建設新聞社TOPへ         震災・復興情報TOPへ                



     
−「きょうの建設情報」−    

      
「きょうの建設情報」は、毎日の「建設新聞」から注目記事をピックアップして掲載しています。           
      
記事内容に関するお問い合わせは編集部、記事データのお問い合わせは編集事業部情報室まで。        
      情報の更新は午前中を目安に行っておりますが、遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。      
      なお、表示を更新(ブラウザの更新ボタン、またはF5キー)しますと現時点で最新のページになります。      
        記事本文の掲載は、おおむね1週間程度を目安にしております。見出しは継続して掲載していますので、     
        本文をお読みにないたい方は、弊社「編集事業部・情報室」まで、お問い合わせ下さい。               

2016/07/26  岩手県内の主要医療施設整備計画
   沿岸部・県立高田病院は来月に開札
     水沢病院で建設検討委を立ち上げへ

 《沿岸部では東日本大震災で被災した県立高田病院の建設をはじめ老朽化が進む県立大船渡病院の大規模改修を計画。一方、内陸部では老朽化等による国民健康保険病院等の移転新築などが計画されている。医療ニーズが多様化し最新設備を備えた施設への要望が高まりを見せる中で、病院整備は今どうなっているのか。岩手県内の主要医療施設の整備の現況を紹介する。》

 県立病院では、東日本大震災で被災した大槌、山田、高田の各県立病院は、大槌が4月に落成。山田もまもなく落成する予定だ。
 区画整理による大規模造成を伴うため、2病院より開院が遅れることとなった高田は建築・機械・電気の3件分離により15日付で工事を公告した。開札は8月30日を予定している。
 陸前高田市高田町東和野67ほか地内に建設する同病院はRC2F延べ4265.86uの病院棟、RC3F延べ2096.42uの医師・職員公舎、S1F延べ53.9uの車庫棟で構成。病床数は60床となる。工期は480日間とし、2018年1月末ごろの完成を予定。設計は武田菱設計が担当。
 老朽化が進む県立大船渡病院では、大規模改修を計画しており、8月にも建築・電気・空調・衛生の4件分離で公告する。
 大船渡市大船渡町山馬越10の1地内の同病院は1994年に完成。救命救急センターを擁する489床の広域基幹病院で、施設規模はSRC6F延べ3万1912u。
 老朽化した施設・設備の改修に加え、地域の医療ニーズに対応した病院機能の充実や患者サービスの向上を目的に大規模改修を計画。設計は伊藤喜三郎建築研究所が担当した。
 また、市立病院関係では、 老朽化に伴い市立水沢病院と西根病院の移転新築を計画。水沢病院は2017年1月にも建設検討委員会を立ち上げる。西根病院は現在実施設計および敷地造成が行われており、18年度に着工する予定だ。
 1983年に同市水沢区大手町3の1地内に建設された水沢病院は、RC・B1/7F延べ1万6162uの本館、RC3F1915.04uの旧館で構成。部分的な改修を行うにも多額の費用が見込まれることなどを踏まえ、建て替えを検討することとした。17年1月にも建設検討委員会を立ち上げ、整備スケジュールや規模などを具体化させていく考え。

                 
                 ※現在の総合水沢病院。(クリックで別アングルの拡大画像

 八幡平市田頭地内の西根病院は同市大更地内のJR大更駅東側へ移転新築を計画。16年度は久慈設計により実施設計、高建建設により造成工事を進める。
 基本設計説明書によると、新病院は病院棟がRC一部W2一部1F延べ6242uで建設。そのほか、公用車車庫・倉庫棟、機械室・倉庫棟なども整備。18年度から2カ年で工事を進め、20年度の開所を見込む。

 
北上済生会病院などで移転新築を計画

 社会福祉法人・恩賜財団済生会北上済生会病院、公益財団法人・総合花巻病院、岩手医科大学付属病院の移転新築がそれぞれ計画されている。
 北上済生会病院は現在、基本計画の策定業務をアイテックに委託し進めている。9月下旬までに同計画をまとめ、順調に進めば16年度内に設計に着手する予定だ。
 北上市花園町1の6の8地内の同病院の主要施設となる管理・診療棟は築後40年以上が経過。また、病棟も25年が経過していることから、九年橋3丁目地内に移転新築を計画。15年度に基本構想をまとめた。
 それによると、新施設の低層部分(1、2階)は、SRCとし、診療部門が配置される内部空間を確保。高層部分(病棟、3階以上)はRCとし経済性を高める考えとし、地上5F延べ1万6600uを想定。病床数は250床を見込む。着工は18年度を予定。
 総合花巻病院は、花巻市花城町地内から同市御田屋町地内の旧岩手県立花巻厚生病院跡地に移転新築するとし、15年度に基本構想案を公表。本年度で実施設計に着手したい考え。着工時期は未定だが、19年4〜5月ごろの開院をめざし事業を進める。現在はエスデー設計研究所に委託し基本設計を行っている状況だ。
 基本構想によると施設規模は、病院が6F延べ約1万5000u、介護施設が5F延べ約4470u、看護学校が5F延べ約2530u、保育所が2F延べ約950u。その他の施設も合わせ全体では約2万3300u。鉄骨ラーメン構造+制震ブレースを利用し、大地震時にも使用できる建築とする考え。全体病床は198床、年間の受け入れ患者数は3072人を想定している。
 盛岡市内丸19の1地内の岩手医科大学付属病院は、同大学創立120周年事業の一環として、矢巾町藤沢第1、第2地割ほか地内への移転を計画。施設規模は全体で延べ9万9970uを上限とし、病院本体は約8万0000u程度、病床数は約1000床を見込む。

