メニュー
メニュー
商品
商品
2022年08月13日(土) 休刊日

東北ジャーナル 2021年12月号

2021.11.30

表紙の写真

施設名:鳴子総合支所等複合施設
発注者:宮城県大崎市
設計:鬼沢建築設計室・盛総合設計JV
施工:村田工務所・江村工務店JV(建築)

 宮城県内の市町村庁舎としては初のCLT建築物となる、大崎市の鳴子総合支所等複合施設がことし10月11日に開庁した。1954(昭和29)年に建築された総合支所庁舎(旧鳴子町役場)の老朽化が著しいことから、鳴子温泉地域の東鳴子地区に移転新築したもので、W造2階建て、延べ1845.2㎡の施設規模。総合支所と公民館を集約した複合施設として整備が進められた。建設に当たってはCLT(直交集成板)パネル工法を取り入れ、使用された木材のほとんどを地元産材で賄っている。現しの木材が見られる内装が温かみのある空間を創出する施設内には、鳴子温泉地域をPRする「鳴子こけし」や「鳴子漆器」などの伝統工芸品の展示コーナーを設けるなど、地域の魅力を発信している。

グラビア

「ひと」が主体となる新しいかたちの美術館
八戸市美術館

東北インフラツーリズム

青岩橋(青森県三戸町~岩手県二戸市)

TJインタビュー

・東北農業の健全な維持と発展へ各種施策を的確に推進
 東北農政局長 坂本 修 氏

・東北発展へ道路ネットワークの拡充を
 東北地方整備局副局長 三輪 準二 氏

特集

東北6県の社会教育施設等整備計画一覧

TJ情報

2021年度の建設投資見通し
東北は5・8%増の6兆3600億円

東北難読地名考

李埣(宮城県大崎市)

コンストラクションアイ

重ねて・言葉に体温と体重を乗せる
福島大学 共生システム理工学類 特任教授 赤井 仁志

東北の建設動向 資料編

・物件記事ダイジェスト
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年10月に掲載した主な物件記事を東北各県別に公共、民間の順に紹介。1カ月間における東北の建築、土木工事の最新動向がまとめて把握できる。

・設計コンサル委託状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年10月に掲載した土木・その他(受注金額1000万円以上)、建築(おおむね500㎡以上および受注金額1000万円以上)の設計コンサルの委託状況を東北各県別に土木、建築の順に紹介。

・工事契約状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年10月に掲載した工事契約を、東北各県別に土木(2500万円以上)、建築(2500万円以上)、機械設備(1000万円以上)、電気設備(1000万円以上)、その他(1000万円以上)の順に紹介。

・東北6県受注額ランキング
建設新聞に掲載した記事のうち、2021年10月に掲載した工事契約を受注金額順に6県の上位ベスト200を抽出、各県別にベスト50を抽出して紹介。

・2022年3月の竣工予定
土木(6億円以上)、建築(2億円以上、民間はおおむね2000㎡以上)の順に、3カ月先に完成する工事案件を東北各県別に紹介。

・建築着工統計
2021年9月における東北各県の着工戸数を総計、建築主別、構造別、用途別、地域別・資金別、市郡別、利用関係別、種類別に紹介。

・仙台圏の業者別専用住宅確認状況
仙台圏における2021年8月の新築専用住宅を各区ごと、近隣市町ごとに建築確認状況を業者別の件数を一覧して紹介。

・仙台市中高層建築物等建築計画
仙台市内の中高層建築物等建築計画のお知らせ内容を抜粋して最新情報を紹介。

・開発許可状況
2021年10月における開発許可状況を東北各県別に申請者、申請地、面積、用途を紹介。

・新規許可業者一覧
2021年9月における建設業に基づく新規許可業者を東北各県別に紹介。

東北ジャーナルは定期購読されると便利です。