HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2020-09-17# 物件(仙台圏)

仙台市交通局/川内営業所の施設更新設計/昴設計に委託/管理棟・整備工場計2000㎡を想定

仙台市交通局は、老朽化した川内営業所の施設更新に向けた基本設計を委託するため指名競争入札を行い、1落の745万円で昴設計が落札した。

10日に入札したもので、入札者は同社のほか、群建築設計事務所、櫻田建築設計事務所、都市設計、菅伸建築設計事務所、鈴木弘人設計事務所、盛総合設計、東北設計計画研究所。予定価格は964万2000円、最低制限価格は738万4210円だった。

現在の川内営業所は、1966年(昭和41年)に青葉区荒巻三居沢1番地内の敷地1万2619平方㍍に開設した施設。老朽化が進んでいることから、改築を見据えた対応を立案。敷地北側を広瀬川が流れていることから、仙台市の「広瀬川の清流を守る条例」に基づき、施設内で発生する油や排気ガスの流出防止措置も合わせて検討する。基本計画の策定は鈴木弘人設計事務所が担当した。

改築規模は現在、管理棟・整備工場ともに延べ1000平方㍍程度を想定。今回の業務では、条例に対応した諸条件設定や配置計画などに関する設計を実施する。履行期限は2021年3月31日まで。来年度以降に実施設計を委託する。

 

#記事カテゴリー