                 
                   ※岩手医科大学付属病院の現況。(クリックで拡大

 現在、日建設計が実施設計を担当しており、施工候補者である建築の清水建設・宮城建設JV、電気のユアテック・興和電設・岩舘電気JV、機械の朝日工業社・富士水工業JVの提案等を受けながら規模等をまとめている段階だ。
 今後、本年度末にも着工し、19年9月の開院をめざす。
                                 2016/07/26付一面に掲載。

 

2016/07/25  協同組合GREEN 宮城野区蒲生
   大型冷蔵センターの新築へ設計を委託
     S2F延べ5108u、8月下旬着工めざす


 北海道や東北、東関東を中心に輸送事業などを展開する協同組合GREEN(札幌市西区発寒13条14の1080の30 小林幸男代表取締役)は、仙台市宮城野区蒲生に「仙台冷蔵センター」の新築を計画しており、大和ハウス工業で設計を進めている。
 建設用地は仙台市宮城野区蒲生2の31の9地内で、横浜冷凍仙台物流センター西南側の敷地1万5661.08u。
 計画では、ここにS2F延べ5108.97uの大型冷蔵倉庫を建設する。近く施工者を選定し、8月下旬にも着工、完成は2017年3月31日を予定している。
                                 2016/07/25付一面に掲載。

 

2016/07/22  福島県 イノベーション・コースト構想
   南相馬市・ロボットテスト拠点の設計を公示
     国際産学官共同研究棟など2施設6680u

 福島県商工労働部は、浜通り地方の産業基盤再生を目指す福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の中核施設として、南相馬市にロボットテストフィールドの整備を計画。その拠点となる研究開発等施設(本館棟)および、国際産学官共同利用施設(ロボット)研究棟の基本・実施設計委託者を一括して選定するため、公募型プロポーザル手続きを開始した。
 参加資格は、単体またはJV(3者以内)で、全ての参加者が一級建築士事務所登録を受けていること。このうち、単体およびJV代表には、過去15年間に自然科学系の研究施設(理学研究所など)で延べ1500平方b以上または国・地方公共団体発注で延べ2000平方b以上の建築設計実績を求めている。
 応募スケジュールは、質問書の提出が8月1日まで、参加表明書の提出期間が同4日から16日、技術提案書の提出が同17日から26日。プロポーザル事務局は福島県商工労働部ロボット産業推進室が担当する。
 審査は、書類審査を9月上旬に行いヒアリング要請者5者程度を選定。その後、同中旬に公開ヒアリング(日時等詳細は追って発表)を実施し、同下旬までに最優秀提案者および次点を選定する。
 審査委員は、時野谷茂(会津大学短期大学部長)を委員長に、杉山丞(東北大学特任教授)、高橋隆行(福島大学教授)、北島明文(福島県商工労働部ロボット産業推進室長)、川音真悦(福島県土木部営繕課長)の5人が担当する。
 提案課題は、@円滑に研究開発等が行える施設とするための考え方A機密性と交流性を有する施設とするための提案Bライフサイクルコストを低減するための提案C当施設の整備に際して、特に重要と考えている施設計画の提案―の4項目。
 テストフィールド整備用地は、南相馬市が造成工事を進めている復興工業団地(南相馬市原町区萱浜地内)約70fのうち約50f。このなかで、今回委託する2拠点の用地は約1・2fを想定している。
 研究開発等施設(本館棟)は、災害対応やインフラ点検等に活用されるフィールドロボットの実証試験、実地訓練、応用性能評価、認証等を行うための施設。施設規模はS一部RC造2階建て、約2900平方bとし、駐車場100台分を設置する。概算工事費は約17億円。
 一方、国際産学官共同利用施設(ロボット)研究棟は、ロボット研究開発における試作、基礎性能評価、製品改良等の機能さらには、人的交流や技術指導機能を備えた施設として3棟で構成する。規模は、A棟がS一部RC造2階建て、延べ約2560平方b、B棟がS一部RC造平屋建て、延べ1020平方b、C棟がRC造平屋建て、延べ約200平方bで、駐車場は100台分確保する。概算工事費は約18億円。
 設計工期は2017年10月末(実施設計完了は17年8月末、その後の2カ月は建築確認申請等の期間)。着工は17年度後半を目標としている。
 なお、フィールド内には、今回委託する研究施設等に加え、水陸ロボット、無人航空機等の実証試験や性能評価等を行うための崩壊・老朽化したトンネル・橋梁、水没市街地などを模擬した特殊インフラ等を整備する。これらに係る「全体基本設計等業務」と「設計関連CM業務」については現在、公募型プロポーザルの手続き中で、提案書等の提出期限がきょう(22日)まで。これらテストフィールド全体事業費は約135億円を見込んでいる。

