メニュー
メニュー
商品
商品
2020年11月28日(土) 休刊日

東北ジャーナル 2020年7月号

2020.06.30

表紙の写真

施設名:いわき震災伝承みらい館
発注者:福島県いわき市
設計:本間建築設計事務所
施工:赤塚建設

 ことし5月30日にオープンした福島県いわき市の震災メモリアル拠点「いわき震災伝承みらい館」。震災経験を可視化し、震災の記憶や教訓を確実に後世へ伝承することを目的に建設された。淡い緑色の屋根と薄磯海岸を一望できる2階展望デッキを設けた外観が特徴的で、施設規模はS造2階建て、延べ545.59㎡。「記憶の記録化」と「記録の記憶化」の二つの機能を担うことを基本的な考えとして、①収集・保存②学習・継承③交流・連携④情報発信⑤追悼・鎮魂―の五つの事業を展開していく。施設内ではパネルやモニターで震災当時の状況や復興に向けた取り組みを伝える資料を展示するほか、VR機器による震災の体験や、震災を体験した語り部による定期講話も行っている。市は今後、被災各地の震災関連施設と連携した事業展開を予定している。

グラビア

シンボルの「つばさひさし」が温かみのある空間を創出
庄内町役場新庁舎

東北インフラツーリズム

開運橋(盛岡市)

TJインタビュー

・民間活力による持続可能な水道経営に期待
宮城県公営企業管理者 櫻井 雅之 氏

・復興の総仕上げとともにポスト復興の施策も検討
宮城県土木部長 佐藤 達也 氏

・危機感を共有した上で人材の育成・確保へ
岩手県建設業協会 会長 向井田 岳 氏

・建設事業を通じて東北の復興に貢献
NEXCO東日本東北支社建設事業部長 大築 正明 氏

特集

東北6県のスポーツ施設整備計画一覧

TJ情報

①東北6県の建設業許可業者数
0・4%増の3万5851業者

②2019年度 東北の新設住宅着工
前年度比11・0%減の5万1452戸

現場訪問

崎山トンネル工事(宮城県女川町)

コンストラクションアイ

また・マスクと下着
福島大学 共生システム理工学類 特任教授 赤井 仁志

東北の建設動向 資料編

・物件記事ダイジェスト
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年5月に掲載した主な物件記事を東北各県別に公共、民間の順に紹介。1カ月間における東北の建築、土木工事の最新動向がまとめて把握できる。

・設計コンサル委託状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年5月に掲載した土木・その他(受注金額1000万円以上)、建築(おおむね500㎡以上および受注金額1000万円以上)の設計コンサルの委託状況を東北各県別に土木、建築の順に紹介。

・工事契約状況
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年5月に掲載した工事契約を、東北各県別に土木(2500万円以上)、建築(2500万円以上)、機械設備(1000万円以上)、電気設備(1000万円以上)、その他(1000万円以上)の順に紹介。

・東北6県受注額ランキング
建設新聞に掲載した記事のうち、2020年5月に掲載した工事契約を受注金額順に6県の上位ベスト200を抽出、各県別にベスト50を抽出して紹介。

・2020年10月の竣工予定
土木(6億円以上)、建築(2億円以上、民間はおおむね2000㎡以上)の順に、3カ月先に完成する工事案件を東北各県別に紹介。

・建築着工統計
2020年4月における東北各県の着工戸数を総計、建築主別、構造別、用途別、地域別・資金別、市郡別、利用関係別、種類別に紹介。

・仙台圏の業者別専用住宅確認状況
仙台圏における2020年3月の新築専用住宅を各区ごと、近隣市町ごとに建築確認状況を業者別の件数を一覧して紹介。

・仙台市中高層建築物等建築計画
仙台市内の中高層建築物等建築計画のお知らせ内容を抜粋して最新情報を紹介。

・開発許可状況
2020年5月における開発許可状況を東北各県別に申請者、申請地、面積、用途を紹介。

・新規許可業者一覧
2020年4月における建設業に基づく新規許可業者を東北各県別に紹介。

東北ジャーナルは定期購読されると便利です。