は1月から

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/17 【七ヶ浜町役場】
2012年度12月補正予算まとまる・約148億円を追加

※詳細は本紙宮城面、予算欄に掲載。


2012/12/17 【利府町役場】
2012年度12月補正予算を公表・一般会計に35億余追加

※詳細は本紙宮城面、予算欄に掲載。


2012/12/15 【名取市役所】
閖上水産加工団地の整備へ来年度早々に基本構想委託
予備意向調査はパシコン


2012/12/15 【登米市役所】
設計変更の運用基準を設定・人員や資材確保に配慮


2012/12/15 【石巻市役所】
復興JVの適用拡大・建築一式を追加
上限は19.4億まで


2012/12/14 【東北運輸局・東日本旅客鉄道・沿線市町】
第6回 JR気仙沼線復興調整会議 ・ 鉄道復旧の議論開始
橋梁改築や4駅移設が課題−JR

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/14 【宮城県庁】
石巻黄金浜北地区災害公営住宅新築の基本・実施設計を委託
RC6F約6000u程度で計画
東北開発コンサルに決まる

※落札金額、調査基準価格、応札者は本紙宮城面を参照。


2012/12/14 【宮城県庁】
気仙沼警察署庁舎新築の基本・実施案に3社が応札



2012/12/13 【南三陸町役場】
志津川地区の復興土地区画整理・今年度末の事業認可へ
約60fを非可住地とし産業集積図る


2012/12/13 【東北農政局】
亘理山元地区の復旧工事2件(鐙川排水路と須賀海岸堤防)を公告
参加申請は21日まで


2012/12/13 【登米市役所】
総合評価型一般競争の加点対象を追加
新たに震災対応実績を評価へ


2012/12/13 【みやぎ中小建設業協会】
青年部会が初の地域貢献活動
石巻の保育所にクリスマスツリー寄贈

みやぎ中小建設業協会青年部会(小野寺徹会長)は7日、同部会初の地域貢献活動として石巻市北上町の相川保育園(武山美登里所長
園児22人)を訪問し園児にクリスマスツリーを寄贈した。
石巻市の太平洋側北部の高台にある真新しい保育所の建物は去年2月に新築完成し引渡しを受けたが3月に震災が発生し、津波で家を失った地域住民200人が7月まで避難していた。
当日は、みやぎ中小建設業協会泉川邦夫事務局長と青年部メンバー12人が保育所を訪問。午前中は相川保育所ホールでツリーを組み立て園児と共に飾りつけを行った。午後は南三陸町伊里前福幸商店街で地植えをしたモミの木に飾りつけをした。
みやぎ中小建設業協会は、地元建設業者として震災復旧・復興に尽力してきた。同青年部会は今年6月に設立。対外的には初めての活動で小野寺会長は「地域の皆さんに喜んでいただけるよう、今後も地元の復興に役に立つ地域貢献活動を続けたい」と話した。

                        
               
     ※一緒にツリーの飾り付け。
※建設ニュース面に掲載。



2012/12/12 【多賀城市役所】
宮内地区の復興土地区画整理事業
第4回復興交付金で配分決定
1月にも計画作成業務を委託


2012/12/12 【宮城県建築住宅センター】
宮城建住センターの三部理事長に聞く
共同受発注システム構築を
設計3団体と復興住宅支援協を設立

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/12 【宮城県】
11月末現在・復旧・復興進捗状況まとまる
2012年度内に全地区の防集同意へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/12/11 【亘理町役場】
亘理地区と亘理その2地区の災害公営住宅整備に係る造成設計を委託
国際開発コンらに決まる

※詳細は本紙宮城面結果欄に掲載。


2012/12/11 【宮城県庁】
七ヶ浜町花渕浜・災害公営住宅の設計を発注
関・空間設計と契約へ


2012/12/10 【東北地方整備局契約課】
対象は南三陸道路1号と4号トンネル工事
トンネル初の一括技術審査導入
WTO適用、復興道路関連3件を公告


2012/12/10 【石巻市役所】
水産物地方卸売市場牡鹿売場と牡鹿製氷冷蔵庫の設計を公告
計1500u規模で再建・2013年度着工へ
参加申請は21日まで


2012/12/10 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
WTO適用 多賀城市桜木地区の災害公営住宅建設
RC4〜6F4棟160戸約1・5万u、実施設計・施工一括
申請受付は1月16日まで


2012/12/07 【七ヶ浜町役場】
七ヶ浜町地区避難所の設計プロポ・手続きを開始
2013年1月8日まで提案書受付


2012/12/07 【宮城県庁】
黄金浜北地区災害住宅の基本・実施案は低入札で保留に
RC6F延べ約6000uで計画

※応札者と応札額、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/12/07 【多賀城市役所】
復興交付金の第4回配分・災害公営住宅に事業費44億円


2012/12/06 【雄勝希望のキャンバス】
海に向け復興のメッセージ・石巻で巨大キャンバス設置
大和リースが協賛

東日本大震災の追悼と復興の決意を示そうと、海岸に設置された巨大キャンバスに住民らが絵やメッセージを書き込む「雄勝希望のキャンバス」が1日、宮城県石巻市の雄勝町荒浜海水浴場で行われた。
これは岐阜県を中心に活動する左官技能士・芸術家の挟土秀平氏が雄勝町の若者たちに呼び掛け、大和リースなどが協賛して実現したもの。海へ向け高さ4b、長さ40bの巨大キャンバスが設置され、住民らが復興へ向け思い思いのメッセージを書き込んでいった。書き込みには漫画家の井上雄彦氏も参加した。
キャンバスの製作には震災がれきや雄勝産木材などを使用。11月18日から設営が開始された。発案した挟土氏は「津波犠牲者に向けてメッセージを発信しようと思った。少しでも雄勝町の手伝いができればと思い、企画した」と話した。

                      
           
※井上雄彦氏も参加。        ※H4m、W40mの巨大キャンバス。
                       (各写真ともクリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/06 【宮城県庁】
根組地先・横須賀地区海岸災害復旧の入札結果
丸本組、山内組に決まる

※落札金額、評価点、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/12/06 【東北整備局仙台河川国道事務所】
前浜地区と小泉卯名沢地区ほかの跨道橋詳細設計を委託
三陸沿岸道新規区間の跨道橋15橋
いであ・綜合技術コンに決まる

※落札金額、評価点、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/12/06 【仙台市】
宅地保全審・丘陵部の宅地被害復旧方針
陣ヶ原地区、災害危険区域に


2012/12/05 【岩沼市玉浦西造成工事JV】
宮城県岩沼市の造成工事で移転対象者向け見学会
地盤改良工法を公開

集団移転の移転先として宮城県岩沼市が進める玉浦西地区の造成工事現場で、移転対象者を招いた現場見学会が開かれた。造成工事を担当する春山建設・上の組JV、佐藤建設・渡辺サービスセンターJVが主催。約100人が見学に訪れた。
岩沼市は東日本大震災で甚大な被害が生じた沿岸6地区(相野釜、藤曽根、二野倉、長谷釜、蒲崎、新浜)の集団移転を進めている。玉浦西地区19.6fは防災集団移転・災害公営住宅用地として、8月から造成工事に着手された。現在の進捗率は30%。
造成工事は2工区に分割し、第1工区9万6010fを春山建設JVが、第2工区9万9520fを佐藤建設JVが担当している。
敷地はもともと田んぼであったために地盤沈下の恐れがあり、加えて第1工区は地盤が軟弱であるため、地盤強化、液状化対策として「打戻し式グラベルコンパクションパイル工法」を採用している。
同工法は、振動するケーシングパイプを所定の深度まで入れ、砕石を投入しながら引抜き、引戻しを繰り返すことで、軟弱地盤中に径の大きい砕石杭を造成し、地盤の安定を図るもの。第1工区では長さ4b〜8.5bの砕石杭を1.8b程度の間隔で約2万7000本打ち込む。杭打ちが完了した部分から順次2〜4b盛り土し、圧密沈下させ地盤を安定させる。沈下がおさまるまで通常は200日程度かかるが、この工法を採用することで2ヵ月程に短縮できるという。
見学会では、担当者からの概要説明の後、杭を打つ位置を定める作業や、杭打ち機が稼働している様子を見て回った。4機の杭打ち機がそれぞれ1日に50〜60本の杭を打ち込んでいくという。同工法を採用したお台場や幕張の現場では東日本大震災で液状化現象が起きなかったという実績も紹介され、参加者から高い関心と大きな期待が寄せられていた。
春山建設の大友悟副社長は「この工事はスピードが求められるため、早く地盤を安定させ、液状化をなくすことができるこの工法を採用した。安心してお住まいいただくためにもこの機会に現場を見てもらい、疑問などを解消してもらえればよい」と話していた。

               
   
※事業概要と工法を紹介する看板。   ※看板前で説明。      ※施工現場を見学。
                          (各写真ともクリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/05 【宮城県庁】
開会中の11月定例会に773億円の増額補正を追加


2012/12/05 【宮城県】
2020年までを目安に防災ミュージアム設置復興祈念プロジェクト


2012/12/05 【石巻市役所】
2012年度12月補正予算案を公表
復興交付金基金に800億余追加


2012/12/05 【大崎市役所】
田尻災害公営住宅の設計委託へ12月19日に指名競争で入札


2012/12/04 【南三陸町役場】
水産加工施設整備事業者の公募結果
カネキ吉田商店など3者を選定
復興交付金活用し計約19億円を補助


2012/12/04 【東北地方整備局・東日本高速道路東北支社】
仙台港ICが開通・仙台塩釜港に直結

東北地方整備局と東日本高速道路東北支社が整備を進めてきた仙台東部道路「仙台港インターチェンジ(IC)」が完成し1日、仙台市宮城野区福室の現地で開通式が行われた。これで仙台塩釜港と高規格幹線道路が直結し、物流効率が向上する。
式典には80人以上が出席。初めに橋本清仁国土交通大臣政務官が「仙台塩釜港は東北で生産された自動車の9割を出荷する国際物流拠点だ。このIC開通で、より一層円滑な国際物流基盤が整うことになる」とあいさつし、続いて村井嘉浩宮城県知事が「東北や日本の復興をけん引する広域物流・防災拠点として、一層の機能強化を図ることができる」と述べた。また、トヨタ自動車東日本の白根武史社長は「今度のICは仙台塩釜港に直結するので、さらに物流効率が上がるのは間違いない」と期待を込めた。
その後、関係者によるテープカットに続いて、大型トレーラーやコンテナ車が仙台港ICを通過するパレードが行われた。
仙台港ICは、仙台東部道路・仙台東ICと仙台港北ICの中間に位置し、仙台塩釜港の高砂コンテナターミナルやモータープールに最も近いICとなる。2003年の東部道路開通以降、仙台港北ICで利用が集中し、渋滞が多発。東北整備局は06年に仙台港ICの用地買収に着手し、翌年から工事を開始した。総事業費は約70億円。

                        
                 
※関係者がテープカット。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/12/04 【亘理町役場】
荒浜地区・災害公営住宅整地工事の入札結果
阿部工務店が落札

※落札金額、予定価格、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/12/04 【東松島市役所】
買取災害公営住宅の公募プロポ・2地区計9者から参加受付


2012/12/03 【宮城復興局】
第4回復興交付金・5059億円を配分


2012/12/03 【仙台市役所】
復興交付金の第4次配分 ・ 21事業に約451億円


2012/12/03 【気仙沼市役所】
2012年度12月補正予算案を公表・がれき処理は400億円減額
漁港や海岸の復旧設計など


2012/12/03 【山元町役場】
津波防災拠点地域の整備へ2012年度内にも造成設計を委託
新山下駅、新坂元駅周辺2地区計約44haで盛土量約138万立米


2012/12/03 【東北地方環境事務所】
金華山牡鹿半島周辺整備の基本計画策定を公示
企画書提出は18日まで


2012/12/03 【宮城県石巻港湾事務所】
石巻港など4港対象・防潮堤8.6kmの復旧設計を委託
エイト日本技術開発らに決まる・年度内にも工事発注


2012/12/03 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台河川事故防止施工者会が2012年度安全管理講習会を開催
無事故無災害での復興目指す


2012/12/01 【南三陸町役場】
南三陸町・衛生管理型市場の建設へ基本設計を委託
漁村研に決まる


2012/12/01 【仙台市役所】
復興JV対象の初弾工事2件の入札は参加者なく不調に


2012/12/01 【宮城県気仙沼地方振興事務所】
気仙沼漁港廃油処理施設の設計を委託
オオバに決まる
※契約金額は本紙宮城面を参照。


2012/11/30 【宮城県建設業協会】
高校生40人が石巻のがれき処理などの現場を見学

宮城県建設業協会石巻支部青年会(木村浩章会長)は26日、高校生現場見学会を実施し、石巻工業高校土木システム科の1年生40人が参加した。
見学会は、次代を担う高校生に建設業の理解促進を目的として毎年実施している。今回は石巻ブロック災害廃棄物処理業務(担当=鹿島・清水建設・西松建設・佐藤工業・飛島建設・竹中土木・若築建設・橋本店・遠藤興業JV)および雲雀野中央埠頭荷捌地災害復旧工事(担当=丸本組)の現場を見学した。
災害廃棄物処理現場では、混合廃棄物の選別プロセスをじかに見学したほか、焼却施設ヤードでは対象物が多様なため2種類の焼却炉を設置したことなどの説明を受けた。
埠頭復旧工事の現場では、地盤沈下した埠頭の復旧進捗率が65%と順調に再建している様子を確認した。
参加した高校生らは「早く専門技術を身に着け、郷土の復興に貢献したい」と話した。

                        
                
※焼却施設ヤードでの見学状況。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/30 【宮城復興局】
第1回・地域復興マッチング「結の場」を開催
被災企業支援に建設業4社が参加

