HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2021-07-07# 物件(大河原)

丸森町/町営住宅等の長寿命化計画策定/トータル・リアルティ・アドバイザーズに決定/19団地323戸が対象

丸森町は、町営住宅など19団地323戸を対象とする長寿命化計画策定業務を委託するため、6日に指名競争入札を行い、1落の325万円でトータル・リアルティ・アドバイザーズ(東京都港区)に決定した。

入札には同社のほか協和コンサルタンツ、復建技術コンサルタント、国際航業、エイト日本技術開発、昭和、東日本総合計画が参加した。予定価格は495万2000円だった。

業務内容は、背景・目的・計画期間の設定、公営住宅等の現状分析、長寿命化に関する基本方針・目標管理戸数の設定、長寿命化計画の対象と事業手法の選定、点検・計画修繕・改善・建替事業の実施方針、長寿命化のための事業実施予定一覧の作成、公営住宅等長寿命化計画の作成などを実施する。履行期間は2022年2月28日まで。

業務の目的は町営住宅や災害公営住宅のストック状況を明らかにし、修繕、改善、建て替え等による公営住宅の活用を定め、長期的な視点を持った維持管理計画の改定を行う。

町には大きく分けて3地区に町営住宅や災害公営住宅がある。内訳は中心市街地北部の舘矢間地区に9カ所計120戸の町営住宅、同中部の丸森地区に、丸森町復興住宅建設協議会が建設している災害公営住宅を含め10カ所計215戸、同南東部の金山地区で2カ所計12戸の町営住宅がある。

 

#記事カテゴリー