メニュー
メニュー
商品
商品
2020年09月20日(日) 休刊日

大崎市、東北地域づくり協会/水害に強いまちづくり専門家会議が初会合/行政と住民一体の施策が必要/約2年かけて対策を検討

2020.09.08

 宮城県大崎市と東北地域づくり協会(渥美雅裕理事長)は4日、「水害に強いまちづくり」共同研究専門家会議の初会合を同市の鎌田記念ホールで開いた。これまで繰り返し水害に遭い、昨年の台風19号でも甚大な浸水被害が生じた同市鹿島台地区を中心に、共同で解決策と今後のまちづくりを検討する。同協会が個別の市町村とこうした取り組みに臨むのは初の試みで、協定に基づき約2年かけて検討を重ねていく。今回はこれまでの水害や地形的な特徴を踏まえ、専門家から「国、県、市、地域住民が一体となって対策を考えていく必要がある」といった指摘が上がった…

記事全文をお読みになるにはパスワードが必要です。
パスワードは、本日付け建設新聞1面に掲載しておりますので、ご確認のうえ、英数半角で入力してください。