メニュー
メニュー
商品
商品
2019年08月20日(火) 発刊日

宮城県 門脇雅之土木部長に聞く/新たな振興プランの検討着手へ/復興の仕上げとともにポスト復興も視野に

2019.05.14

国が掲げる復興期間が残り2年を切る中、宮城の県土整備を担う土木部長に門脇雅之氏が就任した。門脇部長は本年度を「復旧・復興の総仕上げとポスト復興を具体化する年」と位置付け、「一日も早い県土復興を目指すとともに、自然災害の対応や既存インフラのメンテナンスなど、持続可能な県土づくりに向け何をすべきか検討したい」との方針を提示。また、本年度までとなっている「新・みやぎ建設産業振興プラン」に関しては、2020年度からの次期計画をめぐって、年度内にも業界との意見交換会や有識者会議を開く考えを示した…

記事全文をお読みになるにはパスワードが必要です。
パスワードは、本日付け建設新聞1面に掲載しておりますので、ご確認のうえ、英数半角で入力してください。