メニュー
メニュー
商品
商品
2020年10月27日(火) 発刊日

東北ジャーナル 2020年10月号

2020.09.30

表紙の写真

施設名:最上小国川流水型ダム
発注者:山形県
設計:クレアリア
施工:前田建設工業・飛島建設・大場組JV

 東北で初となる流水型ダム「最上小国川流水型ダム」の竣工式がことし8月に行われた。山形県最上町の最上小国川上流に位置する重力式のコンクリートダムで、規模は堤高41m、有効貯水容量210万㎥。最大の特徴は、全国で5例目となる洪水調節機能に特化した流水型の構造。平時は水を貯めず洪水時のみ貯水することで水の流量を調節する。川の流れを阻害しないため水質への影響が少なく、「環境に優しいダム」ともいわれる。最上小国川流域では、たびたび豪雨による洪水が発生し、特に、上流に位置する赤倉温泉では深刻な被害に見舞われてきたが、川沿いの温泉への影響から河川改修に制限があった。そのため同ダムの建設が進められ、事業開始から約30年の時を経て満を持しての完成となった。

グラビア

再建で新たに生まれ変わった東北唯一のサイクリング施設
名取市サイクルスポーツセンター

東北インフラツーリズム

月浜第一水門(石巻市)

TJインタビュー

・農業経営の底上げにつながる生産基盤の強化を推進
 東北農政局 内田 幸雄 局長

・インフラ整備に『ウイズコロナ』の視点を
 東北地方整備局企画部長 角湯 克典 氏

・復旧・復興の総仕上げを第一に
 東北地方整備局河川部長 國友 優 氏

・ミッシングリンクの早期解消へ
 東北地方整備局道路部長 小田原 雄一 氏

・行政と業界が連携し専門工事業の魅力発信へ
 建設産業専門団体、東北地区連合会 会長 岑 直樹 氏

特集

2020年度 下期発注の主要事業

TJ情報

2019年の水害被害額(暫定値)

現場訪問

鳴瀬桜華小学校新築工事(宮城県東松島市)

コンストラクションアイ

アイデンティティの歌(11)『ジュピター』『遥かな友に』
福島大学 共生システム理工学類 特任教授 赤井 仁志

東北の建設動向 資料編

・物件記事ダイジェスト
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年8月に掲載した主な物件記事を東北各県別に公共、民間の順に紹介。1カ月間における東北の建築、土木工事の最新動向がまとめて把握できる。

・設計コンサル委託状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年8月に掲載した土木・その他(受注金額1000万円以上)、建築(おおむね500㎡以上および受注金額1000万円以上)の設計コンサルの委託状況を東北各県別に土木、建築の順に紹介。

・工事契約状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年8月に掲載した工事契約を、東北各県別に土木(2500万円以上)、建築(2500万円以上)、機械設備(1000万円以上)、電気設備(1000万円以上)、その他(1000万円以上)の順に紹介。

・東北6県受注額ランキング
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年8月に掲載した工事契約を受注金額順に6県の上位ベスト200を抽出、各県別にベスト50を抽出して紹介。

・2021年1月の竣工予定
土木(6億円以上)、建築(2億円以上、民間はおおむね2000㎡以上)の順に、3カ月先に完成する工事案件を東北各県別に紹介。

・建築着工統計
2020年7月における東北各県の着工戸数を総計、建築主別、構造別、用途別、地域別・資金別、市郡別、利用関係別、種類別に紹介。

・仙台圏の業者別専用住宅確認状況
仙台圏における2020年6月の新築専用住宅を各区ごと、近隣市町ごとに建築確認状況を業者別の件数を一覧して紹介。

・仙台市中高層建築物等建築計画
仙台市内の中高層建築物等建築計画のお知らせ内容を抜粋して最新情報を紹介。

・開発許可状況
2020年8月における開発許可状況を東北各県別に申請者、申請地、面積、用途を紹介。

・新規許可業者一覧
2020年7月における建設業に基づく新規許可業者を東北各県別に紹介。

東北ジャーナルは定期購読されると便利です。