HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2020-09-18# 物件(仙台圏)

わかば学園/名取市閖上にこども園新築/年度内に施工者選定へ/延べ778㎡の新築と延べ321㎡を移築

学校法人・わかば学園(名取市美田園6の16の10 佐々木一十郎理事長)は、名取市閖上に幼保一体型認定こども園の新設を計画しており、本年度中に施工業者を選定する。

計画では、名取市閖上復興土地区画整理W─56─2─1地内の敷地約2291平方㍍に、SまたはRC造2階建て、延べ778平方㍍の新園舎を建設。さらに現在同市美田園地区にあるW造平屋建て、延べ約321平方㍍の「美田園わかば幼稚園」既存園舎を解体し、新園舎を建設する閖上の敷地に移設するもの。完成後はゼロ歳から5歳までの園児約138人を受け入れる。

今後、実施設計の完了を待って、本年度内に施工者を決め着工、先行して新園舎を2021年12月までの完成を目指す。続いて、22年3月までに既存園舎の移転を完了させ、同年4月のこども園開所を予定している。新園舎の設計は石森建築設計事務所が担当している。

同学園は、閖上地域で1955年から幼稚園を運営しており、東日本大震災で被災した後、再び閖上地域で運営する前提で2014年に美田園地域で幼稚園を再建。その際、仮設園舎で保育をしたくないという思いから美田園に現在の園舎を整備し保育を続けてきたが、このほど閖上地域の復興が進み、生活基盤が整ってきたことから閖上に帰還するため、新園舎と合わせ美田園にある園舎をそのまま移築する計画としたもの。

なお、美田園わかば幼稚園既存園舎の設計は石原健也氏(千葉工業大学)と石森建築設計事務所が共同で担当。施工はプライム下舘工務店で行った。

 

#記事カテゴリー