宮城復興局は28日、被災中小企業と大手企業をつなぐ地域復興マッチング「結の場」を、石巻市の石巻商工会議所で開催した。
東日本大震災で被災した企業が再建する上で抱える課題を、大手企業が持つ豊富な人材や営業ノウハウなどを活用して解決できるよう、両者を対話させる場として設けられたもの。1回目となる今回は、石巻市の被災した地元水産加工業13社が、支援に参加した大手企業35社(機関)から今後の経営について助言を受けた。建設業は大和ハウス工業、大成建設、安藤建設、清水ハウスの4社、コンサル関係ではパシフィックコンサルタンツが参加した。
初めに宮城復興局の稲田幸三企業連携推進室長が「支援企業の好意によって地域企業が少しでも元気になり、復興が一日でも早く進むことを願う。今回の熱気を他地域にも伝えていきたい」とあいさつした。
ワークショップでは、まず被災企業が「震災前の顧客が戻らず、新たな販路を開拓したいので営業ノウハウを教えてほしい」「労働力不足で売り上げが回復せず、新たな人材を募集している」といったそれぞれの現状を報告。その後各グループに分かれ、被災企業が今後の経営方針や必要となる支援などを大手企業に詳しく話し、アドバイスを受けていった。
ワークショップに参加した大成建設の白鳥剛石巻事務所長は「建設業という域を超えて、自社の持つ経営資源で支援できることは何でも支援していきたい」と語った。
このワークショップは年内に他地域でも行われる予定だ。

                   
      
※稲田企業連携推進室長。         ※懇談風景。
                       (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/30 【石巻市役所】
湊地区・湊こども園等複合施設の設計を委託
RC4F延べ約2850uで移築
桂設計に決定

※落札金額、予定価格、最低制限価格、入札参加者は本紙宮城面を参照。


2012/11/30 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
塩釜市伊保石災害住宅基盤整備の入札結果
日特建設が落札

※落札金額、予定価格、調査基準価格、評価値は本紙一面を参照。


2012/11/30 【仙台市役所】
郡山、鶴ヶ谷第二住宅の改築を公告
12月18日まで参加受付


2012/11/30 【仙台市役所】
被災宅地の復旧3件(赤坂、将監、高森)を公告
12月18日まで参加受付

※公告の詳細は本紙宮城面公告欄に掲載。


2012/11/30 【仙台市】
津波避難施設整備・10ヵ所の配置案を提示


2012/11/29 【多賀城市役所】
災害公営住宅の整備概要まとまる・4地区に計532戸を計画
すべてURに整備を依頼し買取方式で供給へ


2012/11/29 【東北地方整備局経理調達課】
WTO適用・石巻港雲雀野南防波堤の基礎改良を公告
26日まで申請受付


2012/11/29 【仙台市役所】
芦ノ口復興住宅の改修設計を再指名
千田総兵衛事務所らに委託へ


2012/11/29 【仙台市】
地域防災計画中間案・津波対策など充実


2012/11/29 【東北整備局仙台河川国道事務所】
阿武隈川荒浜堤防災害復旧4工事(荒浜1から4工区)の入札結果
一括審査で橋本店などが落札

※落札金額、評価値、入札参加者は本紙宮城面を参照。


2012/11/29 【東松島市役所】
防集の移転先2団地(牛網・矢本西)の造成を公告
12月6日まで参加受付


2012/11/29 【七ヶ浜町役場】
復興土地区画整理事業の整備計画・4地区で総面積27.9ha


2012/11/29 【宮城県庁】
小乗浜1道路災害復旧と高松ふ頭用地造成の入札結果
日本道路と若築建設に決まる

※落札金額、評価値、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/28 【宮城県】
山元町災害公営住宅が着工
県の受託工事で初

宮城県は27日、東日本大震災で甚大な被害を受けた山元町で、災害公営住宅の着工式を行った。県が市町から委託を受けて発注する災害公営住宅としては、これが初となる。
式典は山元町浅生原新館前の現地で行われ、国や県、町などの関係者約30人が出席した。着工式では、齋藤俊夫山元町長が「被災町民全員が災害公営住宅の一日も早い完成を待ち望んでおり、こうして形に見えるようになることは生活再建に向け大きな励みになる。一日でも早く入居できるよう進めていきたい」とあいさつした。また、県の橋本潔土木部長が「バリアフリー化や周辺の緑化など、これからの災害公営住宅に求められる要素が盛り込まれた設計となっている。関係者の協力のもと、工事を進めていきたい」と述べた。
山元町は全体で約600戸の災害公営住宅の整備を計画。このうち新山下駅周辺地区では町が造成、県が設計・建築を発注する方式で90戸の整備を予定している。
同地区の第1期工事分は50戸で、今回着工となったのは50戸のうちの26戸(W造2戸1住宅13棟)と隣接する集会所1戸。設計は桂設計、施工は八重樫工務店が担当する。残り24戸(同型住宅12棟)については今月26日に県が公告した。工期はいずれも来年3月まで。
また、第2期工事40戸(一戸建住宅を予定)についても、県は今年度中の発注を目指している。

             
     
※齋藤山元町長。     ※橋本県土木部長。        ※完成パース。 
  
                  (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。



2012/11/28 【バレンタイン・コンサル、牡鹿観光】
石巻市・バレンタインコンサルほか「復興借上型市営住宅」の建設計画
設計はBAU建築設計室、2棟計61戸規模
安藤建設で本格着工へ


2012/11/28 【七ヶ浜町役場】
防災集団移転先団地の整備・対象5地区の整備計画まとまる
総開発面積14万5088u、移転戸数212戸以上


2012/11/28 【松島町役場】
松島地区安全・安心なまちづくり基盤(防災公園整備)の調査設計を委託
中央コンサルJVに決まる

※契約金額、予定価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/28 【宮城県庁】
気仙沼水産試験場の基本・実施案
SUN総合に決定

※契約金額、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/27 【仙台市役所】
宅地復旧2件(中山5丁目と南光台6丁目)の入札結果
塩浜工業と泉工務店に決定

※契約金額、予定価格、総額判断基準価格、応札者は本紙一面を参照。


2012/11/27 【石巻市役所】
石巻市立病院の改築設計を委託
久米設計と契約

※契約金額、予定価格、最低制限価格、応札者は本紙一面を参照。


2012/11/27 【石巻市役所】
水産加工排水処理施設の実施設計を委託
処理能力6000t/日まで復旧
日本上下水道設計に決まる

※契約金額、予定価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/27 【石巻市役所】
水産物地方卸売市場・牡鹿売場建設(再建)予定地の地質調査を委託
地質調査は後藤ボーリング


2012/11/26 【南三陸町役場】
志津川2地区の津波復興拠点整備事業・来年夏までに事業認可へ
中央地区17haと東地区24haに災害住宅や役場庁舎、病院など整備


2012/11/26 【仙台市役所】
東部復興道路整備の環境アセスの手続きを開始


2012/11/26 【中央3丁目1番地区市街地再開発準備組合】
石巻市中央3の1再開発・事業が都市計画決定
2013年度着工目指す


2012/11/26 【明興水産】
塩釜市・明興水産「本社工場新築」の施工者決まる
日本国土開発で施工


2012/11/26 【宮城県庁】
保健環境センター本庁舎改築を公告
来月17日まで参加受付・来月20日に開札


2012/11/26 【宮城県庁】
志津川漁港南防波堤復旧を公告
入札参加受付は12月17日まで


2012/11/26 【宮城県庁】
気仙沼警察署庁舎新築の基本・実施案を公告
RC4F4446uの庁舎など
12月10日まで参加受付


2012/11/26 【南三陸町役場】
南三陸町サケの遡上するまちづくり事業・サケふ化場の基本設計を委託
アルファ水工に決まる


2012/11/26 【宮城県】
第2回災害に強いまちづくり連絡会議
2013年度上期に防集74地区発注
5市町がCM・DB検討


2012/11/26 【東松島市】
URのCM第2弾・野蒜北部丘陵で安全祈願
大成建設JVが担当

宮城県東松島市がUR都市機構に委託し、CM方式を活用して設計・施工一体で整備する「野蒜北部丘陵地区震災復興事業」の安全祈願祭が21日、東松島市野蒜地区で行われた。URのCM事業が着工するのは女川町に次いで2番目。今後、準備工を進め、12月中旬に本格着工する。
野蒜北部丘陵地区は土地区画整理事業として2016年度までに約90fを整備する計画。このうち保全緑地を除く約40fの整備を、大成建設・フジタ・佐藤工業・国際開発コンサルタンツ・エイト日本技術開発JVが担当。先行整備と次期整備をほぼ併行して進める。
先行整備の契約額は21億6、300万円。工事は34fを対象にした100万立方bの切り盛り土が中心となる。
数ヵ月遅れて着手する予定の次期整備は宅地25fを含め40fを整地する。併せて160万立方bの土を地区外に運搬する。工期は14年12月だが、JR仙石線の軌道部については14年3月までに完了させ、JRに移管する見込み。
安全祈願祭には関係者約60人が出席。阿部秀保東松島市長が鎌(かま)入れ、URの小山潤二震災復興推進役が鍬入(くわ)れ、大成建設の桂純二常務東北支店長が鋤(すき)入れを行った。
神事の後、阿部市長は「この事業のポイントはいかに民間の力を活用するかだ。野蒜地区の高台移転は国のモデル事業となっている。一日も早い完成とJR仙石線の早期復旧が求められる」と述べ、URと大成建設JVのスピーディな事業推進に期待を寄せた。
小山室長はCM方式を採用した理由について「民間の知恵とマンパワーをフルに発揮してもらうため」と説明した上で「きょうを契機に心を一つにして東松島市の復興にまい進していきたい」と意気込みを示した。
また、大成建設JVを代表して桂支店長は「プロジェクトに対する期待と責任を感じる。キーワードはスピード。地元の期待に応えられるようにしたい」と力を込めた。

          
     
※阿部市長が鎌入。      ※小山興推進役が鍬入。       ※桂常務が鋤入。 
  
                          (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。



2012/11/22 【塩釜市役所】
離島2地区の防災集団移転・年度内に設計や用地買収に着手へ
アジア航測で事業計画


2012/11/22 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
塩釜市伊保石地区災害公営住宅(第1住宅)建設の施工者を特定
東北ミサワホームに決まる


2012/11/22 【気仙沼市役所】
水産施設の整備事業者公募・12月1日に募集要項公表


2012/11/22 【七ヶ浜町役場】
七ヶ浜町学校給食センター移転改築工事の入札結果
第一建設工業が落札

※落札金額、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/11/22 【南三陸町役場】
南三陸町第6回復興整備協議会・名足地区の用地拡大を承認


2012/11/22 【大郷町役場】
災害公営住宅4戸の建設・12月にも造成など発注へ


2012/11/22 【塩釜市役所】
公募型プロポ・大震災モニュメント制作設置の委託先を特定
スギサキ彫刻工房が最優秀に


2012/11/21 【塩釜市役所】
指名プロポ・魚市場改築設計の委託先を特定
延べ1.8万uの荷さばき所など、13年度着工へ
梓設計に決まる


2012/11/21 【宮城県東部地方振興事務所】
魚町加工団地の雨水排水計画・92ha対象にポンプ場や調整池を整備
日本工営がポンプ場など設計


2012/11/21 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町離半島部の災害住宅基本計画・設計
参加表明は30日まで


2012/11/21 【気仙沼市役所】
鹿折と南気仙沼の被災市街地復興土地区画整理事業
来年3月の事業認可目指す


2012/11/21 【塩釜市役所】
設計プロポ・壱番館改修設計の委託先を特定
山下設計に決まる


2012/11/21 【宮城県庁】
東松島市矢本東保育所跡地災害公営住宅新築の設計を委託
盛総合設計に決まる

※落札金額、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/21 【石巻市役所】
第8回復興整備協議会・新渡波西の区画整理を承認


2012/11/21 【気仙沼市役所】
第4回復興整備協議会・防集18地区など承認


2012/11/21 【宮城県東部地方振興事務所】
県内初の事業計画確定・西矢本地区の農地234ha


2012/11/21 【東北地方整備局・東日本高速道路東北支社】
12月1日、仙台港IC開通
仙台塩釜港に直結


2012/11/20 【高齢・障害・求職者雇用支援機構】
宮城職業訓練支援Cの復旧設計を公示
本館約5000uの建替、既存5棟の改修など
参加申請は1月8日まで


2012/11/20 【仙台市役所】
2012年度12月補正予算案を発表・国際C駅周辺コンベンション設計など


2012/11/20 【塩釜市役所】
水産業共同利用施設復興整備の事業者募集を開始
12月17日まで事業計画を受付
22日に説明会、来年2月下旬までに決定


2012/11/20 【東松島市、女川町、七ヶ浜町】
1市2町の復興整備協議会・森林区域を宅地に変更


2012/11/19 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
女川町民陸上競技場跡地地区の災害公営住宅建設を公告
RC3から4F8棟で200戸の約1.8万u
申請受付は12月18日まで


2012/11/19 【宮城県庁】
黄金浜北地区災害住宅の基本・実施案
RC造6階建、延べ約6000uで計画
12月3日まで参加受付


2012/11/19 【宮城県庁】
気仙沼地域南郷仮設職員寮新築の入札結果
丸か建設に決定

※落札金額、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/19 【宮城県気仙沼土木事務所】
気仙沼向洋高の造成調査を22日に指名競争で入札


