メニュー
メニュー
商品
商品
2020年10月27日(火) 発刊日

下北地域広域行政事務組合/大間消防署移転新築の基本設計/RC造2階建て、延べ2150㎡を想定/8月6日に入札

2020.07.27

 下北地域広域行政事務組合(むつ市中央1の8の1 管理者・宮下宗一郎むつ市長)は、大間消防署の移転新築を計画しており、基本設計の委託先選定へ数社を指名した。入札は8月6日11時から行う。履行期限は2021年3月31日までとなる。
 既存施設は1977年に建設した施設で、老朽化が著しいことなどから改築を立案したもの。
 計画によると、国道279号沿いの大間警察署西側に当たる同町大間大間平地内の約5000平方㍍に、RC造2階建て、延べ約2150平方㍍規模の新消防署庁舎を建設する考え。
 今後、本年度で基本設計を完了、2021年度の実施設計、22年度の着工・完成を目指したいとしている。
 なお、20年度当初予算に基本設計費などとして2816万2000円を措置、概算事業費として10億9000万円を試算している。