              
                    ※ロボットテストフィールド用地・位置図。(クリックで拡大
                                 2016/07/22付一面に掲載。


2016/07/21  伊達郡桑折町・フクシマフーズ
   工場増設へ近く設計・施工で選定
     規模約9600u、17年の着工めざす


 フクシマフーズ(福島県桑折町成田二本木10の1 藤谷忠代表取締役社長)は、福島県桑折町内にある工場の増設に向け、近く設計・施工者を選定する。
 同社は、冷凍魚介類の仕入れ・加工・販売、生麺類の製造・販売などを手掛ける東洋水産(東京都港区港南2の13の40 今村将也社長)のグループ会社として、「マルちゃんブランド」の即席麺やレトルト米飯などの生産を行っている。
 今回の増設計画は、米飯部門の設備拡張を図るため立案したもの。
 事業概要によると、現在の敷地内である福島県桑折町成田二本木地内に、無菌室の米飯製造棟を建設。蒸煮米をパウチに充填、密封し加圧加熱方式により殺菌して作るレトルト米飯および、生米をトレイに充填し加熱殺菌処理後に密封して作る無菌包装米飯について、増産体制に入る考え。なお、施設規模は延べ9600u程度を想定している。
 今後、設計・施工者を早期に選定。基本・実施設計を作成し、2017年中に着工、約1年2カ月間の工期で完成させる意向である。
                                 2016/07/21付一面に掲載。

 

2016/07/20  秋田県 申請書は8月3日まで
   県北広域汚泥資源化施設の整備
     建設・運営を一般競争(DBO)で公告
       汚泥7782wet・t/年を資源物化


 秋田県下水道課は、県北地区広域汚泥資源化施設の建設を計画、設計・施工と維持管理・運営をDBO方式で行うとし、一般競争で公告した。
 応募者は、維持管理・運営業務を実施するために設立する特別目的会社(SPC)に出資する企業(以下「構成員」)と、出資しない企業から構成する。応募者の中には設計・施工、運営、維持管理、資源化物の利活用を行うJVを含む。
 設計・施工を行う企業は応募者の代表とし、単独でもJVでも可。JVの場合、代表者および他の構成員は秋田県に水道施設工事で登載されていること。代表者は水道施設工事業の総合評定値が1150点以上で、過去10年以内に完成・引渡しが完了した、国内外における廃棄物に関する乾燥設備、炭化設備または焼却設備(いずれも設備処理能力15 d/日以上)―のいずれかの施工実績を有すること。他の構成員は水道施設工事業の総合評定値が690点以上であることなど。
 維持管理・運営を行う企業は、前述の施工実績と同じ施設の1年以上の運転管理業務実績を有することなど。
 また、施設で発生する資源化物の利活用を行う企業は、SPCに出資する場合は、構成員として企業名を明記すること。応募者は、利活用を行う企業から、維持管理・運営期間に製造する資源化物の全量を有価で購入する確約を得ていることなど。
 事業者の選定は、総合評価落札方式を採用し、技術評価点は70点、価格評価点は30点。資格審査申請書は8月3日までの提出。入札前に県と応募者の対話を9月12日および13日に行い、入札書を10月27日まで受付け、11月7日および8日にプレゼンテーションを実施、12 月中旬の特定、2017年6月の契約締結を目指す。
 予定価格は69億0970万円(このうちうち設計・施工の対価の限度額=32億2620万円、維持管理・運営委託業務の対価の限度額=36億8350万円)。選定にあたっては、岩手大学工学部社会環境工学科教授の海田輝之氏を委員長に、3人の学識経験者による総合評価審査委員会を設置する。
 今回の計画は、大館市川口中川口1地内の大館処理センター内の約1万平方bに、県北の3市3町1組合から出た生活排水処理汚泥を集約処理する共同処理施設を設置するもので、搬入される脱水ケーキなどを新施設で処理し、資源化物を製造して民間事業者に販売する。
 県が設計・施工に係る資金を調達し、民間事業者に設計・施工および運営を委託するDBO方式を採用する。事業者は20 年間にわたり運営業務を行う。設計・施工期間は2020年3月末までで、同年4月から40年3月末まで維持管理運営する。年間の汚泥量は7782wetdで、資源化物は燃料化物を基本とするが、一定の条件を満たせば他の用途での利用も認める。ただし、肥料化は認めない。
 地域経済への貢献として、工事や資材調達の発注、運営段階での地元雇用などへの配慮を積極的に行うことも求めている。
 施設は、計量設備(トラックスケール)、脱水ケーキなど受入れ設備、汚泥資源化設備、資源化物貯留搬出設備、排ガス処理設備、脱臭設備、用役設備、配管弁類、プラント排水処理設備など、受変電設備、非常用自家発電設備などや、建物、建築機械・電気設備で構成する。
 なお、基本設計は、入札契約の事務支援などを委託した日本下水道事業団東日本本部からの発注により、東京設計事務所で作成した。
                                 2016/07/20付一面に掲載。

 