2012/11/19 【村井俊治東京大学名誉教授】
震災がれきで巨大前方後円墳を
巨大モニュメント「平成陵」を提案

東京大学名誉教授の村井俊治氏が、仙台市の若林地区に東日本大震災のがれきを使って巨大な前方後円墳型の丘「平成陵」を造成し、鎮魂のモニュメントとする提案を発表した。構想によると、後円部の直径と前方部の台形高はともに311m、墳丘の高さは36m。およそ600万dのがれきを埋め立て処理することができ、津波の避難場所としても活用可能。村井教授は、震災を永久に記憶し、復興のシンボルとすることで被災地域の人たちを元気づけ、世界に向けて日本の意志を発信する効果が期待できると話している。
東日本大震災では大津波により大量のがれきが発生。その量は、岩手、宮城、福島の3県でおよそ2000万dと推計されており、その処理が復興に向けて大きな課題となっている。政府は、被災地外へ運び出す広域処理を推奨しているが、これに対して村井教授は、関東大震災のがれきを使った横浜山下公園造成や、阪神大震災でのポートアイランド埋め立てへの活用例を挙げて、現地処分が最も効率的と指摘。また、単に埋め立て処分するのではなく、前方後円墳型の墳丘を建設し、犠牲者の鎮魂の場所となるようにすることを提案している。
構想の候補地は仙台市若林地区荒浜海岸。同所にはゴミを埋め立ててできた、高さ14mの「冒険広場」がある。東日本大震災で津波が襲来した際も崩壊せず、ここに逃れて助かった人たちがいる。こうしたことから、土の塊である墳丘でも十分に大津波に耐えられるとみる。
村井教授の構想によると、墳丘は高さ12mごとに段を付け、頂の部分は平面で約3万u。また前方後円墳型の周囲には幅100mの帯状の芝生公園を造り、さらにその周囲に堀を掘る。掘り返した土はがれきの表面に盛り、墳丘の斜面には常緑樹などを植える。施設全体の最大長辺約1q、底辺(幅)730m、全周3qといい、世界最大の仁徳天皇陵845m×650m)を凌ぐ規模。
村井教授以外にも、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏ががれきを活用する盛土堤防を提唱し、実験的に建設が行われている。また、陸前高田市では「国営防災メモリアル公園を陸前高田に誘致する会」を立ち上げ、がれき処理と海岸防災林植樹を組み合わせた事業を目指しているという。

                        
                  
※「平成陵」の概念図。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/19 【みやぎ復旧・復興ゼロ災運動推進協議会】
みやぎ復旧・復興ゼロ災運動推進協議会が発足
復旧復興工事の労災増加に歯止め・12月からゼロ災運動


2012/11/17 【気仙沼市役所】
公園等整備予定地の利用計画策定を委託
アジア航測に決まる


2012/11/17 【女川町役場】
メモリアル施設構想など公募型プロポ2件に計7者が提案書を提出


2012/11/16 【宮城県】
気仙沼港岸壁復旧工事が着工
2015年度の全体完了めざす

宮城県と気仙沼市は14日、気仙沼港商港岸壁災害復旧工事の着工式を、宮城県気仙沼市朝日ふ頭の現地で行った。
式典には関係者約50人が出席。冒頭に出席者全員で黙祷を捧げた後、宮城県の三浦秀一副知事が「着実かつ迅速に復旧を進め、物流拠点機能を回復し、気仙沼地域の復旧・復興に弾みをつけたい」と決意を述べた。続いて菅原茂気仙沼市長が「工事主体となる宮城県には、実際に港を使用する産業関係者の意見を吸い上げて、確実に役に立つ施設が復旧するよう無事に施工を進めてもらいたい」と話した。
その後、関係者が鍬(くわ)入れを行った後、岸壁に延長33mの矢板打ち込みを開始した。
気仙沼港は東日本大震災で1m以上地盤沈下し、潮位上昇による冠水が頻発している。しかしそのまま嵩上げ復旧を行うと、嵩上げ分の重みで岸壁を支える既存の矢板が耐えきれなくなるため、既存矢板の前面(海側)に新たに規格の高い矢板を打ち込んでから被災前の高さまで嵩上げする。
今回、岸壁延長577mのうち先行して317m(施工=東亜建設工業)を復旧させ、残る260mは今年度中の発注、このほか胸壁や護岸、臨港道路などの復旧も順次発注して2015年度の全体完了を目指す。

                 
            
※関係者による鍬入れ。          ※矢板打ち込みを開始。 
  
                          (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/16 【名取市役所】
名取市下増田地区・災害公営住宅の整備へ2012年度内にURと協定締結
共同住宅RC5F、戸建W1〜2F、計100戸


2012/11/16 【名取市役所】
防災集団移転先団地の整備へ設計を委託
開発面積5・5ha、住宅敷地80区画など
パシコンに決まる


2012/11/16 【気仙沼市役所】
移転促進区域の跡地利用計画策定業務を公告
参加受付は28日まで


2012/11/16 【気仙沼・本吉地域広域行政事務組合】
気仙沼消防署南町出張所の移転新築へ設計委託
気仙沼建築設計に決まる


2012/11/16 【東松島市役所】
東松島市立矢本第二中学校屋内運動場災復及び増築(建築)の入札結果
建築は菱中建設

※落札金額、予定価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/16 【大京】
ライオンズ仙台レジデンスをプレゼン
日本初の2棟連結免震構造
施工は大林組

大京(東京都渋谷区 山口陽社長)は14日、仙台駅東口エリアに建設している「ライオンズ仙台レジデンス」のモデルルームオープンに先立ち、開発経緯やコンセプトなどを報道陣に公開した。設計は創建設計・大林組東北支店一級建築士事務所JV、施工は大林組が担当。2013年12月3日の竣工を予定している。
「ライオンズ仙台レジデンス」は、仙台市宮城野区東九番丁90の3ほかの敷地面積2175uに、RC造13階建、延べ1万0522.92uの規模で建設。南棟、東棟の2棟で構成しており、総戸数は108戸。土地区画整理事業が進行するとともに、地下鉄東西線の開業も控えさらなる利便性向上が期待される仙台駅東口エリアに立地する。
安心・安全を追求した防災対応型・免震オール電化マンションとして、全国のマンションで初めてとなる、2棟連結免震構造「O―MIC」(大林組が特許を申請中)を採用。東西南北どの方向からの揺れに対しても地震力を分散でき、建物の安全性を高めるとともに、連結部分の損傷を軽減させる。併せて、免震装置を1階の共用部と住戸との間の中間階に設ける中間階免震構造により、免震層への雨水進入リスクなどを軽減させる。
災害に備えて防災井戸や備蓄倉庫、自家発電機を設置。さらにセキュリティの強化を図っているほか、エコキュートを採用したオール電化仕様、電気自動車コンセントの設置などでエコにも配慮した。
間取りは2LDKから4LDK。23日からモデルルームをオープンし、13年1月の販売開始を予定している。
大京執行役の岡田洋一氏は、「東北地区では震災後初のマンションの分譲となる。震災の経験を踏まえて住宅に求められるニーズをしっかりと考えた自信作」と話した。

                        
                    
※完成模型。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/15 【東北農政局仙台東土地改良建設事業所】
仙台東8地区の復旧関連区画整理設計を委託
区画合計2162haが対象・内外エンジなどに決まる


2012/11/15 【仙台市役所】
公募買取方式復興住宅の対象地域など条件を決定
供給戸数は計1380戸



2012/11/15 【東松島市役所】
買取災害公営住宅の公募プロポ・2地区計43戸以上を整備へ
20日に説明会、30日まで参加申請受付


2012/11/15 【塩釜市役所】
北浜地区の復興区画整理・12日付で都市計画決定


2012/11/15 【奥田建設】
復興支援ジャズコンサートを開催
仮設住宅の被災者招きプロの演奏披露


                        
                  
※合同演奏の様子。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/14 【大崎市役所】
買取方式災害公営住宅100戸(公募プロポ)の受託候補者3者を決定
なかのまち合同会社、橋本JV、大和ハウスJVに


2012/11/14 【石巻市役所】
石巻市立病院改築設計の落札候補を特定
免震構造7F延べ約2.3万uなど・久米設計に


2012/11/14 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼2地区の運土計画等検討を委託
国際航業JVに決定

※決定金額は本紙一面を参照。


2012/11/14 【宮城県庁】
山元町新山下駅周辺地区・災害公営住宅その2の入札結果
八重樫工務店に決まる

※落札価格、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/11/14 【仙台市役所】
東部復興道路・宮城野区域の地質調査を委託
東北地質に決定

※落札金額、応札者は本紙宮城面を参照。


2012/11/13 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
南三陸町災害公営住宅の基盤整備工事を公告
12月12日まで申請受付



2012/11/13 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼市2地区の確定測量を委託
昭和が落札

※落札金額、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/11/13 【東北電力】
宮城野区仙台港・東北電力「仙台港変電所本館建替」の施工者決まる
RC造3階建2、017u
竹中・橋本JVで施工


2012/11/13 【宮城県】
中企庁グループ補助の6次募集・第1回締切は30日まで



2012/11/12 【仙台市役所】
仙台市の海岸公園再整備へ基本構想策定を委託
防災機能を充実し、2014年度着工めざす
パシコンに決まる


2012/11/12 【仙台市役所】
霊屋復興公営住宅新築の建築・設備設計を委託
群建築設計事務所と仙台総合設備計画に決まる

※落札金額は本紙宮城面を参照。


2012/11/12 【東北整備局仙台河川国道事務所】
一括審査・阿武隈川下流寺島堤防災害復旧の2工事
カルヤードと千田建設が落札


2012/11/09 【石巻地方広域水道企業団】
蛇田浄水場移転復旧・須江山浄水場の増設工事を公告
参加申請は21日まで


2012/11/09 【亘理町役場】
荒浜災害公営集合住宅の整地を公告
申請書の提出は19日まで



2012/11/09 【東北整備局仙台河川国道事務所】
気仙沼国道維持出張所造成工事を公告
11月15日まで参加申請


2012/11/09 【宮城県沿岸域現地連絡調整会議】
宮城県沿岸域連絡調整会議
復旧事業の進捗を報告
海岸堤防着工65%・排水能力復旧89%など

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/09 【宮城県】
貞山運河再生・復興ビジョン検討座談会が初会合
貞山運河復興ビジョン策定へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/09 【宮城県】
山元町の小学生が廃棄物処理現場を見学
フジタJVが協力

宮城県は、災害廃棄物処理業務の亘理名取ブロック山元処理区で地元、山下第一小学校6年生を対象にした現場見学会を開催した。
現場に到着した児童19人は、まず現場事務所内で県職員から災害廃棄物についての基礎知識をクイズ形式で学んだ。
引き続き、業務を担当するフジタ・東亜建設工業・青木あすなろ建設・大豊建設・本間組・河北建設・佐藤建設JVの杉本卓嗣総合所長が処理作業の詳細を説明。がれきの処理量や焼却能力、放射線被曝、作業員の人数など児童の質問に丁寧に答えた。
この後、児童らはヘルメットに防塵用のゴーグルとマスクを身に付け、屋外に移動。初めて見る焼却炉や手選別作業の様子に、興奮した面持ちで質問する姿も見られた。
山元処理区では廃棄物50万dと津波堆積物41万立米を2014年3月までに処理する。現在の進捗率は約30%。

               
          
※屋外で説明を聞く。           ※手選別作業の様子を見学。 
  
                         (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/08 【宮城県・塩釜市・七ヶ浜町】
塩釜港区で復旧推進式・防潮堤の発注急ぐ

宮城県、塩釜市、七ヶ浜町は6日、復旧工事が本格化する仙台塩釜港・塩釜港区の災害復旧推進式を塩釜市の貞山ふ頭で行った。先月17日には仙台塩釜港、石巻港、松島港の3港が統合され、これから同港区では地域産業支援港湾として復興が進んでいく。
式典には若生正博副知事、佐藤昭塩釜市長、渡辺善夫七ヶ浜町長ら約40人が出席。本格復旧を祈念して関係者9人によって鍬(くわ)入れが行われた。
同港区では東日本大震災により、港湾施設、海岸保全施設など約120ヵ所が被災。県では物流機能を回復させるため、先行して臨港道路や外郭・係留施設の復旧を行ってきた。
このうち約50ヵ所については発注が完了もしくは契約手続き中となっており、港湾施設は2013年度中の復旧完了を目指している。
防潮堤などの海岸保全施設については15年度内の完了に向け、今後発注手続きを急ぐ。
若生副知事は「塩釜港区の復旧は産業振興の面で大きな期待ができる」と話した。

               
          
※鍬入れする関係者。               ※砂利を打設。 
  
                         (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/08 【塩釜市役所】
魚市場改築設計の指名プロポ・11月12日に4者で公開プレゼン
2棟延べ1・8万uの荷さばき所など


2012/11/08 【石巻市漁業協同組合】
石巻市魚町・製氷貯氷施設の再建
RC5F延べ約3320uで計画
福田組で着工


2012/11/08 【名取市役所】
JR名取駅前の再開発事業基本構想策定業務を委託
パシコンに決まる


2012/11/08 【名取市役所】
閖上港朝市再建に係る造成工事を公告
参加申請は15日まで


2012/11/08 【登米市役所】
災害公営住宅の基本設計プロポ・市内全50戸分を委託へ
22日まで参加受付


2012/11/08 【仙台市役所】
防災集団移転促進事業宅地開発・移転先6地区の実施設計を5社に委託
移転戸数は計319戸 ・ 三洋設計などに決まる

※落札金額は本紙宮城面を参照。


2012/11/07 【静岡県若手建設経営者の会】
“被災地の今”を視察
宮城県で視察研修会を行う

静岡県若手建設経営者の会(白鳥太郎会長)はこのほど、視察研修会として宮城県を訪れ、東日本大震災で津波被害を受けた沿岸地域を中心に復興の様子を見て回った。
視察研修会には、白鳥会長をはじめとする会員11人が参加。宮城県建設業協会を訪問したり、気仙沼市や名取市閖上地区を回り沿岸部の状況を視察した。現地では、復興に直接関わる立場である宮建協気仙沼支部会員から震災や復興への率直な思いなどを聞いた。また、仙台市内の会場では、宮城県建設業青年会とも懇談し交流を深めた。
今回の視察研修会は、東日本大震災を風化させないように、被災地の今を見つめようという目的で実施した。視察研修会を終えて白鳥会長は、「個人それぞれの気付きを大切にし、被災地で見たことを静岡でも広く伝えてさらなる防災対策につなげたい」と話している。

               
          
