メニュー
メニュー
商品
商品
2019年05月24日(金) 発刊日

高田松原国営追悼・祈念施設(仮称)管理棟/復興への強い意志発信へ建設が佳境/細かな配慮でコンクリートの品質確保

2019.05.10

 東日本大震災による犠牲者への追悼と鎮魂や、震災の記録と教訓の後世への伝承とともに、国内外に向けた復興に対する強い意志の発信の場として、岩手県陸前高田市の高田松原復興記念公園内に建設する高田松原国営追悼・祈念施設(仮称)管理棟の建築工事が佳境を迎えている。杉板型枠を採用した上げ裏(軒天)と柱のコンクリート打ち放し部分の施工に当たって、同一規模でモックアップ(実物大の模型)を作成し、さまざまなパターンによる検証を実施するなど、随所に高精度な施工が要求された現場を、西松建設の石井健児所長とともに歩いた…

記事全文をお読みになるにはパスワードが必要です。
パスワードは、本日付け建設新聞1面に掲載しておりますので、ご確認のうえ、英数半角で入力してください。