2016/07/19  石巻市・複合文化施設の基本設計
  プロポで公示 参加表明は8月5日から
   規模1.3万u余、予算限度額は1.3億


 石巻市は15日、石巻市複合文化施設(仮称)の基本設計業務の受託者を選定するため、公募型プロポーザルの実施要領を公表した。
 今月25日に現地見学会および説明会を開催。説明会参加希望者は22日までの申し込みを求める。質問の受け付けは29日までとし、8月5日に回答する。参加表明書の提出は8月5日から同15日まで、技術提案書を含む書類提出は9月9日から同16日までそれぞれ受け付ける。
 選定委員会による審査は2段階で、9月24日に一次審査を実施し5者程度を選定、同28日に一次審査結果を公表する。2次審査は競争的対話方式により行い、一次審査通過者に対して委員会から指摘事項を通知した上で、10月11日までにプレゼンテーション用資料の提出を求める。その後、二次審査となるプレゼンテーションおよびヒアリングを同16日に公開で行い、同月下旬の結果公表、11月上旬の契約締結を予定している。
 参加資格は、単体または3者以内で構成する設計共同体とし、いずれも市の「測量・建設コンサルタント等の業務」のうち「建築士」の登録を受けた者など。ただし、今回業務に限り必要書類を提出すれば未登録者も参加が可能となる。
 複合文化施設は、東日本大震災の津波で使用不能になった文化センターと市民会館の機能を集約した施設として計画したもの。建設場所は同市開成1の8ほか地内の石巻トゥモロービジネスタウン内2万2322.2u。全体施設規模は約1万3280u程度とし、施設構成はホール・学習機能が6690u、博物館機能が2640u、共用・管理・その他機能が3950uとなる。大ホールは固定席1300席程度、小ホールは約300席を設けるほか、歴史文化展示スペースや研修室などを有し、災害時には多用途に利用できる施設とする。このほか平面駐車場400台程度も設ける。基本構想および基本計画は三菱地所設計が担当した。
 今回の業務では、建築および外構工事に関する基本設計のほか、ワークショップ(5回程度)の実施、国庫補助申請等支援業務などを行う。展示設計については今回の業務には含まず、本年度中にプロポーザルによる受託者選定を行う予定だ。予算限度額は1億3000万円程度(税込み・データベースでは予定価格覧に収録)で、履行期限については2017年3月31日までとしているが、業務受託者と協議の上で決定する。また、実施設計については基本設計受託者に随意契約で委託する方針だ。
 施設着工は18年度中を予定しており、20年度末の完成をめざす。
 なお、選定委員会の委員は次の通り。◎有川幾夫宮城県美術館館長、大石時雄いわきアリオス支配人、小野田泰明東北大学大学院教授、藤沼邦彦元弘前大学人文学部教授、本杉省三日本大学理工学部特任教授、西條允敏石巻市文化協会会長、境直彦石巻市教育委員会教育長

              
                ※複合文化施設建設予定地・位置図。(クリックで拡大
                                 2016/07/19付一面に掲載。

 