※閖上地区を視察。             ※気仙沼市の現状も視察。 
  
                         (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/11/07 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町離半島地区の測量等2件を公示
参加表明は12日、19日


2012/11/07 【気仙沼市役所】
気仙沼市の災害公営住宅整備方針まとまる
計2000戸供給、市街地は集合住宅に


2012/11/07 【宮城県建設業協会】
宮城県に要望書を提出・適切な経費の設定を

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/06 【石巻市】
新蛇田地区・復興区画整理が着工
宅地造成は遠藤興業JV

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/06 【東北整備局仙台河川国道事務所・宮城県・名取市】
震災がれき活用の海岸堤防復旧工事を公開
名取市発生の8.4万tを活用

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/06 【石巻市役所】
総合運動公園の拡張設計を13日に指名競争で入札
既存南側15haを拡張し防災拠点へ



2012/11/06 1105-19女川メモ.txt
【女川町役場】
メモリアル施設構想など2件に計7者が参加申請


2012/11/05 【女川町】
初のCM事業・水産加工団地造成に着手
事業者は鹿島JV

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/05 【石巻市役所】
水産加工排水処理施設の実施設計
処理能力6000t/日規模で復旧へ
13日に指名競争で入札


2012/11/05 【仙台市役所】
市施行の蒲生北部区画整理・復興推進地域に都計決定


2012/11/05 【水産庁】
気仙沼漁港−6b桟橋災害復旧工事を公告
参加申請は11日まで


2012/11/05 【エステート斎剛】
仙台市泉中央に復興作業員向け住宅を開設
賃貸マンション約30戸をルームシェアで
12月1日入居開始へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/11/02 【気仙沼市役所】
被災した造船団地の再建へ年度内に計画取りまとめ
朝日町など候補に検討進む


2012/11/02 【山元町役場】
イチゴ栽培施設建設4件の入札結果
大仙らに決定


2012/11/01 【山元町役場】
山元町・新市街地整備のCMに1者が参加表明


2012/11/01 【気仙沼市役所】
大谷幼稚園移転再建の入札結果
建築本体は小野寺工業


2012/10/31 【気仙沼市役所】
気仙沼市の防災集団移転促進事業23地区の調査設計を委託
年度内に全地区で大臣同意へ


2012/10/31 【仙台市役所】
復興住宅2団地(霊屋・芦ノ口)の新築設計など委託先を特定
群設計、NTTファシリ、仙台総合設備と随意契約へ


2012/10/31 【宮城県】
応急危険度判定の講習会を開催へ
11月5日から受付

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/30 【宮城県庁】
七ヶ浜町菖蒲田浜・災害公営住宅の設計委託先を特定
阿部仁史アトリエと契約へ


2012/10/30 【女川町役場】
商業等エリアと宮ヶ崎地区水産業基盤の整備計画2件を委託
公募プロポ・建技研と中央復建コンに決まる


2012/10/29 【東松島市】
復興まちづくり・着手式を開催
宮城県東松島市・野蒜北部を先行整備
全体区画整理112ha、防集60ha

宮城県東松島市は25日、復興事業が本格的にスタートすることを記念し、同市野蒜市民センター(野蒜小学校跡地)で復興まちづくり整備事業着手式を開催した。同市では、防災集団移転促進事業として約60f、土地区画整理事業として約112fを整備する予定で、23日にUR都市機構がCM方式で発注した野蒜北部丘陵地区の整備事業者が大成JVに決定したばかり。また、24日には産官学民による東松島市みらいとし機構が発足するなど、今後、復興事業が加速していく。
式典には阿部秀保東松島市長、復興庁の郡和子内閣府政務官兼復興大臣政務官、UR都市機構の内田要副理事長ら約220人が出席。初めに阿部市長が祭壇に立ち、「市民は復興を遂げた新しい町の姿を想像し、事業の行方を心待ちにしている。一分一秒でも早い復興まちづくり整備事業の完了に向け、さらなる努力を継続したい」とあいさつした。
また、内田副理事長は「スピードアップと地元企業の活用を目的に、CM方式を活用した業務発注を行っている。地元企業の皆さんと協力しながら受注業者と連携して事業を進めていきたい」と述べた。
東松島市は、約1、400戸の防災集団移転先として、野蒜北部丘陵、東矢本駅北、矢本西、牛網、室浜、大浜、月浜の7地区60fを整備する予定。実施に当たっては、今年2月にURと復興まちづくりに関する協定を締結し、9月には野蒜北部約90fと東矢本駅北約22fの土地区画整理事業について国から認可を受けた。
URは、まちづくりに当たって調査・測量・設計・施工などの一体的な整備事業を進めている。今月23日に野蒜北部の復興整備事業を大成建設JVに決定。事業エリアを2段階に分け、先行して近く着工する「早期整備エリア」の一次整地工事の契約金額は21億6、300万円、履行期限は2013年12月25日までとなっている。
また同市は、野蒜北部、東矢本駅北両地区へ建設を予定している災害公営住宅についてもURへの委託を検討している。計画では野蒜北部に263戸、東矢本駅北に273戸となっている。

                     
  
                         (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/10/29 【石巻市役所】
石巻市立病院の再建へ設計業務を公告
免震構造の7階建約2.3万uの病院棟など、13日に入札
11月7日まで参加受付


2012/10/29 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
気仙沼市南郷地区・災害公営住宅の設計
参加表明は5日まで


2012/10/29 【仙台市役所】
防災集団移転先6地区の造成設計を7日に指名競争で入札


2012/10/29 【山元町役場】
牛橋公園災害復旧工事の入札結果
浅沼組が落札

※落札金額、指名業者、予定価格などは本紙宮城面を参照。


2012/10/29 【石巻市役所】
湊こども園等複合施設の基本・実施設計を公告
11月7日まで申請受付


2012/10/26 【海岸通1番2番地区市街地再開発準備組合】
塩釜市・海岸通地区の再開発・2015年度内の事業完了目指す
10月19日に準備組合設立・施行区域は約1ha


2012/10/26 【女川町役場】
メモリアル施設構想と出島周辺漁港機能強化のプロポ手続き(2件)を開始
参加受付は1日まで


2012/10/26 【女川町役場】
町営浦宿住宅3棟(W−03・W−04・W−05棟)の建築工事を公告
2〜3社JVで7日まで受付


2012/10/26 【東松島市役所】
室浜・月浜漁港(23年災)漁港施設災害復旧工事の入札結果
尾形土建に決まる

※落札金額、入札参加者、予定価格などは本紙宮城面を参照。


2012/10/26 【東松島みらいとし機構】
みらいとし機構が発足・環境未来都市づくりを支援

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/26 【宮城県】
被災住宅の応急修理で協定
みやぎ中小建設業協など3団体と

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/25 【多賀城市役所】
公募型プロポ・復興拠点整備調査検討の委託先を特定
三井共同建設コンに決まる
基本構想策定、コーディネートなど



2012/10/25 【駅前ストアー】
気仙沼市松川前・駅前ストアー「複合商業施設」の建設へ宮城県に出店届け
4棟延べ約7500uで計画、来年6月開店へ

※記事は「きょうの建設情報」を参照。

2012/10/25 【石巻市役所】
買取型住宅390戸分の事業者公募・11月26日から開始


2012/10/25 【松島町役場】
プロポ・漁業集落防災機能強化・漁港施設機能強化調査設計を委託
日本測地設計JVと契約


2012/10/25 【ケイセイマサキ建設】
宮城県内で「寄宿舎金太郎」を展開
格安宿舎提供で復興工事に貢献

北海道新冠町でマンション建築などを営むケイセイマサキ建設(正木省吾社長)は宮城県内の被災地で復興工事の作業員向けプレハブ宿泊施設事業「寄宿舎金太郎」を展開している。名取市の1号店を皮切りに、3号店まで開設する見込み。
宿舎不足に悩む被災地に格安宿泊施設を提供することで復興を支援しようというもの。
1号店は今月、名取市の仙台空港アクセス鉄道美田園駅徒歩8分の場所でオープンした。福島県相馬市まで車で約1時間、宮城県石巻市まで約1時間20分と、県内外の沿岸被災地へのアクセスが便利な場所に立地している。
料金は1泊3食付(昼食は弁当、食事に関しては応相談)4850円。建物はプレハブ2階建で、部屋数は2人部屋35室。設備は共同入浴場、共同トイレのほか、食堂、休憩室を完備し、洗濯機、駐車場は無料(大型車両は有料)で利用可能。法人契約のみとなる。
今後、石巻市鹿又地区に2号店を完成させ、1号店の近隣に3号店も建設する予定だ。2、3号店とも1号店と同規模になる見通し。
同社は経営の多角化を進めており、関連会社が北海道でホテル「ウイークリー翔札幌」を営んでいる。
問い合わせは管理会社のカナコーポレーション(090−3981−6740、ホームページ)まで。
※建設ニュース面に掲載。


2012/10/24 【石巻市役所】
防集の移転先造成初弾・新蛇田土地区画整理の入札結果
北側と東側の約23ha対象に基盤整備・遠藤興業JVに決まる

※落札金額は本紙宮城面を参照。


2012/10/24 【都市再生機構】
CM活用・東松島市復興支援業務の委託先を決定
早期整備エリアの契約金額は21.6億余
大成建設JVに決定

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/10/24 【宮城県】
防災集団移転に新スキーム・各市町に提案へ
DB活用の一括買取検討
コンペで民間コンソーシアムを選定

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/24 【みやぎ生活協同組合】
石巻市後生橋・みやぎ生協「石巻渡波店建替」の施工者決まる
日本建設で工事進む



2012/10/24 【東北整備局塩釜港湾・空港】
石巻港雲雀野地区防波堤(南)築造工事の入札結果
若築建設が落札

※落札金額、入札参加者、評価値、予定価格などは本紙宮城面を参照。


2012/10/24 【大崎市役所】
災害公営住宅の公募型プロポに3者が提案書提出


2012/10/24 【宮城県】
漁港復興推進室設置へ・施設の早期復旧目指す

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/23 【石巻市役所】
2013年度の予算編成方針・歳出削減と歳入確保を徹底


2012/10/23 【気仙沼市役所】
2013年度予算編成方針を公表・復興事業を最重点に配分


2012/10/23 【石巻市役所】
夜間急患センターの再建・2013度に設計委託し14年度着工へ
11月にも建設検討委を発足


2012/10/23 【宮城県】
住宅整備推進本部が初会合・管轄超えて対応協議

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/22 【宮城県庁】
気仙沼水産試験場と東松島災害住宅の基本・実施案を公告
11月5日まで参加受付


2012/10/22 【山元町役場】
新市街地造成へCM業者公募手続きを開始
新山下駅周辺など3地区56ha対象に嵩上げ、造成など基盤整備
参加表明は30日まで


2012/10/22 【宮城県庁】
高松ふ頭の用地造成工を公告
11月12日まで受付


2012/10/22 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
南三陸町志津川地区低地部の土地利活用検討を委託
玉野総合コンサルに決定


2012/10/22 【東北農政局】
定川特定災害復旧・排水機場復旧2件を公告
参加申請は11月5日まで


2012/10/22 【仙台市】
津波被災校の方向性まとまる
中野小、荒浜小は統合へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/22 【宮城県庁】
被災した防災ヘリポートの移転再整備
利府町菅谷が候補地


2012/10/20 【東松島市役所】
防災拠点備蓄基地の建設・約12〜13万食の保管施設
INA新建築で実施設計


2012/10/19 【宮城県】
宮城県の復旧2事業が着工
全体事業費は230億円

◎定川河川堤防復旧

宮城県は17日、東松島市・石巻市の間を流れる定川の堤防復旧事業の着工式を現地で開催した。
式には、宮城県三浦秀一副知事をはじめ関係者約70人が参加。初めに三浦副知事が「本事業の着工が石巻市、東松島市の復興の一翼を担うことになる」とあいさつし、続いて阿部秀保東松島市長、亀山紘石巻市長も、事業が町の復興を加速させるものとして着工を祝った。その後、徳山日出男東北地方整備局長、郡和子内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官など関係者17人が鍬(くわ)入れを行った。
定川堤防は震災の津波により左右岸約1・2`bが被災。河口付近では一部が破堤し、海水が陸地に入り込んでいる状態が続いている。
本格復旧の手始めとして今回、河口部の陸地に入り込んだ海水を排水できるようにするため、破堤部約234bに鋼管矢板を打ち込んで定川と陸地を区別化させる。来年3月の完了を目標に只野組が担当して行う。その後の陸地の排水事業については、来年1.2月ころに別途発注する。
また堤防本体を、河口部から国道45号線までの区間2・3`bを現在より1・7b以上嵩上げし高さ4・5b、国道45号線から佐太夫橋までの区間3・9`bを現在より0・6b以上嵩上げし高さ約3bまでそれぞれ復旧する。ただ、嵩上げに伴い堤防を拡幅するため、工事発注は用地買収後に行われる。
総事業費は150億円。2015年度の全体完了を予定している。

                     
  
                         (クリックで拡大


◎女川港湾防波堤復旧

同日、女川町の女川港湾防波堤の復旧事業着工式が現地で行われた。
式には、関係者約40人が出席。三浦副知事が「港湾防波堤は女川町にとって極めて重要な施設として、復興に大きく貢献する」とあいさつし、須田善明女川町長も「完成すれば津波に対する第一線の防御線となり、同時に利用者が安心して使える港になるための一番大切な施設だ」として着工を祝った。
関係者8人が鍬入れを行った後、担当者が合図を出すと、築堤予定地から着工を知らせる花火が打ち上げられた。
1960年のチリ地震津波を契機に建造され、女川中心部を守る形で湾の入り口にかかっていた南北2つの港湾防波堤は、東日本大震災により倒壊。県は総事業費80億円を投入し、2015年度までに北防波堤392b、南防波堤365・5bを復旧させる。
北防波堤および南防波堤の一部と、船舶通行部の海底部分の築堤を先行整備。防波堤の築堤には、石巻港で製作する幅12b×奥行15b×高さ16bのケーソン28基を設置する。
北防波堤には、ケーソン14基(延長255b)を設置し、同時に南防波堤も先行してケーソン2基のみ(延長40b)設置する。ケーソンの製作・設置ともに五洋建設が担当し、14年10月の築堤完成を目指す。
また両防波堤757・5bのうち、海上部は617・5bと以前より10b延長され、船などの通行幅は140bとなる。船舶通行部分の海底で行われる捨石などによる築堤は、東洋建設が担当し、同じく14年10月までに完成させる。残りの南防波堤築堤は来店度発注となる見込みだ。

