HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2021-02-24# 物件(大河原)

仙台市/21年度のコミセン修繕事業/設計は第1四半期発注/原町コミセンは消防出張所と一体で実施

仙台市は、2021年度のコミュニティ・センター大規模修繕事業として3施設の設計と4施設の工事に着手する方針だ。発注時期は工事・設計ともに早ければ第1四半期を予定している。

21年度から設計に着手するのは宮城野区の原町コミュニティ・センターと、いずれも泉区の鶴が丘、住吉台コミュニティ・センターの3施設。このうちの原町コミュニティ・センターについては宮城野消防署原町出張所と一体となった施設で、全体の延床面積は1597・61平方㍍。市では、両施設の修繕を一体的に行う方針だ。3施設とも21年度で設計を進め、22年度以降の工事発注を目指す。

工事については青葉区の川平、川前コミュニティ・センターと若林区の蒲町コミュニティ・センター、泉区の虹の丘コミュニティ・センターの4施設で実施する。いずれも外壁や内装、防水などに関する修繕を計画しており、21年度中の工事完了を見込んでいる。

 

#記事カテゴリー