2016/07/15  青森県の主要医療施設計画
  津軽地域は弘前中核病院を軸に
   自治体病院機能再編成整備が本格化


《2001年3月に青森県主導で自治体病院機能再編成計画を策定することが決定されたことを受け、青森県内の自治体病院を抱える市町村では、いち早く西北五医療圏が再編成計画を策定。12年度に鶴田診療所、13年度につがる市民診療所を新築し、中核病院となるつがる総合病院を14年4月に開院させた。今後は、かなぎ病院、鯵ヶ沢病院の改修の検討を進める予定だ。また、津軽地域の自治体病院機能再編成を目指して弘前市ほか8市町村でも14年3月に津軽地域保健医療圏自治体病院機能再編成推進協議会を設立。弘前市立病院を中核病院として整備する方向で検討を進めるなど、新たな地域医療体制の構築に取り組んでいる。》
五所川原市、つがる市、鯵ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町で構成するつがる西北広域連合は、新たな地域医療体制の構築を目指し、中核病院をつがる総合病院、サテライト施設としてかなぎ病院、鯵ヶ沢病院、つがる市民診療所、鶴田診療所の自治体病院機能の再編成に取り組んでいる。
つがる総合病院は、2014年4月に五所川原市岩木町においてRC10階建、延べ3万6872・48平方b規模で開院。また、病院から診療所に転換させた鶴田診療所は12年度、つがる市民診療所は13年度に新築開院している。
一方、急性期治療後の入院医療と地域住民に対する初期医療を提供するサテライト病院として位置付けた、五所川原市金木町のかなぎ病院と鯵ヶ沢町の鯵ヶ沢病院については、改修する方向で検討を進めている。1983年にRC4F延べ9299平方b規模で建設したかなぎ病院は、一般100床のうち回復期リハビリテーションが40床の施設で、改修内容については、今後詳細を詰めていく。68年度にRC地下1階地上3F延べ7361平方b規模で建設した鯵ヶ沢病院は、へき地医療拠点病院として一般100床の施設として配置。旧耐震基準時の施設のため、2014年度に楠山設計に委託し耐震診断を実施したが、耐震面の問題はないと判断されたため、外内装の改修をメインに整備を検討する。
また、つがる西北広域連合の構成員でもある深浦町では、直営診療所の新築を計画している。
同町では現在、町北部の大戸瀬地区に関診療所、町南部に岩崎診療所を開設しているが、岩崎診療所は閉院した民間病院を賃貸し運営していること、関診療所についても1968年に建設した施設で老朽化が進んでいることから計画。両施設を集約した新たな診療所を建設する。
建設用地は、青森県立木造高等学校深浦校舎隣接地に当たる同町広戸家野上地内の敷地面積1万7128・75平方b。新施設は平屋建て延べ約1000平方bを見込み、在宅療養支援診療および訪問看護機能を備えるほか、包括ケアセンターを併設する。また、在宅医療に必要な訪問看護と連携を強化するため、新診療所内に訪問看護ステーションを設置。敷地内に医師住宅を2棟建設する。基本・実施設計は久慈設計が担当しており、順調にいけば2016年度の着工、17年度の開院を目指し準備を進める考えだ。
津軽地域の自治体病院機能を再編するため、弘前、黒石、平川、板柳、藤崎、大鰐、田舎館、西目屋の8市町は津軽地域保健医療圏自治体病院機能再編成推進協議会を設立。弘前市立病院を中核病院として整備する方向で検討を進めており、本年度以降に再編基本計画の策定に着手する。
これは、同圏域内において医師不足が常態化している医療機関が多く、単独の病院での医療提供が困難な状況に加え、救急部門を少人数で対応せざるを得ない状況があり、病院経営の大きな負担となっていることから計画。自治体病院を有する弘前市、黒石市、板柳町、大鰐町の4市町が弘前市立病院を中核病院とすることで合意しており、残る4町村を含め、方向性の検討を進めている。
中核病院は、400床程度の病床とし、弘前市立病院敷地内またはその周辺に整備する。現在の弘前市立病院(RC、地下1階、地上6階、塔屋2F延べ1万3130・63平方b)の病床数が250床のため、残る150床分を増築や新病棟の建設、または建て替えも含めた整備方針を基本計画に盛り込む予定だ。
◎つくしが丘病院で長期保全計画策定へ
青森県立つくしが丘病院では、病院施設の定期的な点検、計画的な修繕および改修等を行うことによる施設の所要性能の維持と長寿命化を図ることを目的に、長期保全計画の策定作業を進めている。
15年度では、調査業務をカトー建築設計事務所に委託し、建築物・設備の劣化状況等調査を行った上で、選択的可能性を考慮したライフサイクルコストを算定するとともに、将来の拡張性を視野に入れ、施設内の増改築の可能性についての検討を行った。本年度は引き続き長期保全計画策定をカトー建築設計事務所と随意契約し、17年度からこれに基づいた施設整備を図る考えだ。
なお、同病院は、1985年に青森市三内沢部地内に建設。2009年に改修した改修棟と改築した改築棟で構成されており、現在の施設規模はRC2階一部3F延べ1万1058・66平方bとなっている。
◎八戸市民病院に緩和ケア病棟
八戸市は、市民病院に緩和ケア病棟の新築を計画している。
八戸地域では年間約1000人ががんで亡くなっており、がん患者に対する医療ケアの充実が強く求められている。このため、末期がん患者が日々を安楽に過ごせる緩和ケア専門病棟の整備を立案。現在、専門医などの有識者や病院関係者等で構成する委員会を設置し検討を進めている。
建設用地は、同市田向字毘沙門平1の現病院敷地内のうち、周産期センターや院内保育所の隣接地などを候補地に検討。病棟規模は1室当たり約30平方bの完全個室で20床、延べ約2000平方bの整備案を軸に検討を進める考えで、数年内の具体化を目指す方針だ。
                                 2016/07/15付一面に掲載。

 

2016/07/14  社会福祉法人・基弘会 泉区古内
   特養ホーム「リズム仙台」の新築計画
     RC4F5442u、9月中の着工めざす


                                 2016/07/14付一面に掲載。

 

2016/07/13  仙台市立病院跡地の利活用
   土地・建物を一括売却で事業者募集
     参加表明〜9/2 候補者は年内に決定

     
             ※旧・仙台市立病院の現況。                    ※跡地の位置図。
                                   (クリックで拡大
                                 2016/07/13付一面に掲載。


2016/07/12  福島・2016年の主要医療施設整備
   いわき病院は一般競争入札の公告へ
     南相馬市立病院で大規模改修の設計


                                 2016/07/12付一面に掲載。

 

2016/07/11  農業プラント、宿泊施設、温浴施設を整備
  きょうから事業者の募集を開始
   新地駅周辺地区に民間活力を導入

                                 2016/07/11付一面に掲載。

 

2016/07/08  S2F延べ7300uで計画、9月の着工へ
  フジタの設計・施工
   江刺工場の増設

                 
             ※調印後、協定書を掲げる三坂社長(中央)と小沢市長(右)。(クリックで拡大
                                 2016/07/08付一面に掲載。

 

2016/07/07  秋田県内・主要医療施設整備計画まとめ
  脳研センターの増築工事は下半期に発注
   秋田市立病院は病院システムで基本構想支援

                 
                    ※脳研センター(現施設)の状況。(クリックで拡大
                                 2016/07/07付一面に掲載。


2016/07/06  山形県酒田市 西松建設を特定
  プロポ・酒田駅周辺整備事業予定者
   図書館、ホテル、マンション等2.2万u

                  
                 ※西松建設案の概要。(クリックでpdfファイルが開きます。
                                 2016/07/06付一面に掲載。


2016/07/05  三井不動産レジデンシャル 大林組で設計進む
  分譲マンション・あすと長町一丁目計画の新築
   免震28F5万2041u、17年6月着工めざす