                     
  
                         (クリックで拡大


2012/10/19 【仙台市】
復興交付金の第4次・22事業715億円余を申請


2012/10/19 【塩釜市役所】
行政機能を再開発ビル「壱番館」に集約するため改修設計の公開プレゼン
指名プロポ・11月7日に実施


2012/10/19 【石巻市役所】
災害公営住宅の地区別整備計画まとまる
市街地の供給戸数増加へ


2012/10/19 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
石巻市災害公営住宅の設計・施工者を特定
積水ハウスに決まる


2012/10/19 【松島町役場】
松島地区安全・安心なまちづくり基盤整備(防災公園)の調査設計を公示
24日まで受付


2012/10/19 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼2地区の街区確定測量を公示
参加表明は24日まで


2012/10/19 【東日本旅客鉄道】
東北本線と仙石線を接続
塩釜〜高城町間・約400mを整備

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/18 【女川町役場】
整備計画の公募プロポ2件に計3者から提案受付


2012/10/18 【宮城復興局】
第2回宮城復興推進連絡会議
復興の現状と課題を報告

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/18 【仙台市】
緑ケ丘4丁目申出書まとめ・復興住宅入居が5割

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/17 【建設資材対策東北地方連絡会】
第3回資材対策連絡会宮城分会を開催
供給可能量と出荷実績に差

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/17 【南三陸町役場】
復興交付金活用民間補助・水産加工施設に総額19億
施設整備事業者を公募・応募受付は31日まで



2012/10/17 【仙台市役所】
被災宅地復旧(滑動崩落緊急対策)3件(折立・中山・南光台)を再公告
31日まで参加受付



2012/10/17 【東北整備局仙台河川国道事務所】
前浜地区外跨道橋(歌津・本吉、気仙沼・唐桑南間7橋)の詳細設計業務を公示
参加表明は10月22日まで


2012/10/17 【仙台市役所】
2013年度予算編成方針・復興再生に重点配分


2012/10/17 【気仙沼市役所】
防災集団移転促進事業(小々汐地区外14地区)の調査設計を公告
参加申請は25日まで



2012/10/17 【気仙沼市役所】
気仙沼市・被災市街地の土地利用計画策定を公告
25日まで参加受付


2012/10/17 【仙台市】
企業立地促進助成制度を拡充・復興特区制度と連携

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/16 【東北整備局仙台河川国道事務所】
歌津本吉道路・小泉卯名沢地区外跨道橋詳細設計を公示
参加表明は10月22日まで



2012/10/16 【石巻市役所】
市立病院の再建へ10月中にも設計業務を公告
臨時議会で事業費確保



2012/10/16 【三陸南沿岸・石巻海岸地区環境等検討懇談会】
第3回環境等検討懇を開催・環境配慮の整備案を承認

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/16 【国土交通省】
仙台塩釜港統合を閣議決定 ・ 効率的な港湾整備へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/15 【女川町役場】
被災した上水道施設の復旧へ詳細設計委託
管渠1・6万m、ポンプ場6ヵ所、配水池5ヵ所が対象
新日本設計に決まる


2012/10/15 【東松島市役所】
矢本第二中学校の屋体建替を3件分離で公告
25日まで申請受付



2012/10/15 【栗原市役所】
災害公営住宅(若柳、栗駒、高清水)の実施設計・測量など4件を委託
ゼン企画らに決まる



2012/10/15 【宮城県庁】
白浜地区海岸復旧など11件を公告
29日まで参加受付



2012/10/15 【宮城県庁】
山元町新山下駅周辺地区第1期災害公営住宅新築を公告
建築、設備に分け来月1日開札


2012/10/15 【東北建設産業専門団体東北地区連合会宮城支部】
建専連宮城・仙台市と意見交換
無理のない工期設定を

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/12 【都市再生機構】
CM活用の女川町震災復興一体的業務
契約相手方を鹿島・オオバJVに決定
早期整備エリアの契約金額は70億3500万円

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/10/12 【東北整備局北上川下流河川事務所】
北上川下流・釜谷水門の改築設計プロポを委託
東京コンサルタンツに決定

※契約金額、予定価格は本紙宮城面を参照。


2012/10/12 【仙台市】
第180回都市計画審議会を開催
被災市街地復興地域指定を承認
蒲生北部地区約108ha

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/12 【シーカーズプランニング】
震災後の宮城県内住宅市場レポートまとまる
震災に起因・7万戸以上の住宅ニーズが上乗せ

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/11 【石巻市役所】
水産加工施設整備の事業者公募を開始
11月5日まで応募受付


2012/10/11 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼2地区の運土計画等検討業務を公示
参加表明は16日まで



2012/10/11 【女川町役場】
整備計画の公募プロポ2件に計3者からの申請を受付


2012/10/11 【宮城県】
2011年度市町村決算・災害復旧費が49倍に

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/11 【仙台市】
津波避難施設整備の整備に関する検討委員会が
避難シミュレーションを提示
既存施設、市有地活用も検討

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/11 【仙台市】
県道塩釜亘理線・嵩上げ道路の測量に着手

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/11 【仙台市】
災害時の燃料供給で設備情報を事前共有
石油連盟と覚書を締結

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/10 【山元町役場】
新イチゴ団地のハウス建築
参加申請は11日まで


2012/10/10 【東北整備局仙台河川国道事務所】
気仙沼唐桑道路、歌津本吉道路の橋梁詳細設計業務2件を公示
伊里前174mなど5橋・参加表明は10月16日まで


2012/10/10 【石巻市役所】
被災3校(湊中、湊小、渡波小)の復旧設計を公告
参加申請は18日まで


2012/10/10 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町中心部概略換地設計などを委託
福岡都市技術らが落札

※入札者、落札金額、工事概要は本紙一面を参照。


2012/10/10 【仙台市役所】
復興住宅3団地(荒井東・田子西・鹿野)設備4件の入札結果
金華工業商会ら4社に決定

※応札者、落札金額、評価値、予定価格は本紙一面を参照。


2012/10/10 【宮城県】
盛土材、砂、生コンなど資材安定供給計画策定へ
需給量と効率的な調達方法を調査

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/10 【宮城県】
復興JV運用から半年・県外業者の登録急増

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/09 【東北防衛局】
霞目庁舎建替設計など4件を公告
参加受付は22日まで



2012/10/09 【東松島市役所】
小野駅前北の災害公営住宅建設へ10月中にも設計施工プロポ実施
戸建・集合で計23戸対象、市全体では1010戸供給へ


2012/10/09 【東北整備局塩釜港湾・空港】
石巻港出張所外新築工事・工事内容を追加し再公告
15日まで受付


2012/10/09 【宮城県】
石巻ブロック廃棄物処理・1482億円に変更

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/06 【宮城県庁】
早川東海岸ほか災害復旧を公告
22日まで参加受付


2012/10/05 【東北地方整備局契約課】

WTO適用・北上川下流月浜地区築堤2件の入札結果
ハザマ、竹中土木が落札

※入札参加者、入札経緯、落札金額、評価値は本紙一面を参照。



北上川下流長面地区築堤3件の入札結果
熊谷組、日本国土、ハザマが落札

※入札参加者、入札経緯、落札金額、評価値は本紙一面を参照。


2012/10/05 【石巻市役所、都市再生機構】
復興まちづくりの覚書交換・面整備でも事業実施に協力



2012/10/05 【宮城県】
遠隔地からの調達で資材の設計変更可能に

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/04 【東北整備局仙台河川国道事務所】
歌津本吉道路の橋梁詳細設計業務2件を公示
津谷川橋189mなど5橋
参加表明は10月9日まで


2012/10/04 【多賀城市役所】
津波復興拠点整備事業の基礎調査検討業務を公示
公募型プロポ・5日まで参加受付


2012/10/04 【大崎市役所】
古川東中学校の建替工事(校舎、屋体・プール棟など7件)を公告


2012/10/04 【石巻市役所】
契約時点の設計単価変更・10月以降発注工事から適用


2012/10/04 【宮城県】
県道構造基準を条例化・2013年4月施行へ
津波避難路を拡幅  ・ 1.5車線化も可能に

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/03 【宮城県気仙沼土木事務所】
復興交付金による道路整備・各路線とも年度内に詳細設計へ
気仙沼市東舞根には約340mのトンネル新設

※記事・図版は「きょうの建設情報」を参照。

2012/10/03 【亘理町役場】
防災集団移転先の造成工事・今年度末にも発注へ



2012/10/03 【東北農政局】
名取川特定災害復旧・排水機場3件(寺野・相の釜・藤曽根)を公告
参加申請は19日まで


2012/10/03 【宮城県】
10月中旬から県外調達
資材不足対策を公表

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/02 【七ヶ浜町役場】
花渕浜笹山地区の宅地整備・2013年1月にも造成工事に着手へ
防集移転先7地区のうちの初弾


2012/10/02 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町離半島部高台移転計画策定その2を委託
大日本コンJVに決定

※契約金額は本紙一面を参照。


2012/10/02 【宮城県庁】

復旧復興事業の進捗状況・堤防本復旧は年度内発注へ



入札制度改正・復興JVの適用範囲拡大
監理技術者の要件緩和も

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/02 【女川町】
復興まちづくりの事業着工式を開催

女川町は9月29日、JR女川町駅跡地で復興まちづくりの事業着工式を開催した。9月に町内3つの土地区画整理事業の認可を受け、本格的なまちづくりに着手していく。
式典には須田義明女川町長や上西郁夫UR都市機構理事長のほか、平野達男復興大臣、安住淳財務大臣も出席。須田町長が「宮城県下でも2番目に早い復興計画の立案を成し遂げ、いよいよ本格的な復興事業の入り口に立った。将来の世代に引き継げるふるさとを実現していかなければならない」と述べた。
その後、本格スタートの記念に関係者により鍬(くわ)入れが行われ、事業着手を祝った。
同町は今年3月にURとのパートナーシップ協定、7月に復興まちづくり事業協定を締結した。町中心部約226f、離半島部15ヵ所約30fを整備する。9月10日には、先行して整備を行う荒立地区と陸上競技場跡地の造成や水産加工団地の嵩上げ事業が認定された。
町はCMを活用した調査・測量、設計、施工を一体的に行う新たな手法を活用した整備を目指している。町から受託したURはCM事業者を選定しているほか、事業認定された荒立地区と陸上競技場跡地の概略換地設計や権利調査などを行う事業者を公募中だ。開札は今月5日に行う。
また、中心部の商業エリアと宮ヶ瀬地区の整備計画についてはプロポーザル方式で公募中で、離半島部の高台移転計画の策定業務は9月14日に大日本コンサルタント・協和コンサルタンツJVに決定している。

                     
  
                         (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/10/02 【仙台市】
購入・輸送費を設計変更で対応
遠隔地からの資材調達

※建設ニュース面に掲載。


2012/10/01 【仙台市役所】

被災宅地の復旧設計3件を委託
1049宅地、計21地区
パシコンら3者に決まる

※契約金額は本紙宮城面を参照。



田子西・鹿野復興住宅の電気設備を17日に指名競争で入札


2012/10/01 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
塩釜市の災害公営住宅建設・実施案と施工一括で公告



2012/10/01 【登米市役所】
災害公営住宅の建設へ年内に設計など発注


2012/09/28 【宮城県東部土木事務所】
復興交付金の道路事業・管内19路線で設計進む
集団移転先のアクセス道やトンネル2本設置など検討


2012/09/28 【東北整備局北上川下流河川事務所】
北上川下流釜谷築堤工3件(上・中・下流)を一括審査で公告
10月12日まで参加受付


2012/09/28 【塩釜市役所】
大震災モニュメントの制作設置を公示
10月25日まで提案受付



2012/09/27 【女川町役場】
商業エリアと水産業基盤の整備計画作成へ公募プロポ2件の手続き開始
10月9日まで申請受付


2012/09/26 【岩沼市役所】
自然共生・国際医療産業都市基本構想プロポの委託先を特定
88ha余に医療関連産業などを集積
三菱総合研究所に決まる

※契約予定価格は本紙一面を参照。


2012/09/26 【亘理町役場】
亘理・吉田地区の災害公営住宅用地測量を委託
光洋測量設計らに委託


2012/09/26 【仙台市】
復興住宅公募買取に不動産・建設業者が関心
きょうまで説明会

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/25 【東北整備局北上川下流河川事務所】
旧北上川左岸と右岸の拡大C護岸工3件を公告
10月9日まで受付


2012/09/24 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼2地区のまちづくり計画を委託
住宅地や災害公営、まちなみ・景観など検討
大日本コンJVに決定


2012/09/24 【東北整備局仙台河川国道事務所】
阿武隈川と名取川の堤防災害復旧5件を公告
拡大C、一括審査入札方式を試行導入
申請受付は10月1日まで


2012/09/24 【東北整備局北上川下流河川事務所】
鳴瀬川中下地区の築堤2件を公告
B・C対象一括審査 10月5日まで受付


2012/09/24 【鹿島】
災害廃棄物運搬車両の空間線量率を高速計測
石巻ブロックに導入

鹿島(中村満義社長)は災害廃棄物処理現場から搬出するダンプトラックやコンテナ車の空間線量率を自動計測してデータを管理する「空間線量率高速計測システム」を開発し、石巻ブロック災害廃棄物処理業務に導入した。
一般的に使用されている計測器「Nalシンチレーション方式サーベイメータ(1インチ)」は空間線量率を精度良く計測できるものの、低い線量では90秒後に計測を開始するため、計測時間の短縮が課題となっていた。
今回導入した「Cslシンチレーション方式サーベイメータ(2インチ)」は計測値が前者と差がない上、約10秒で計測できる。このためトラックスケールで重量を計測する30秒間に空間線量率も計測することが可能になった。
計測器はトラックスケールのダンプトラックレーンに2台、コンテナ車レーンに6台を設置。車両がトラックスケールに進入し停車したところで計測を開始する。計測値が安定するまでの5秒間のデータは採用せず、その後の10秒間の平均値を採用する。計測データはパソコンに送信し、搬出物の種類、重量データとともに一括して管理する。
同社では「システムの導入により、作業の省力化と作業効率の向上を実現できた」とし、復興現場での適用拡大を検討していく。

