メニュー
メニュー
商品
商品
2021年04月16日(金) 発刊日

東北ジャーナル 2021年4月号

2021.03.31

表紙の写真

施設名:鵜住居駅前地区公共施設「うのすまい・トモス」
発注者:岩手県釜石市
設計:パシフィックコンサルタンツ、CAt
施工:小澤組・八幡建設JV

 岩手県釜石市の三陸鉄道鵜住居駅前には、「東日本大震災の記憶や教訓を将来に伝えるとともに、生きることの大切さや素晴らしさを感じられ、憩い親しめる場」として、複数の公共施設を一体的に配置したエリア「うのすまい・トモス」が広がる。犠牲者を追悼する「釜石祈りのパーク」、震災の教訓を伝え防災学習を推進する「いのちをつなぐ未来館」、地域の魅力を発信する観光交流拠点施設「鵜の郷交流館」などで構成され、施設名の「トモス」は、復興の明かりを「灯(とも)す」「共に」「友」を意味する言葉の響きと、鉄のまち・釜石の炉をイメージしている。周辺には、再建された鵜住居小学校・釜石東中学校や、2019年ラグビーワールドカップで使用された「釜石鵜住居復興スタジアム」などが整備されており、復興が進んだまち並みからは、震災からの月日の流れを感じる。

グラビア

仙台の新たな玄関口となる高規格オフィスビル
JR仙台イーストゲートビル

東北インフラツーリズム

重染寺頭首工(奥州市)

TJインタビュー

・CLTをきっかけに林業を地域産業の柱へ
 会津土建 取締役社長 菅家 洋一 氏

特集

2021年度当初予算に見る
東北6県・仙台市の主要建設事業

TJ情報

3月1日適用の公共工事設計労務単価
被災3県は0・6%増
13年度以降伸び率は最小に

コンストラクションアイ

続々・言葉に体温と体重を乗せる
福島大学 共生システム理工学類 特任教授 赤井 仁志

東北の建設動向 資料編

・物件記事ダイジェスト
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年2月に掲載した主な物件記事を東北各県別に公共、民間の順に紹介。1カ月間における東北の建築、土木工事の最新動向がまとめて把握できる。

・設計コンサル委託状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年2月に掲載した土木・その他(受注金額1000万円以上)、建築(おおむね500㎡以上および受注金額1000万円以上)の設計コンサルの委託状況を東北各県別に土木、建築の順に紹介。

・工事契約状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年2月に掲載した工事契約を、東北各県別に土木(2500万円以上)、建築(2500万円以上)、機械設備(1000万円以上)、電気設備(1000万円以上)、その他(1000万円以上)の順に紹介。

・東北6県受注額ランキング
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年2月に掲載した工事契約を受注金額順に6県の上位ベスト200を抽出、各県別にベスト50を抽出して紹介。

・2021年7月の竣工予定
土木(6億円以上)、建築(2億円以上、民間はおおむね2000㎡以上)の順に、3カ月先に完成する工事案件を東北各県別に紹介。

・建築着工統計
2021年1月における東北各県の着工戸数を総計、建築主別、構造別、用途別、地域別・資金別、市郡別、利用関係別、種類別に紹介。

・仙台圏の業者別専用住宅確認状況
仙台圏における2020年12月の新築専用住宅を各区ごと、近隣市町ごとに建築確認状況を業者別の件数を一覧して紹介。

・仙台市中高層建築物等建築計画
仙台市内の中高層建築物等建築計画のお知らせ内容を抜粋して最新情報を紹介。

・開発許可状況
2021年2月における開発許可状況を東北各県別に申請者、申請地、面積、用途を紹介。

・新規許可業者一覧
2021年1月における建設業に基づく新規許可業者を東北各県別に紹介。

東北ジャーナルは定期購読されると便利です。