HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2020-07-02# 物件(石巻・気仙沼)

東北整備局社整審道路分科会東北小委/石巻河南道路のルート帯/現道拡幅・BP併用に決定

東北地方整備局は1日、社会資本整備審議会道路分科会第30回東北地方小委員会を開催し、国道108号石巻河南道路のルート帯を現道拡幅・バイパス併用案に決定した。石巻河南道路の計画段階評価は3回目。前回提案された全線バイパス化する二つの案と比べ、コスト、走行性・安全性、観光交流面などで評価が高かった。事業費は約170億円~220億円の見込み。

国道108号石巻河南道路は、石巻市蛇田の国道45号接続部から西進し、旧河南町の北村交差点に至る約11㌔㍍の区間。国道108号は47号と連続し東北地方の太平洋側と日本海側を結ぶ東西横断の幹線道路で物流網として重要だが、対象区間は断続的に幅員狭小で、通学路指定区間の9割では歩道が未設置であるなど危険な状況となっている。

今回決定した現道拡幅・バイパス併用案は延長約8㌔㍍。西側の河南地区北村交差点付近から県道河南石巻港インター線に接続する畳石交差点付近までの広渕地区約5㌔㍍をバイパス区間とし、さらに三陸沿岸道路石巻河南IC方向に蛇田地区約3㌔㍍を現道拡幅区間とする。バイパス区間は2車線、盛土構造。現道拡幅区間は現道の2車線から4車線化する。

全線バイパス化する2案が軟弱地盤の改良や移転補償費で300億円前後の事業費が見込まれるのと比べ、コストが60億円から90億円抑えられるほか、三次救急医療施設のへのアクセス性や防災拠点への輸送確実性の観点などが考慮された。

今後、バイパス区間の詳細なルート・構造の検討に当たっては学校、病院、公園や市街地方面へのアクセス性に配慮するほか、石巻市都市計画との整合性を図る考え。

 

#記事カテゴリー