                 
                        ※建設地の現況。(クリックで拡大
                                 2016/07/05付一面に掲載。


2016/07/04  仙台市 参加申請は22日まで
   シールド工法で合計約5qの整備へ
     第3南蒲生と中央4号の幹線実施案を公告


                                 2016/07/04付一面に掲載。


2016/07/01  亘理町「コメリHC亘理店」の新築
   2棟延べ8415u、12月中旬の着工へ
     宮城県に特定大規模集客施設の届出を提出


                                 2016/07/01付一面に掲載。


2016/06/30  宮城野区仙台港北・山伝商店
   仙台港工場・延べ3562uの新築
     日本建設の設計・施工で9月着工めざす


                                 2016/06/30付一面に掲載。


2016/06/29  青葉区五橋・河北新報社
   3F延べ4598u・自走式立駐の新築
     北川鉄工所で17年1月末の完成めざす


                                 2016/06/29付一面に掲載。


2016/06/28  宮城野区福室・一建設
   分譲・プレシス陸前高砂の設計を委託
     RC15F延べ1万5969u、8月着工へ


                                 2016/06/28付一面に掲載。


2016/06/27  日本原燃 緊急時対策所新設など
    六ヶ所再処理工場の増設計画を公表
       保管庫・貯水槽の設計は鹿島が担当


                                 2016/06/27付一面に掲載。


2016/06/24  鎌田水産・岩手県大船渡津波復興区域
   S2F延べ5761u「新工場」の建設
     匠建設の施工で来年6月の完成をめざす


                 
                        ※建設地の現況。(クリックで拡大
                                 2016/06/24付一面に掲載。


2016/06/23  仙台市泉区明通・NTKセラテック
   S2F4601u 本社第3工場の新築
     戸田建設の設計・施工で来年3月末完成へ


                                 2016/06/23付一面に掲載。


2016/06/22  しまむら・商品配送センターの新築
    10月完成予定へオノコムで施工
       宮城県名取市 S1F延べ5630u


                                 2016/06/22付一面に掲載。


2016/06/21  恩賜財団済生会支部山形県済生会
   南館の増築を設計・施工一括方式で公告
     5F約1.1万u・参加申請は23日まで


                                 2016/06/21付一面に掲載。


2016/06/20  宮城県登米市・オサベフーズ
   新工場・S2F延べ3932uの建設
     渡辺土建で着工 完成は2017年2月末


                                 2016/06/20付一面に掲載。


2016/06/17  秋田県の2016年度主要事業
 脳研C増築は下半期発注・県北汚泥施設は7月公告
 連携文化施設は来年度設計・大館市庁舎は設計プロポ


                 
                    ※増改修を待つ脳研センター。(クリックで拡大

                                 2016/06/17付一面に掲載。


2016/06/16  みやぎ生協・2016年度の事業計画
   新規店舗は錦町店を17年初夏に開店へ
     仙台市苦竹に共同配送センターを開設


                                 2016/06/16付一面に掲載。

2016/06/15  仙台市大町・三井不動産レジデンシャル
   分譲・青葉区大町二丁目計画」の新築計画
     RC15F91戸と店舗・三井住友建設で実施案