                     
  
               ※廃棄物を積んだコンテナ車を自動計測。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/09/21 【松島町役場】
漁業集落など防災整備の調査設計プロポを公示
3漁港3地区対象に地盤嵩上げや道路整備など
参加申請は26日まで


2012/09/21 【東北整備局北上川下流河川事務所】

鳴瀬川の築堤工事2件(背割堤・樋場2工区)を公告
拡大Cで復興JV適用 10月4日まで受付


旧北上川左岸の護岸工4件(川口・湊・不動沢上・不動沢下)を公告
拡大C等級で一括審査を初導入・参加申請は10月4日まで



2012/09/21 【石巻市漁業協同組合】
石巻市漁協「製氷貯氷施設」の再建へゼネコン数社を指名
RC造5階建、約3320uで計画

※記事は「きょうの建設情報」を参照。

2012/09/21 【キャタピラージャパン】
主催TM優勝の全美貞選手が宮城県に副賞のミニショベルを寄贈

建設機械メーカーのキャタピラージャパン(東京都世田谷区 竹内紀行社長)が主催する女子プロゴルフトーナメント「CATLadies2012」で優勝した全美貞選手が18日、優勝副賞のミニ油圧ショベルを宮城県に寄贈した。
寄贈したのは同社のCat303。5DCRミニ油圧ショベル。県庁で行われた寄贈式では、全美貞選手より村井嘉浩宮城県知事に目録とゴールデンキーが手渡された。同製品は今後、津波により保有機を喪失した名取市の宮城県農業高等学校に送られ、農業教育の現場で役立てられる。
竹内社長は「全美貞選手の思いやりあふれる心遣いに惜しみない賛辞を送りたい。また、このような形でわが社の製品が被災地に役立てられることを非常にうれしく思う」と話している。

                     
                 ※左から白石喜久夫宮城県農業高校校長、村井知事、
                   全選手、キャタピラー東北富田裕志会長。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。

2012/09/21 【仙台市】
業務で震災特例一部廃止 ・ 26日から適用

※建設ニュース面に掲載。

2012/09/20 【宮城県庁】
仙台港国際ビジネスサポートセンター「アクセル」の復旧設計を委託
SRC一部S5F約1万2000uを改修
SUN総合に決まる

※落札価格、調査基準価格は本紙宮城面を参照。


2012/09/20 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
南三陸町志津川地区低地部の土地利活用検討を公示
参加表明は26日まで



2012/09/20 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台湾南部海岸中浜工区坂元地区北第5復旧工事の入札結果
阿部春建設が落札

※落札価格、加算点、評価値、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/09/20 【宮城県】
地域防災計画を見直し・津波対策のまちづくり明記へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/20 【仙台市役所】
幸町住宅3−1棟改築・設備3件の入札結果
塚田電気、本山振興らに決定

※落札価格、予定価格、指名業者は本紙宮城面を参照。


2012/09/20 【宮城県】
石巻東部浄化Cが本格復旧
純酸素生物処理が開始

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の下水処理施設・石巻東部浄化センターが本格復旧し、18日、現地で下水処理開始式が行われた。
式典には関係者30人が出席。初めに三浦秀一宮城県副知事が「石巻東部浄化センターは津波によりすべての下水処理機能が失われ、市街地ではマンホールから汚水があふれるなどの被害が発生した。その後、県は段階的に水質改善を行い、本日、本格的な生物処理が開始できることになった。早期に完全復旧すべくこれからも全力で取り組んでいくので、引き続きの協力をお願いしたい」とあいさつした。
その後、三浦副知事や復興庁の郡和子政務官、国土交通省水管理・国土保全局の高島英二郎流域管理官らが生物処理施設の下水をくみ上げるスイッチを押し(=写真)、施設の本格的な運転が始まった。
同センターは、石巻市の一部と女川町の約4万人分の汚水を処理していたが、昨年3月11日の津波で機能が停止。県は仮設設備を設置するなどして、簡易的な沈殿、生物処理、消毒などの下水処理を行ってきた。
今回、水処理施設3系列のうちの第1系列と汚泥処理施設が復旧し、震災前と同じ本格的な微生物(純酸素生物)処理が可能となった。
今後、現在復旧工事を行っている第3系列を来年3月を目標に、第2系列も2014年4月には稼働させる予定だ。

                     
    
                       (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/09/19 【東北農政局仙台東土地改良建設事業所】
仙台東災害復旧関連の区画整理設計8件・計2162f分を公示
参加表明は27日まで



2012/09/19 【美里町役場】
災害公営住宅の建築設計・地質調査を委託
W造40戸、造成・建設の工事発注予定
久慈設計、応用地質に決定



2012/09/19 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
南三陸町志津川地区復興計画と女川町離半島部高台移転計画を委託
玉野総合コンと大日本コンJVに決定



2012/09/19 【宮城県】
宮城県の災害廃棄物処理・南三陸処理区で焼却開始
1日最大300tを処理

宮城県が行う災害廃棄物処理業務のうち気仙沼ブロック南三陸処理区で焼却施設3基、バイオマス施設1基が完成し15日、焼却処理が始まった。今後、約400人が作業に当たり、1日最大約300dを処理。来年8月の完了を目指す。
南三陸処理区は219億5、130万円で清水建設・フジタ・鴻池組・東亜建設工業・青木あすなろ建設・銭高組・浅野工務店JVが受注した。今年3月に契約し、5月に着工、2014年3月25日までに農地に復旧させる。
町内で発生した災害廃棄物は津波堆積物を含めて49万d。このうち18万dを町が独自に処理し、同処理区では31万dを処理する。効率的に処理するため、処理能力95dの堅型ストーカ炉3基と15dのバイオマス発電施設を整備した。
業務にはこのほか、36棟のRC造建物解体が含まれている。これまでに33棟が完了し、残る3棟を年内に終わらせる。
南三陸町戸倉地区の敷地内で行われた火入れ式には関係者約80人が出席。本木隆県環境生活部長、佐藤仁南三陸町長、柿谷達雄清水建設副社長、遠藤一正JV事務所所長がスイッチを押し、正面モニターに点火した施設内部が映し出されると、会場から拍手がわき起こった。
本木県環境生活部長は本格処理開始を祝った上で、「来年夏までに相当の量を処理しなければならない。タイトな工程で課題も出るだろうが、一つ一つ解決し安全・無事故で進めてほしい」とJVに要請。佐藤町長は関係者に謝辞を述べ、「復興への道は緒についたばかりだが、町民と手を携え頑張っていきたい」と述べた。
これを受けて柿谷清水建設副社長は「安全、環境、交通に配慮し無事故・無災害で処理を進めたい」と安全作業を誓った。また、遠藤JV事務所所長は「早く町内のがれきを処理し、次の復興に入れる環境をつくりたい」と話していた。
県の災害廃棄物処理は気仙沼処理区を除くすべての処理区で焼却処理に着手した。気仙沼処理区は年内に火入れを行う予定。

          
    
                       (クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/09/19 【東北整備局仙台河川国道事務所】
旧橋撤去2件(歌津大橋ほかと小泉大橋)を公告
参加申請は9月25日まで



2012/09/18 【仙台市役所】
復興住宅の公募買取事業・1380戸が対象
12月末に公募開始・24から26日に説明会

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/09/18 【多賀城市役所】
津波浸水区域から内陸部への避難路・都計道2路線の整備へ予備設計委託
橋梁3基で計585m含む総延長2055mの建設など
復建技術、玉野総合に決まる


2012/09/18 【七ヶ浜町役場】
2012年度9月補正予算を公表・113億余を追加


2012/09/18 【石巻市役所】
新蛇田住宅団地造成準備工を公告
参加受付は28日まで


2012/09/18 【仙台建設業協会】
復興事業の安全対策など議論仙台労基署と意見交換
労務・安全委、安全指導員

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/15 【東松島市役所】
防災集団移転先(矢本西地区と小野地区)の調査設計を委託
国際開発コンサルらに決まる


2012/09/14 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町中心部の概略換地設計などを公示
復興区画整理の換地初弾
簡易公募型3件を公告、19日まで参加表明

2012/09/14 【宮城県庁】

農業高、気仙沼向洋高の発注支援業務
県建設Cに委託


農地海岸など災害復旧4件の開札状況
奥田建設らが応札


2012/09/13 【東北整備局北上川下流河川事務所】
北上川下流月浜防潮水門改築の予備・詳細設計を委託
東京コンサルに決まる


2012/09/13 【宮城県】
復興進捗状況を更新・林道施設復旧が68ポイント増

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/12 【宮城県庁】

松島自然の家の移転新築・早期再建へ懇話会設置
東松島市内で移転候補地を絞り込み



盛土材連絡調整会議を設置 ・ 公的土取場確保へ指針案
公社所有地の活用検討

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/12 【多賀城市役所】
津波防御の第3堤・八幡通り防災公園の整備計画
延長約1qを約1.5から2m嵩上げ
玉野総合コンで詳細設計


2012/09/12 【東松島市役所】
防災集団移転先(矢本西地区と小野地区)の調査設計を委託
国際開発コンサルらに決まる


2012/09/12 【女川町役場】
女川町の第3回復興整備協議会・中心部の防集8団地など決定


2012/09/11 【宮城県庁】
災害公営住宅2団地の基本・実施案を委託
桂設計に決定


2012/09/11 【気仙沼市】
気仙沼市の第3回復興整備協議会・2地区の区画整理など決まる


2012/09/11 【名取市役所】
名取市の第2回復興整備協議会・下増田地区の防集を決定


2012/09/11 【南三陸町役場】
第4回南三陸町復興整備協議会・5団地の防集に178億円


2012/09/11 【東北地方整備局】
三陸道矢本石巻道路石巻北ICが着工
女川方面へのアクセス向上

三陸沿岸道路・矢本石巻道路の新たな玄関口となる石巻北インターチェンジ(IC)の着工式が9日、宮城県石巻市蛇田地内の現地で行われた。
当日は、徳山日出男東北地方整備局長、村井嘉浩宮城県知事や亀山絋石巻市長など約40人が出席。初めに村井知事が「東日本大震災では高速幹線道路が命の道とされた中で、石巻北ICは非常に重要な役割を果たすものとなる。今後の被災地の早期復興に向け、大きな弾みになると期待している」とあいさつし、着工を祝った。
続いて徳山局長が「このICの完成により、三陸道と国道398号が結ばれて女川町へのアクセスが向上し、さらに震災時に地域の医療を支えた石巻赤十字病院と三陸道が直結し、広域的な医療体制に極めて大きな効果が発揮される。三陸道の一日も早い完成に向け、最大限努力したい」と意気込みを述べた。
矢本石巻道路は、三陸道のうち鳴瀬奥松島ICから桃生豊里ICまでの26・5`bで、2011年度から全線4車線化が進められている。今回新たに設置される石巻北ICは、石巻河南ICと河北ICの中間地点に設置される。事業費は約20億円。
これに併せ、県は同ICと国道398号を結ぶ道路「石巻北インター線」(片側2車線、延長約340b)を整備する。現状は水田となっており、今年の収穫後に事業着手できるよう、近く施工業者を決める予定だ。両事業とも完成時期は未定となっている。
また、同ICは東日本大震災で多くの命を救ったことで知られる石巻赤十字病院に隣接し、患者の利便性・緊急搬入の輸送性が向上する。同病院の金田巖院長は「病院の新棟は3年後に建てるので、石巻北ICが完成すれば、石巻のみならず登米、気仙沼医療圏の患者を引き受けることができる」と同ICの完成に期待を寄せた。

                     
    
                ※関係者一同で鍬入れ。(クリックで拡大
※建設ニュース面に掲載。


2012/09/11 【仙台市】
海岸公園復旧で方向性 ・ 防災機能充実させ再整備


※建設ニュース面に掲載。


2012/09/10 【大崎市役所】
災害公営住宅などの設計を公告
鹿島台地区に80戸、計延べ約6000u
24日まで入札書を受付


2012/09/10 【山元町役場】

産振農復請・新イチゴ団地造成工事の入札結果
今野建設らが落札



ハウス工事参加の追加登録を21日まで受付


2012/09/07 【東北地方整備局契約課】
仙台湾南部海岸中浜工区・WTO復旧工事3件の入札結果
戸田建設と清水建設が落札


2012/09/07 【女川町役場】
2012年度・9月補正予算まとまる・一般会計は163億余追加


2012/09/07 【宮城県都市計画審議会】
震災復旧関連の4議案を審議
仙塩広域都市計画道路の追加・変更など


2012/09/07 【宮城県庁】
仙台港国際ビジサポセン「アクセル」の復旧設計は低入札で保留に


2012/09/07 【松島町役場】
役場庁舎の災害復旧設計を委託
マド建築綜合設計に決まる


2012/09/07 【石巻市役所】
倒壊家屋・事業所等解体撤去業務の解体業者を追加募集
10日から14日まで受付


2012/09/06 【松島町役場】
3漁港(名籠、古浦、銭神)の復旧設計を委託
物揚場や防波堤など年度内に工事発注へ
日本海洋コン、日本工営に委託


2012/09/06 【宮城県庁】
女川湾口防波堤・災害復旧2件の入札結果
東洋建設、五洋建設に決定

※落札価格、調査基準価格、入札者、評価点などは、本紙宮城面を参照。


2012/09/06 【仙台労働基準監督署】
復旧・復興で労働問題が増加
労働条件明示など指導へ

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/06 【亘理町役場】
町道五十刈線の調査設計業務を委託
オオバに決まる


