メニュー
メニュー
商品
商品
2021年08月04日(水) 発刊日

仙台都市圏の物流施設投資㊤/空港、IC周辺で新規開発が活発化/立地の受け皿は慢性的に不足気味

2021.07.19

 新型コロナウイルスの収束が見えない中で、人々の生活態様の変化や、震災復興景気のピークアウト後も続く仙台市への人口流入などを背景に、仙台圏での物流施設の新規立地・増設が相次いでいる。仙台空港や高速道路のインターチェンジ(IC)周辺など交通アクセスの良いエリアで新規開発の動きが活発化。事業者の旺盛な開発意欲に対し、立地の受け皿は慢性的に不足気味だ…

記事全文をお読みになるにはパスワードが必要です。
パスワードは、本日付け建設新聞1面に掲載しておりますので、ご確認のうえ、英数半角で入力してください。