                                 2016/06/15付一面に掲載。

2016/06/14  宮城県女川町・優先交渉権者に竹中工務店
   複合公共施設建設の設計・施工一括プロポ
     延べ8350u以上・17年3月着工めざす



                 
                  ※基本設計時のイメージパース。(クリックで拡大
                                 2016/06/14付一面に掲載。

2016/06/13  宮城県登米市南方町 県に届け出を提出
   コメリパワー佐沼店とケーズデンキ佐沼店
     2棟延べ約1.3万u、来年2月開店めざす


                                 2016/06/13付一面に掲載。

2016/06/10  アルプス電気 北原団地約4.8万u
   宮城県大崎市「新工場」の進出計画
     15日に市と立地協定式・6月末にも契約

                 
                 ※
アルプス電気新工場建設用地の位置図。(クリックで拡大
                                 2016/06/10付一面に掲載。

2016/06/09  宮城県大崎市古川・ヨークベニマル
   出店に向け宮城県に新設届け出を提出
     3棟約4400u(店舗約3100u)で計画


                                 2016/06/09付一面に掲載。

2016/06/08  山形県庄内町 参加表明は22日まで
   プロポ・役場庁舎改築の基本設計を公示
     本庁舎新築4600uと西庁舎改修2400u


                                 2016/06/08付一面に掲載。

2016/06/07  福島県 イノベ・コースト関連主要事業
    16年度はロボット実証拠点に本格着手
       スマート・エコパークも企業立地の動き


                                 2016/06/07付一面に掲載。

2016/06/06  若林区・ナイス 総戸数48戸
    分譲マンション「荒井東」の新築計画
       INA新建築研究所で実施設計作成中


                                 2016/06/06付一面に掲載。

2016/06/03  東北放送「Aサイト」の建替計画
   太白区八木山・約1万uで18年春着工へ
     プロポによる設計・施工者特定へ数社を指名


                 
                   ※建設用地となる、駐車場の現況。(クリックで拡大
                                 2016/06/03付一面に掲載。

2016/06/02  福島県いわき市・29日まで申し込み受付
   平並木通り再開発事業の可能性調査を公示
     公募型プロポ・第一種市街地再開発を構想


                 
                        ※事業調査区域図(クリックで拡大
                                 2016/06/02付一面に掲載。

2016/05/31  エリエール・福島県いわき工場の第2期
   規模はS2F延べ1万1641.21u
     三井住友建設の設計・施工と決定し着工


                                 2016/05/31付一面に掲載。

2016/05/30  仙台市榴ヶ岡・島田興産
   S10F延べ2721u、寄宿舎の新築
     7月中旬着工へMasaki事務所で設計中


                                 2016/05/30付一面に掲載。

2016/05/27  サトヤ 支倉建築企画で9月着工
   宮城野区苦竹・共同住宅「苦竹1丁目ビル」
     14F延べ約1万2000u・205戸で計画


                                 2016/05/27付一面に掲載。

2016/05/26  US・G 三菱地所設計で実施案
   テナント・仙台駅USビルの新築計画
     S・B1/8F延べ2987uで7月着工へ


                    
                    ※仙台駅USビルの完成予想パース。(クリックで拡大
                                 2016/05/26付一面に掲載。

2016/05/25  OSD・プロパティーズ・ワン
  仙台駅前南町通り「商業ビル」の新築
   延べ4600u、10月着工へ鹿島で設計



                
                        ※建設予定地の現況。(クリックで拡大
                                 2016/05/25付一面に掲載。

2016/05/24  仙台市鶴ケ谷第1市営住宅
    民有地第2期の事業候補者を特定
       大和ハウス工業共同企業体に決定


                                 2016/05/24付一面に掲載。

2016/05/23  東北整備局・青ぶな山Tの建設
   延長4.6q、防水対策が重要な難工事
     青森県十和田市 本年度は避難坑を発注


                   
                             (クリックで拡大
                                 2016/05/23付一面に掲載。

2016/05/20  東和薬品・山形市みはらしの丘
   新東日本物流C・約2.8万uの新築
     竹中工務店の設計・施工できょう起工


                                 2016/05/20付一面に掲載。

2016/05/19  泉区泉中央南・葵会 小又建設に決まる
   介護老人保健施設「葵の園・仙台泉」の建設
     延べ4938u、17年2月末の完成めざす


                                 2016/05/19付一面に掲載。

2016/05/18  山形市富神台・ヤガイ
   約7000u・第三工場の建設
     日立プラントサービスの設計・施工


                                 2016/05/18付一面に掲載。

2016/05/17  三良会・新病院の建設計画
   花田設計で基本プラン(120床規模)策定
     JR青森駅前・旧青森グランドホテルの跡地

      
                 ※建設用地にある旧青森グランドホテルの現況。(クリックで拡大
                                 2016/05/17付一面に掲載。

2016/05/16  山形県天童市 大成の施工決まる
   日新製薬・新無菌製剤棟の新築計画
     S5F延べ約1万2400u・近く着工


                                 2016/05/16付一面に掲載。

2016/05/13  秋田県大館市・市庁舎の改築事業
   市外・市内JVで基本案をプロポ公告
     規模は免震構造7000u程度を検討


                
                ※配置計画例(大館市本庁舎建設基本計画全編より)。(クリックで拡大
                                 2016/05/13付一面に掲載。

2016/05/12  秋田県・秋田市連携文化施設の建設
  計画策定の委託先・シアターワークSを特定
   約2.25万uに高機能型と舞台芸術型のホール


                
                 ※県・市連携文化施設の予定地に建つ県民会館。(クリックで拡大
                                 2016/05/12付一面に掲載。

2016/05/11  宮城県気仙沼市・超冷
    加工場等・2457uの新築
       小野良組の施工で10月末完成へ


                                 2016/05/11付一面に掲載。

2016/05/10  宮城県亘理町 新庁舎・保健Cの設計
   役場庁舎は制震・免震の約6800u
     保健福祉Cは1F約2500uを見込む
       プロポ手続き開始・参加表明は6月3日まで