2012/09/05 【石巻市役所】
2012年度・9月補正案を公表・一般会計に320億追加
市街地開発特別会計を新設


2012/09/05 【東松島市役所】
2012年度・9月補正予算案を公表
一般会計に300億余追加


2012/09/05 【仙台市】
仙台市南蒲生浄化センター水処理施設復旧が着工
施工はフジタJV

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた仙台市の南蒲生浄化センターの水処理施設復旧工事が着工を迎え3日、現地で安全祈願祭、起工式が行われた。復旧事業は日本下水道事業団に委託し、設計は日本上下水道設計、施工はフジタ・鴻池組・丸本組・後藤工業・皆成建設JVが担当。津波対策を施し、環境に配慮した未来志向型の下水処理場へ、2015年度末の完成を目指して本格的な復旧工事がスタートした。
仙台市宮城野区蒲生地内の南蒲生浄化センターは、東日本大震災の津波で主要な土木・建築構造物が破壊され、機械・電気設備が冠水・流失するなどの被害を受けた。
今回着工したのは同センターの災害復旧事業の一環で実施される工事のうち、既存構造物の解体・撤去工事を除く新設部分となる水処理施設の土木・建築工事。主要構造物最初沈殿池、反応タンク、最終沈殿池、ポンプ・送風機棟、最終沈殿池電気室、塩素滅菌棟。最初沈殿池と最終沈殿池を2階槽、生物反応槽を深槽にし、施設全体のかさ上げ、施設の周りの盛土などで津波対策を図る。設計で採用した津波高は今回の震災と同様の約10bを基準にした。また、電力が失われた場合でも自然流下による放流が可能となる機能を維持するほか、小水力発電や太陽光発電を備え、環境負荷の低減を図る。
安全祈願祭では日本下水道事業団の中沢均東北総合事務所長、仙台市の吉川誠一建設局長のほか、フジタの上田卓司代表取締役社長、鴻池組の蔦田守弘代表取締役社長、丸本組の須田輝夫代表取締役社長、後藤工業の後藤栄一代表取締役、皆成建設の南達哉代表取締役などが玉ぐしを奉てん。
施工者を代表し、フジタの上田社長が「例のない大きな工事で身の引き締まる思い。高い品質、高い性能であることはもちろん、工期内に無事故無災害で完成させる」と意気込みを語った。
また、起工式では冒頭、奥山恵美子仙台市長が「日本中の下水道施設にとって津波災害対策のモデルとなるよう、一日も早い完成へしっかりと事業に取り組んでいきたい」とあいさつ。国土交通省水管理・国土保全局の岡久宏史下水道部長、復旧方針検討委員会の委員長を務めた東北大学大学院工学研究科の大村達夫教授など来賓が祝辞を述べたのに続き、日本下水道事業団の谷戸善彦理事長が「世界のモデルとなる未来型の水処理施設建設を目指し、完成へ向けて万全を期して取り組む」と決意を語った。
この後、奥山市長をはじめとする関係者が一斉に鍬(くわ)入れを行い、着工を祝った。

                     
    
                ※関係者が一斉に鍬入れ。(クリックで拡大


2012/09/04 【情報通信研究機構】
耐災害研究C建設へ敷地調査
参加申請は19日まで


2012/09/04 【宮城県】
復興住宅整備推進会議・住宅整備の近況を報告

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/04 【塩釜市役所】
復興交付金の第3回配分・水産加工業支援に約22億円


2012/09/03 【仙台市役所】
蒲生北部区画整理事業の計画案作成を委託
約92.5f対象に復興再整備・13年中の事業認可へ
約1.6億でパスコに委託


2012/09/03 【気仙沼市役所】
魚市場再建の基本計画まとまる
9月内にも設計公告へ


2012/09/03 【山和建設】
宮城県石巻市で清掃活動・瓦礫処理完了に感謝

山和建設(小国町 小山和夫社長)は8月26日、宮城県石巻市網地島でボランティアによる清掃活動を行った。
同社は、石巻市から災害廃棄物処理業務委託を請けており、昨年9月から網地島で瓦礫処理業務を行っている。
当日は、本社および仙台営業所から社員15人が参加。冒頭、佐藤一廣専務が「約1年間、網地島での東日本大震災による瓦礫処理業務が無事に遂行できたのは、島民の支えがあったから。感謝の意を込めて清掃活動を行ってほしい」とあいさつした。
白浜海岸と一般県道網地島線約5q区間を対象に、朝の6時から約3時間かけてゴミ拾いを行い、津波で流れ着いた木くずやプラスチック類などを回収した。同海岸に訪れた漁業組合理事の奥田長雄氏と網地区長の桶谷敦氏からは「きれいにしてもらい、とても助かった」などと感謝の言葉がかけられた。
作業終了後、新野冨美雄現場代理人が「今春に行われた雷神社でのお祭りでは神輿の担ぎ手がいなかったため同社員を参加させたり、島民を作業員として積極的に雇い入れたりするなど、島民との絆が深まっている」と感慨深げに語った。

                     
   
                ※清掃活動を行う山和建設の皆さん。(クリックで拡大


2012/09/03 【宮城県東部沿岸大規模被災市町連絡会】
宮城県沿岸5市町が復興庁に要望書
復興制度の弾力的運用を

※建設ニュース面に掲載。


2012/09/01 【石巻市役所】
集団移転先23地区の測量調査・9月12日に指名競争で入札
13年度着工へ、43地区で業務着手


2012/08/31 【仙台市】
復興プロジェクトの進捗状況をまとめ公表
全プロジェクトとも概ね予定通り

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/31 【宮城県議会・宮城県商議所連・宮城県商工会連】
宮城県議会ほか復興庁へ要望書提出
持続的な施設の復旧支援を

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/30 【石巻市役所】
市立保育所の再配置計画案・6施設を移転新築
早ければ年度内にも事業着手


2012/08/30 【宮城県】
復興JV・不調多い1億円未満工事への適用拡大を検討
入札・契約適正化委で方針

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/29 【仙台市役所】
2012年度・8月現在の発注予定工事・391件を公表


※発注予定の詳細は、9月3日発行のデータDVD
         「東日本大震災 被災自治体復興事業詳細計画一覧」に収録されます。



2012/08/29 【東北農政局】
仙台東地区の復旧区画整理に向け2162f対象に縦覧開始
高砂など3地区・9月25日まで


2012/08/29 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
女川町離半島部の高台移転計画その2業務を公示
参加申請は9月4日まで


2012/08/29 【東北整備局北上川下流河川事務所】
北上川・鳴瀬川河口部堤防の災害復旧マネジメント業務を委託
先端建設技術C・建技研JVに


2012/08/28 【仙台市役所】

復興公営住宅の整備方針・供給戸数3000戸に拡大
9月末に事前説明会、12月末に公募開始へ
公募買取は1380戸



2012年度・9月補正予算案を発表
一般会計に約65億円を追加


2012/08/28 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
女川陸上競技場跡地地区の基盤整備工事を公告
9月25日まで申請書等提出


2012/08/28 【東北農政局】
名取川復旧・ポンプ設備4件を公告
参加申請は9月13日まで


2012/08/28 【大崎市役所】
災害公営住宅の事業者説明会・30日まで申込受付



2012/08/28 【塩釜市役所】
魚市場の解体工事を再公告・9月10日まで参加受付



2012/08/28 【宮城県】
石巻がれき処理費削減へ・9月議会に提出


※建設ニュース面に掲載。


2012/08/28 【キャタピラー東北】
宮城県岩沼市などに200万円寄付
〜復興技術展の収益から〜

キャタピラー東北(仙台市 近江谷浩社長)は、東日本大震災の被害を受けた被災地支援のため総額200万円の寄付金・義捐金を宮城県岩沼市と日本赤十字社に提供した。
この寄付金と義捐金は、宮城県岩沼市で6月24日から3日間開催した同社の復興の役に立つ技術やソリューションを紹介する「キャタピラー復興技術展」の収益の一部。岩沼市に寄付金100万円、市を通じ日本赤十字社に義捐金100万円を提供した。8月3日に富田祐志会長と近江谷社長が岩沼市役所を訪問し、井口経明市長に寄付金と義捐金を直接手渡した。
キャタピラーグループでは、今後も製品・サービスの提供をはじめ、さまざまな取り組みを通じ、被災地の復旧・復興を支援していく。

                     
 
                ※左から近江谷社長、井口岩沼市長、富田会長。(クリックで拡大

※建設ニュース面に掲載。



2012/08/27 【宮城県・石巻市】
石巻港から石巻漁港周辺の延長約10q・高盛土道路の予備設計進む
県施行分は長大に委託

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/08/27 【東北地方環境事務所】
南三陸金華山地区の整備基本計画作成を公示
参加表明は9月4日まで


2012/08/27 【亘理町役場】
被災した亘理町立荒浜中学校災害復旧工事(改築)の実施設計を委託
校舎RC3F約2900uほか、1階をピロティ構造
関・空間設計に決定


2012/08/27 【石巻市役所】
災害公営住宅の暫定整備方針・市街地分の5割で用地検討など


2012/08/24 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼市2地区の事業計画検討を委託
国際航業と福岡都市技術に


2012/08/24 【大崎市役所】
大崎市の災害公営住宅整備事業・150戸のうち100戸は買取方式
事業者公募へ31日に説明会、市施工分は9月末にも設計委託


2012/08/24 【宮城県庁】

石巻漁港西防波堤3区など4件の入札結果
丸本組らが落札



災害公営住宅2団地基本・実施案の開札状況
延べ33社が応札



港湾・漁港施設の震災復旧15件を開札
9件が不調、女川湾口防波堤復旧2および3は低入札に


2012/08/24 【東北整備局南三陸国道事務所】
復興道路通過位置明示・33ヵ所に標識板設置

東北地方整備局南三陸国道事務所は22日、復興道路に当たる三陸沿岸道路新規区間と、復興支援道路に当たる釜石花巻道路の中心位置を示す標識板の設置を開始した。今後、9月5日まで33ヵ所に設置する予定。
標識は、復興道路に位置付けられている三陸道・唐桑北.陸前高田間8q、吉浜.釜石間14q、釜石.山田間8qと、復興支援道路に位置付けられている釜石花巻道路・釜石.釜石西間6qの計36q間に設置する。設置場所は、インターチェンジや一般道路と交差する地点。市内など設置困難な場所は看板などで対応する。
同事務所には、復興道路の通過位置が分からないとの問い合わせが寄せられており、地域住民や道路利用者に通過する復興道路等の位置を周知するため、設置を計画した。
初日は、三陸道・吉浜〜釜石間14qのうち、釜石市唐丹町字上荒川地内の熊野川に架かる橋梁(橋長300m、幅員12m)の真下に標識板を設置した。
※建設ニュース面に掲載。

                     
                ※復興道路の看板。三陸沿岸道路(吉浜〜釜石)。(クリックで拡大


2012/08/23 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台湾南部海岸復旧(応募資格拡大・復興JV適用)第1弾の入札結果
橋本店とカキザキが落札


2012/08/23 【気仙沼市役所】
気仙沼市上水道施設の復興計画を委託
市内全域で震災踏まえた施設整備
極東技工コンサルに決まる



2012/08/23 【山元町役場】
新イチゴ団地の造成工事を公告 ・ 9月5日に入札


2012/08/23 【石巻市役所】
災害復旧工事の施工確保対策へ予定価格事前公表など実施


2012/08/22 【宮城県・仙台市】
労務・資材単価高騰に対応し契約時の単価で設計変更

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/22 【宮城県沿岸5市町】
被災市町連携会議を発足・復興政策の課題共有

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/22 【宮城県】
公立学校の耐震改修状況・全施設が全国平均超え

※建設ニュース面に掲載。


2012/08/21 【南三陸町、石巻市】
南三陸町、石巻市の復興整備協議会を開催
南三陸で8、石巻4地区の防集追加



2012/08/20 【宮城県庁】
仙台港国際ビジネスサポートセンター「アクセル」の復旧設計を公示
総事業費は約10億円、来年4月に本工事
9月3日まで参加受付



2012/08/20 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】

気仙沼市2地区の住宅地検討・参加表明は27日まで




東松島市野蒜北部丘陵地区等の業務3件を委託
国際開発コンなどに決まる




2012/08/18 【宮城県庁】
原子力センター新築の基本・実施案を委託
RC2F延べ約1300uで計画
SUN総合に決定

2012/08/17 【栗原市役所】
災害公営住宅・若柳地区敷地測量設計業務を委託
ウイルに決まる

2012/08/17 【名取市役所】
市民体育館災害復旧の入札結果
佐藤工業に決定


2012/08/17 【仙台市役所】
仙台市霊屋下復興公営住宅新築工事の設計・設備設計業務委託先を特定
RC造延べ約2600u 関・空間設計らに委託へ


2012/08/16 【亘理町役場】
浜吉田・開墾場・逢隈(3地区・復交)イチゴ栽培施設(建築5件)の入札結果
24.7億余で大仙らが落札


2012/08/16 【塩釜市役所】
塩釜市魚市場の解体工事を公告
24日まで参加受付


2012/08/16 【宮城県庁】
防災ヘリポート建設の基本計画・設計を委託
建設候補地の必要面積は概ね5fを想定
日本工営に決まる


2012/08/06 【七ヶ浜町役場】
災害公営住宅250戸の設計プロポ・受託候補者4者を決定
ノルムナル、阿部仁史、関・空間、松本純一郎

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/08/06 【仙南ハウス産業】
名取市に滞在型宿泊施設「BIGinn名取」を9月中旬に開業へ
復興工事関係者の宿泊施設不足に対応

            
            
