HOME

  • みやぎ建設新聞
  • ピックアップ記事
  • 県大河原振興/角田市・尾袋川東地区ほ場整備測量設計/大江設計に決まる/全体面積95・3ha対象に、2haの大区画ほ場整備

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2021-10-25# 物件(大河原)

県大河原振興/角田市・尾袋川東地区ほ場整備測量設計/大江設計に決まる/全体面積95・3ha対象に、2haの大区画ほ場整備

宮城県大河原地方振興事務所は、角田市尾袋川東地区の区画整理に係る測量設計業務の開札を7日に行った結果、1落の1856万3000円、総合評点93・34(価格点49・34+価格以外の評価点44)で大江設計に決めた。

入札には同社のほか、サトー技建、佐藤土木測量設計事務所、北水コンサルタントが参加した。予定価格は2335万3000円、調査基準価格は1856万2000円だった。

農業競争力強化基盤整備事業に認可された角田市江尻地内の尾袋川東地区では、本年度から2029年度を事業期間とし標準区画2㌶へ大区画化、揚水機場などの整備を行う。概算総事業費は24億5400万円を見込む。

業務内容は、測量業務で東西方向の経始測量2・2㌔㍍。全体面積95・3㌶を対象に、ほ場整備設計で区画設計および用水設計を行うほか、水利権獲得に向けた地区全体の必要用水量を算出する。

また、南西側の1工区A=19・9㌶について実施設計と、1工区内に整備する揚水機場の用水ポンプφ300㍉㍍×2台に関する諸元検討を実施する。履行期間は22年3月25日まで。

 

#記事カテゴリー