HOME

みやぎ建設新聞 ピックアップ記事

2021-07-02# その他

宮城県/7月発注見通しを公表/大崎拠点校は1月に設計公告/岩沼署改築設計は今月にも公告へ

宮城県は今月1日時点の発注見通しを公表した。件数は工事431件、業務291件。発注時期別には、工事が第2四半期354件、第3四半期63件、第4四半期14件を予定。業務は第2四半期246件、第3四半期37件、第4四半期8件を見込む。

営繕課が発注する設計業務を見ると、公募型プロポーザルによる「大崎地区東部ブロック職業教育拠点校新築設計」を来年1月、同じく「仙台家畜保健衛生所改築設計」は9月に公示する。一般競争入札を適用する「美術館リニューアル改修設計」は8月、同じく「岩沼警察署改築等設計」は今月にも公告予定としている。

大崎市に計画する職業教育拠点校は、鹿島台商業高校の敷地内に建設する。規模はRC造3階建ての校舎棟と実習棟2棟の合計で延べ約1万0500平方㍍。設計工期は約21カ月。来年度に設計作業を始め、24年度着工、27年度供用を目指す。事業費は約60億円。

仙台家畜保健衛生所の改築は、仙台市宮城野区安養寺の現在地で建て替える計画。事務棟・検査棟・解剖棟などRC造2階建て、延べ約1940平方㍍の規模。設計工期は約15カ月。

美術館のリニューアルは、仙台市青葉区川内にある既存施設の内部・外部・設備を改修する。設計工期は約17カ月。23年度着工、25年度のオープンを目指す。設計・建設費は約27億円を見込む。

岩沼警察署は岩沼市末広の現在地で建て替える計画で、規模はRC造5階建て、延べ約3900平方㍍。設計工期は約18カ月。整備費は約40億円を試算する。

工事の主なものでは、2月の福島県沖地震などを踏まえた災害復旧工事について、6月に災害査定を終えたことから漁港復興推進室が8件を盛り込んだ。エリア別には仙台振興管内3件、東部振興管内5件。いずれも8月の発注を見込む。このうち「女川漁港マイナス7・0㍍岸壁ほか災害復旧工事」は概算2億円の規模。

WTO対象の「仙台南部地区特別支援学校新築工事」は9月に公告予定。規模はRC造延べ約1万4300平方㍍で、概算金額は55億円。この事業の設備工事は、空調と電気の2件が11月、衛生は来年1月に発注予定。関連して寄宿舎の設備工事も来年1月に予定している。また、建築工事を開札済みの宮城第一高改築に係る設備工事は、校舎電気、屋体電気、校舎等空調、校舎等衛生の4件が8月、昇降機は9月に発注予定。

そのほか「高砂コンテナターミナルガントリークレーン3号機更新ほか工事」は概算16億円で9月、「塩釜港陸東防波堤改築その1工事」「同その2工事」はともに概算5億円で8月に発注予定。ともに道路課所管で概算3億円の「角田橋橋梁補修工事」は9月、「栗原IC道路改良工事その2」は12月に発注を見込む。河川課では、「渋井川水門ゲート工事」と「花山ダム堆積土砂撤去工事」がともに概算5億円で8月、「山吉田水門改築工事」は概算4億円で11月にそれぞれ予定。東部土木は「尾の崎橋旧橋撤去工事」を概算5億円で9月に発注を見込んでいる。

営繕課以外の業務を見ると、農地整備事業で、大河原振興が柴田町の「富上地区区画整理測量設計」、角田市の「尾袋川東地区区画整理測量設計」を予定。北部振興栗原が栗原市若柳の「上畑岡地区区画整理測量設計」を発注する。また各管内を対象に、農業用ため池の詳細調査を複数件予定している。

 

#記事カテゴリー