※完成予想図。               ※八重樫社長。
                           (クリックで拡大

2012/08/04 【気仙沼市役所】
南郷地区の災害公営住宅・URに建設要請
RC造中高層で160戸を計画


2012/08/04 【石巻共冷】
石巻市・石巻共冷「冷凍倉庫再建」の施工者決まる
錢高組で着工


2012/08/04 【岩沼市役所】
県内初の防災集団移転造成・起工式を明日開催へ


2012/08/03 【仙台市役所】
復興住宅建築工事(荒井東、田子西、鹿野)3団地の入札結果
西松・奥田JVらが落札・延べ443戸を建設へ

※記事は「きょうの建設情報」を参照。



2012/08/03 【宮城県東部土木事務所登米地域事務所】
復興支援道路のみやぎ県北道・今年度は中田工区の設計進む
延長4.7q、2014年度着工へ



2012/08/03 【宮城県庁】

防災ヘリポート建設に係る基本計画・設計の入札は低入札で保留


石巻市大川の農地排水に着手・農地復旧工事は来年10月


2012/08/02 【武山興業(石巻市)】
仮設団地の健康増進にゲートボール場を寄贈

                     
   
              ※佐藤自治会長(右)から感謝状を受け取る武山専務(中央)。(クリックで拡大


2012/08/01 【都市再生機構】
東松島市野蒜北部丘陵の復興事業・公募型プロポを公示
CM活用の設計・施工一体的業務の第2弾・14日まで参加表明

※記事は「きょうの建設情報」を参照。

2012/08/01 【仙台市役所】

防災対応型太陽光発電の設計・施工事業者を募集
市有建築物16施設に導入へ6日に説明会を開催


復興公営住宅の実施設計を昴設計ほか2者に委託へ
荒井東の第2期など3団地、延べ155戸が対象


集団移転先4地区の基本設計業務3件を8日に入札へ


2012/07/31 【石巻市役所】
石巻市の復興整備協議会・第3回復興整備計画を承認
泊浜地区の太陽光発電誘致や新渡波地区の土地区画を追加


2012/07/31 【東松島市役所】
復興整備協議会が7団地計60万uの防集を承認
総事業費は170億円


2012/07/31 【南三陸町役場】
南三陸町の復興整備協議会・志津川市街地の拠点事業を承認
公立志津川病院は2015年度の開院めざす


2012/07/30 【宮城県庁】

石巻市の災害公営住宅2件の設計を公告
吉野町住宅160戸、黄金浜住宅62戸で計画
8月20日まで参加受付


女川湾口防波堤など4件を公告・参加受付は8月20日まで


2012/07/30 【仙台市役所】
復興公営3住宅の設計プロポに延べ13者が提案書提出


2012/07/27 【七ヶ浜町役場】
災害公営住宅の設計プロポ・W造4者とRC造6者が2次審査へ


2012/07/27 【宮城県庁】

山元町新坂元駅周辺の災害住宅1期・構建築設計が最低札



気仙沼向洋高の仮設校舎ほか建築の開札状況
小野良組が応札


2012/07/26 【女川町役場】
公募プロポ・復興整備事業のコーディネート業務委託先を特定
千代田コンサルJVに決まる


2012/07/26 【丸森町役場】
丸森町放射線量低減対策事前調査業務・最優秀案を特定
アジア航測に決まる


2012/07/26 【宮城県庁】
代ヶ崎清水・東側防波堤ほか災害復旧の入札結果
武山・岩倉復興JVに決定


2012/07/25 【仙台市役所】

塩釜亘理線の嵩上げ道路と東部復興道路の予備設計を委託
復建技術、三善測量に



集団移転先(七郷・石場、六郷、南福室)の用地調査を委託
ウジイエ、高和建設コンが落札


2012/07/25 【岡部(東京都墨田区)】
Pコン・フォームタイキャンペーン
売上の一部を義捐金に


                     
     
              ※正木次長に目録を手渡す阿部支店長(左)。(クリックで拡大

※建設ニュース面に掲載。



2012/07/24 【日本下水道事業団東日本本部】
仙台市南蒲生浄化センター復旧建設その9
最初・最終沈殿池、反応タンクなど主要水処理施設の土木・建築工事
168.5億でフジタJVが落札

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/24 【岩沼市役所】
県内で初の防災集団移転関連工事・玉浦西地区造成の入札結果
約20万u・春山建設JVらが落札

※落札金額、入札者は本紙宮城面を参照。


2012/07/23 【丸協】
石巻市魚町・丸協「工場と凍結・冷蔵施設復興工事」の施工者決まる
2棟で延べ7000u、災害対応施設で計画

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/23 【都市再生機構】
CM活用・女川町復興事業の公募プロポを公示
25日に業務説明会


2012/07/23 【東北地方整備局契約課】
WTO適用一括審査総合評価の初弾・北上川下流の築堤工事3件を公告
30日まで申請受付



2012/07/23 【東松島市役所】
防災集団移転先・新規造成宅地(東矢本と宮戸)の調査設計を委託
計約30haが対象・国際開発コンと東日本総合計画に決まる

※落札金額、入札参加者、予定価格は本紙宮城面を参照。


2012/07/23 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台湾南部海岸中浜工区坂元地区北第5復旧工事を公告
復興JV適用 参加申請は8月3日まで


2012/07/23 【女川町役場】
2012年度6月補正予算・一般会計に68億余を追加

※詳細は本紙宮城面、予算欄に掲載。


2012/07/23 【宮城県庁】
被災2校の再建スケジュール・2013年度で基本実施案


2012/07/21 【山元町役場】
新イチゴ団地の造成工事・8月下旬に公告へ


2012/07/20 【都市再生機構】
女川町復興の大規模土工事にCM方式を初導入へ
集団移転、水産加工団地、区画整理などが対象

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/20 【都市再生機構・女川町役場】
復興まちづくりの基盤整備へ事業協定に調印


2012/07/20 【山元町役場】
坂元地区の災害公営住宅・8月にも造成工事発注へ


2012/07/19 【宮城県庁】
新山下駅周辺の第2期災害公営住宅新築の設計を委託
鈴木弘人設計に決まる・延べ約3200u、年度内の着工へ


2012/07/19 【南三陸町役場】

木質バイオマスエネルギーに係る実証調査業務を委託
アミタ持続可能経済研に決まる


公募プロポ・南三陸町災害検証等支援業務の委託先を特定
パスコに決まる・近く契約


2012/07/18 【宮城県庁】
防災ヘリポートの整備へ2012年度で候補地選定
2014年度の着工へ来年度で施設設計など


2012/07/18 【仙台市役所】

蒲生北部地区の再整備は土地区画整理で実施へ


原町東部1215ha対象に雨水排水検討
調整池の新設などの対策、来年度から順次着工へ
東京設計事務所に委託

※記事は「きょうの建設情報」を参照。



復興公営3住宅の設計プロポ・延べ13者が参加表明



2012/07/18 【石巻市役所】
集団移転先7地区の調査測量業務2件を委託
国土防災技術らに決まる

※各業務の契約金額、予定価格、最低制限価格、入札者などは本紙宮城面を参照。


2012/07/18 【東北農政局】
亘理・山元農地の海岸堤防復旧3件
青木あすなろなどが落札

※各工事の落札金額と評価値、入札者などは本紙一面を参照。


2012/07/13 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼市と東松島市が対象に事業計画検討など5件を公告


2012/07/13 【塩釜魚市場水産加工業協同組合】
塩釜市「市場前冷蔵倉庫」の建設へ設計委託
横河設計で実施案


2012/07/13 【東北整備局仙台河川国道事務所】
岩沼国道維持出張所の庁舎新築工事
申請受付は7月23日まで



2012/07/13 【宮城県庁】
第2回橋梁設計検討委を開催し橋梁の主構造を検討


2012/07/13 【女川町役場】
女川町離半島部復興マスタープラン検討業務の委託先を特定
大日本コンサルJVに決まる


2012/07/13 【都市再生機構宮城・福島震災復興支援局】
気仙沼市と東松島市が対象に事業計画検討など5件を公告


2012/07/12 【気仙沼市役所】
被災した漁村集落の再建方針策定を委託
対象は市内全38漁港の背後集落
漁港漁場漁村技術研に決まる


2012/07/12 【東北地方整備局契約課】
仙台航空基地庁舎の電気設備工事を公告
申請受付は23日まで



2012/07/12 【東北農政局】
農業基盤復旧復興整備・大堀排水機場の計画策定を委託
三祐コンサルに決まる



2012/07/12 【涌谷町役場】
災害公営住宅の設計プロポ2件を公示
参加受付は18日まで



2012/07/12 【名取市役所】
主任技術者の要件緩和・5km圏以内なら兼務可能に



2012/07/11 【仙台市役所】

集団移転先4地区の用地調査業務3件を24日に入札
七郷など4地区の測量面積は計16.2ha




塩釜亘理線のかさ上げ道路・東部復興道路の予備設計委託へ指名競争
高さ6m、延長10qで計画・2件に分割し24日に入札




集団移転先3地区の用地調査を委託・18.4fに移転264戸
来年度から造成着手へ・GIS東北らに決まる



2012/07/11 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台湾南部海岸深沼南工区第1復旧工事を公告
復興JV適用 参加申請は7月27日まで


2012/07/11 【東北整備局塩釜港湾・空港整備事務所】
仙台空港C誘導路とアクセス鉄道の地盤改良を公告
申請受付は7月18、19日まで


2012/07/11 【情報通信研究機構】
耐災害ICT研究向け模様替工事を公告
参加申請は25日まで


2012/07/10 【亘理町役場】
田中建材輸送JVらが落札
イチゴ団地の造成5件

※入札者など、詳細は本紙宮城面に掲載。


2012/07/10 【仙台市役所】
東部沿岸・集団移転先3地区の基本設計を委託
三洋設計と三協技術に決まる


2012/07/10 【宮城県庁】
山元町新坂元駅周辺の災害住宅1期
7月26日に設計入札


2012/07/10 【七ヶ浜町役場】
技術者要件を緩和し5q圏なら兼務可能に


2012/07/09 【石巻市役所】
被災した魚市場の再建へ8月にも設計公告
延べ3万u弱、建設費は60億円規模


2012/07/07 【気仙沼市役所】
災害公営住宅の基本計画策定業務を委託
市内全域対象に配置プランなど検討
アークポイントに決まる


2012/07/07 【仙台市役所】
仙台市鹿野復興公営住宅新築工事を開札
3JVが応札、8月上旬に落札決定


2012/07/07 【七ヶ浜町役場】
七ヶ浜町・住宅復興仮申込の中間報告・高台住宅希望は232戸



2012/07/06 【仙台市役所】
復興公営住宅の設計プロポへ延べ15者程度を指名
落合など3団地、約413戸対象



2012/07/06 【木の屋石巻水産】
宮城県内2ヵ所に本社工場などを建設
被災工場再建・大成建設の設計施工決まる

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/06 【気仙沼市役所】
大島ウェルカムターミナル整備へ年内にも基本構想を委託
産直など複合施設を建設


2012/07/06 【亘理町役場】
亘理町立荒浜小学校の災害復旧工事を公告
参加申請は17日まで


2012/07/06 【宮城県】
インフレスライド条項の運用状況を公表
6月末現在で、申請76件、契約10件

※建設ニュース面に掲載。



2012/07/05 【都市再生機構東日本賃貸住宅本部】
災害公営住宅(女川約200戸、南三陸約80戸)の基本設計を委託
山設計工房らに決まる

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/05 【宮城県庁】

復興整備協議会の開催状況・14市町で86の計画


仙台港国際ビジネスサポセン「アクセル」の災害復旧
事業費約10億円・7月中に基本・実施案


復興整備協議会の開催状況・14市町で86の計画


7月中旬から宿泊費を設計変更対象に
点在工事の個所ごとに間接費算定

※建設ニュース面に掲載。


復興の進捗状況を公表・学校と廃棄物処理が伸び

※建設ニュース面に掲載。



災害公営住宅整備指針案今月中旬策定へ
具体的配慮事項を示す

※建設ニュース面に掲載。



2012/07/05 【東北整備局仙台河川国道事務所】
仙台湾南部海岸笠野工区北部第5と
閖上北釜工区北部第5復旧工事を公告
復興JV適用2件・参加申請は7月18日と23日まで


2012/07/05 【松島町役場】
避難場所・避難道路などの設計委託へ公募型プロポの手続き開始
参加申請は11日まで


2012/07/04 【塩釜市役所】
塩釜市の被災した魚市場・荷さばき所の改築
2棟で延べ約2.1万uの規模を想定
9月をメドに設計委託へ

※記事は「きょうの建設情報」を参照。


2012/07/04 【日本赤十字社】
石巻赤十字病院の設計・日建設計が最優秀に


2012/07/04 【仙台市復興整備協議会】
仙台市の第1回復興整備協議会・集団移転先6地区の農転を許可


2012/07/04 【女川町役場】
復興プラン検討の公募プロポ・1者から提案書受付


2012/07/04 【亘理町役場】
2020年度の完了をめざす
亘理町で第1回復興協議会を開催


2012/07/04 【南三陸町役場】
南三陸町の集団移転など承認
南三陸町で第1回復興協議会



2012/07/03 【岩沼市役所】
被災3県初の防集造成2件・玉浦西地区(1工区・2工区)を公告
約20万u・参加対象は地元2社JVで参加申請は10日まで


2012/07/03 【石巻市、気仙沼市、女川町】
石巻、気仙沼、女川の復興整備協議会
2市1町29地区の防災集団移転促進事業を承認


2012/07/02 【岩沼市役所】
岩沼市・臨空メガソーラー業務の公募プロポ
日立・丸紅・日本設計JVに決定
被災農地活用し、32メガWを年内着工へ

※記事は「きょうの建設情報」を参照。



宮城県の震災復興情報バックナンバーA(2012年01月〜06月)へ

宮城県の震災復興情報バックナンバー@(2011年05月〜12月)へ


/ AOSIN-WEB TOP /