                                 2016/05/10付一面に掲載。

2016/05/09  山形県内・2016年度の主要事業
   山形駅西口拠点は今月から順次発注へ
     酒田駅周辺整備の事業者は6月下旬特定


        
                             (クリックで拡大
                                 2016/05/09付一面に掲載。

2016/05/06  若林区荒井東・葵会
   延べ約1万u・仙台東病院の新築
     17年5月末完成へ 施工は坪井工業


                                 2016/05/06付一面に掲載。

2016/05/02  宮城野区鶴ヶ谷・カトリック児童福祉会
   ハートケア鶴ヶ谷新築の設計委託へ指名
     特養・居宅介護等、RC4F6900u見込む


                                 2016/05/02付一面に掲載。

2016/04/28  福島県 郡山合同庁舎の移転新築事業
   基本計画委託へ公募型プロポの手続き開始
     最大1.4万u想定、10年以内の開所めざす


                                 2016/04/28付一面に掲載。

2016/04/27  福島市 既存施設は約4.4万u
   公設地方卸売市場の再整備検討調査
     建て替え・移転視野に指名10社で入札へ


                                 2016/04/27付一面に掲載。

2016/04/26  青森県内
   2016年度の主要事業
     八戸市屋内スケート場に着工など


         
                         ※完成予想図。(クリックで拡大
                                 2016/04/26付一面に掲載。

2016/04/25  福島市松川団地・ミドリ電機製造
    新工場の建設 S造延べ4187u
       大和ハウス工業の設計・施工決まる


                                 2016/04/25付一面に掲載。

2016/04/22  宮城県多賀城市・東新住販
   「駅前マンションU新築」に5月着工
     RC12F3758u、施工は大木建設


                                 2016/04/22付一面に掲載。

2016/04/21  東北財務局ほか 公有財産の処分状況
    JRTTのあすと長町用地は時期検討
       財務局所管では6月に20件を開札


       
                             (クリックで拡大
                                 2016/04/21付一面に掲載。

2016/04/20  福島県 プロポの手続きを開始
   保健医療従事者養成施設の基本・実施案
     福島駅東口に7F延べ約1.8万uで整備


                                 2016/04/20付一面に掲載。

2016/04/19  福島県 震災・原子力災の伝承へ
  アーカイブ拠点施設の基本構想策定を委託
   イノベ構想の産学連携拠点・五輪前の供用目標


                                 2016/04/19付一面に掲載。

2016/04/18  山形県・2016年度の文教施設整備
   千歳小校舎改築は上半期に実施案委託
     山形工高の体育館改築は本年度内発注


                                 2016/04/18付一面に掲載。

2016/04/15  福島県三春町・住友電工ハードメタル
   新工場の建設へ近く設計・施工者を選定
     延べ7000u、9月ごろの着工めざす

                                 2016/04/15付一面に掲載。

2016/04/14  宮城県・2016年度の主な教育施設整備A
   新設の七郷二小と広瀬二中で設計−仙台市
     鹿又小と河北中の屋体設計など−石巻市


                 
                  ※八木山小学校屋内運動場ノパース
。(クリックで拡大

                                 2016/04/14付一面に掲載。

2016/04/13  福島県三春町・住友電工ハードメタル
   新工場の建設へ近く設計・施工者を選定
     延べ7000u、9月ごろの着工めざす

                                 2016/04/13付一面に掲載。

2016/04/12  宮城県内の主な教育施設整備@−その1
   東北大はPFIで青葉山に寄宿舎整備へ
     2016年度で県気仙沼向洋高が着工

                                 2016/04/12付一面に掲載。

2016/04/11  岩手県内・2016年度の教育施設整備
   内陸部で統合校整備が加速−一関市花泉・千厩
   沿岸部は気仙小を建て替え−校舎3200u程度


                                 2016/04/11付一面に掲載。

2016/04/08  秋田市立秋田総合病院の改築
   基本構想策定のプロポ手続きを開始
     最大約3.4万uを想定、19年度着工へ


                                 2016/04/08付一面に掲載。

2016/04/07  宮城県多賀城市・東北電機製造
   工場の新築 S1一部2F延べ約7000u
     17年3月末の完成へ川田工業の設計・施工


                                 2016/04/07付一面に掲載。

2016/04/06  秋田県庁・秋田市役所 公募型プロポ
  連携文化施設整備計画の策定へ手続き開始
   約2.25万u、17年度から設計、19年度着工へ


                                 2016/04/06付一面に掲載。

2016/04/05  宮城県 沿岸被災地の復興モデル
   3事業を選定・宿泊観光施設を整備
     七ヶ浜ハーバー・松島オルゴールほか


                                 2016/04/05付一面に掲載。

2016/04/04  東北地方整備局
  2016年度当初予算・事業概要を発表
   復興庁分含め4.2%増の9277億
    重点分野は復興加速・安全確保・東北を元気に


                                 2016/04/04付一面に掲載。

2016/04/01  懐仁堂漢方薬局 羽田設計で実施案
   山形市十日町・懐仁堂山形ビルの新築
     RC8F延べ2878u、近く施工者選定


                                 2016/04/01付一面に掲載。

 


バックナンバー25(1510-1603)へ

バックナンバー24(1504-1509)へ

バックナンバー23(1410-1503)へ

バックナンバー22(1404-1409)へ

バックナンバー21(1310-1403)へ
 
バックナンバーS(1304-1309)へ
 
バックナンバーR(1210-1303)へ
 

バックナンバーQ(1204-1209)へ
 

バックナンバーP(1110-1203)へ
 

バックナンバーO(1104-1109)へ
 
バックナンバーN(1010-1103)へ
 
バックナンバーM(1004-1009)へ
 
バックナンバーL(0910-1003)へ
 
バックナンバーK(0904-0909)へ
 
バックナンバーJ(0810-0903)へ
 
バックナンバーI(0807-09)へ
 
バックナンバーH(0804-06)へ
 
バックナンバーG(0801-03)へ

 
バックナンバーF(0710-12)へ
 
バックナンバーE(0707-09)へ
 
バックナンバーD(0704-06)へ
 
バックナンバーC(0701-03)へ
 
バックナンバーB(0610-12)へ
 
バックナンバーA(0607-09)へ
 
バックナンバー@(0604-06)へ

/ AOSIN-WEB TOP /


旧あきた建設新聞(2007/12/28付で発行を終了)の建設情報

バックナンバーC(0710-12)へ

バックナンバーB(0707-09)へ

バックナンバーA(0704-06)へ

バックナンバー@(0702-03)へ