新技術発表会in盛岡 発表者募集

盛岡で初開催

 建設新聞社では、10月20日に盛岡市松尾町の建設研修センターで「新技術発表会in盛岡」を開催するにあたり、新技術・新工法をお持ちで技術内容の発表を希望される企業・団体の募集をしております。
 当社では、新技術や新工法をお持ちの企業・団体の皆さまから「直接、建設関連の聴講者を対象に新技術のPRの場を持ちたい」といった要望が多く寄せられているため、一昨年10月より「新技術・新工法開発者」「発注者」「建設関連企業」をマッチングさせる新技術発表会を定期的に開催し毎回、発注官庁を含む多数の聴講者に来場いただいております。
 今回は宮城県以外での開催の要望が多数寄せられたため、初めて盛岡市で開催する運びとなりました。東日本大震災の発災から6年4カ月が経過し、復旧・復興も終盤を迎えつつありますが、昨今、建設現場の生産性向上が求められており、ICT(情報通信技術)の活用など多様な新技術、新工法が必要不可欠となっています。ぜひ、この発表会を最新の技術・工法の情報提供の場としてご活用ください。

主催 株式会社 建設新聞社
開催日時 2017年10月20日(金)午後1時から午後5時(予定)
会場 建設研修センター・大ホール(盛岡市松尾町17の9)
受講予定人員 160人(全国土木施工管理技士会連合会のCPDS認定を申請予定)
発表者参加料 10万8000円(税込)
発表者数 9者(企業・団体)
発表時間 1企業等当たり約25分
申し込み締切 7月31日(月)(先着順。定数に達し次第締め切ります)

申し込み方法

新技術・新工法の発表を希望される方は、建設新聞社・新技術発表会事務局(☎022-221-4604 FAX022-268-6416)まで、①貴社(貴団体)名②住所③連絡先(電話番号)④担当者名(氏名およびメールアドレス)⑤発表を希望される新技術・新工法名称を記入の上、FAXでお送りください。